仙 丈 ヶ 岳
甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳登山 その2
期日 2006年(平成18年) 8月25日(金)〜28日(月)
 

→「その1」甲斐駒ヶ岳


コース・タイム
 8月25日(金)
   宇都宮(6:30)⇒仙流荘(P)(12:30)    仙流荘(12:45)⇒北沢峠(13:40)
 8月26日(土)
    テン場(5:35) → 仙水小屋(6:05) → 仙水峠(6:40-50) → 駒津峰(8:20-25) → 駒ヶ岳(9:50-10:30) →
      → 駒津峰(11:30) → 双子山(12:35) → 北沢峠(14:05)

 8月27日(日)
    テン場(5:30) → 大滝頭(7:30) → 小仙丈ヶ岳(8:55-9:10) → 仙丈ヶ岳(10:20-30) → 千丈小屋(11:25-35) →
      → 馬の背ヒュッテ(12:15-20) → 北沢峠(14:30)

 8月28日(月)
    テン場(9:00) → 北沢峠(9:30) 
   北沢峠(10:00)⇒仙流荘(10:50)   (入浴)仙流荘(12:00)⇒宇都宮(17:00)


同行者
   キクさん

4 第3日 仙丈ヶ岳登山

 外が明るくなったのでテントを開けてみると,霧雨が降っている。もし雨が降り続くようならば,テントをたたんで下山するしかないと覚悟を決めた。
 朝食は,コンビニおむすび1個を卵スープで雑炊にして食べた。おむすびは,作られてから時間が経っていたのだが,臭いや味に変化はなく,念のために熱を加えることで大丈夫だと判断した。 とにかく,準備をして待機した。ガスは残ったが,
間もなく雨も止んだので,登山に出かけることにした。

 テント場から林道に出たところから,
直接に二合目に出る道ができており,これを登った。登り始めてすぐに「北岳展望台」と言う矢印があったが,今日はガスの中なので何も見えない。
 厚いガスに覆われた樹林帯は薄暗く,薄気味が悪い。ただ黙々と登り,
二合目でバス停から来る縦走路に出た。縦走路は道幅もかなりあり,しっかりと整備された良い道だ。
 登り始めて2時間で五合目の
大滝頭についた。 ここで,小仙丈ヶ岳方面と藪沢方面に分かれる。私たちは小千丈ヶ岳から廻ることにした。

 ここからは傾斜がきつくなる。見晴のない樹林帯を我慢して登ると,徐々に視界が得られるようになる。ガスも時々切れ間を見せるようになった。
 
大滝頭から1時間30分ほどで小仙丈ヶ岳に着いた。甲斐駒ヶ岳の頂上を隠していたガスが流れ,少しの間山頂が姿を現した。昨日の今頃は,山頂を目指して岩と格闘していた。






 
小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳へ向かう尾根道は,ハイマツ帯につけられた「天上の散歩道」だ。 見晴らしはいま一つはっきりしないが,快適な尾根歩きを提供してくれる。


 なかなか見えてこなかった山頂が見えると,そこにはたくさんの登山者が集まっていた。
山頂での記念撮影


 山頂で腰を下ろし,眺望が開けることを期待してじっくりと待った。しかし,北岳も鳳凰三山も甲斐駒ヶ岳も最後まで姿を現さなかった。諦めて11時5分下山を開始した。
 
イワギキョウ
 オオダイコンソウ



 タカネヒゴダイ 

チングルマ

 山頂から千丈小屋を目指して歩いていると,目の前にライチョウの雛(と言ってもかなり大きくなっていたが)が,3羽現れた。続いてもう1羽雛が現れて,その後から親鳥が現れた。親鳥は,勝手に動き回る雛たちに目を配りながら,低い声で鋭く「ガッ,ガッ」と鳴いていた。


 タカネミミナグサ    
 ホソバトリカブト

 千丈小屋付近は,一面のお花畑だった。今は,花の時期も過ぎ,チングルマの綿毛が風に揺れているだけだったが,ぜひ満開のときに来てみたいと思った。
 
馬の背ヒュッテの前を通り,少しくだって藪沢を渡った。藪沢ヒュッテは無人で閉鎖されていた。数人のグループと前後しながら降っていった。二合目で北沢峠のバス停へ向かう道と分かれ,直接にテン場へ向かう道を下った。この頃からガスが霧雨となり,テン場についたときには,かなり降ってきた。
 今日は日曜日,テン場では,小雨の降る中,テントを撤収しているグループがたくさんあった。私たちはもう1泊して,明日下山する。


5 第4日 下山,帰宅
 今日は,朝から良い天気だ。3日間の中で最も良い天気だ。ゆっくりと起きだし外に出てみるとテントの数はずっと少なくなっていた。
 朝食を食べたが,片付け始めるにはまだ早すぎるので,「
北岳展望台」に行ってみることにした。この3日間,北岳の姿を見ることができなかったので,是非見たいと思った。
 北岳展望台からは,朝日に輝く北岳を見ることができた。


 北沢峠発7:20のバスは,8月31日まで毎日運行すると「南アルプスネット」には載っていたのだが,実際には毎日運行は8月21日で終了していた。しかたなく,10:00発のバスに乗った。
 バスの運転手の名ガイドに,
仙流荘までの50分が短く感じられた。
 スーパー林道は,仙流荘と北沢峠間標高差が1200mあり,山肌を削って道が作られている。かなりしっかりした道だが,路肩が崩れかかっている所などもあり,かなりスリルを味わうことができる。




 仙流荘で入浴し,汗を流した。軽く昼食をとり,あとはきくさんの運転に身を任せ,帰途に就いた。

 きくさんとは,テントを担ぎ,5月に雲取山7月に尾瀬に行っている。お互いに体力や歩く速さなどもよく分かっているので,一番安心できるパートナーだ。今回は,往復の車の運転も任せてしまい,ほんとうに御世話になった。

 
甲斐駒ヶ岳も,仙丈ヶ岳も,それぞれ素晴らしい山だ。
 甲斐駒ヶ岳は,岩場歩きが好きな私にとってはとても楽しい山だったし,山頂付近の巨大な岩の重なりは他に類を見ない素晴らしいものだ。
 仙丈ヶ岳の,小千丈ヶ岳から山頂に向かう尾根歩きは,とても楽しく歩くことができた。見晴らしは利かなかったが,この山には,甲斐駒ヶ岳のダイナミックさとは異なった繊細な美しさがあった。
 この二つの山は,北沢峠を基地にすれば,1回の山行で両方登れるから,
二つで1セットのように考えていたが,それは,この二つの山に対し,あまりにも失礼なことなのだった。
「その1」 甲斐駒ヶ

ページトップへ