尾  瀬 テント泊

期日 2006年(平成18年) 9月30日(土)〜10月1日(日)
 


コース・タイム
 9月30日(土)
   宇都宮(4:50) ⇒ 戸倉駐車場(車1台デポ)(6:45) ⇒ 大清水(7:00)
    大清水(7:15) → 一ノ瀬(8:10-15) → 三平峠(9:50-10:00) → 長蔵小屋(10:40-11:15) → 沼尻(12:05-10) → 見晴し(13:55)
 10月1日(日)
   見晴し(8:45) → 山の鼻(11:00-30) → 鳩待峠(12:35) 
  鳩待峠(13:00) ⇒ 戸倉駐車場(13:20) ⇒ 大清水駐車場(13:45) ⇒ 寄居山温泉センター(14:00-15:00) ⇒ 宇都宮(17:30)

同行者
   キクさん,チコ

 今年4度目の尾瀬だ。もともとは,1週間後の10月8日,9日で実行するはずだったのだが,紅葉が最盛期を迎えると混雑もまた最盛期となる。往復の交通も含めて気を揉んでいたところ,9月30日の天気が良くなるという予報が出た。同行するきくさんと相談して,実行を1週間早めることにした。
 ところが,実行日が近づくにつれて天気予報が悪くなってきた。土曜日はなんとか保ちそうだが,日曜日には雨が降る予報に変わってきた。せめて初日だけでも降らなければいいということで,30日,1日で実行することにした。
 
車2台で行き,1台を戸倉に置いておき,大清水から尾瀬沼,尾瀬ヶ原を通って鳩待峠に抜ける計画だ。車を2台使えばこんな縦走も可能になる。

 戸倉の
並木駐車場は7割方埋まっていたが,大清水の駐車場は,まだ第1駐車場が空いており停めることができた。鳩待ち口の混雑に比べて大清水の静けさは対照的だ。
  まず,一ノ瀬に向かって林道を歩く。今日のザックは約22kg。さほどハードなコースではないので,このくらいは何とかなる。



 三平峠までジャスト標準タイムで歩くことができた。今回のコース最大の登りも,さほど苦にならなかった。
 三平峠から少し進むと草紅葉に染まった大江湿原が見えてくる。


 三平下までくるとたくさんのハイカーが休んでいた。でも,予想したよりは少ない。
 長蔵小屋手前の木道の脇に,鮮やかな紫の葉に,黄色と赤の実をつけた植物があった。帰ってから図鑑で調べたら,オオマルバノホロシ(大丸葉の保呂之)と言う植物であることが分かった。


 早稲沢湿原から,尾瀬沼を挟んで対岸の燧ヶ岳を望む。




 長蔵小屋のベンチから大江湿原を望む。





 長蔵小屋からは,燧ヶ岳が手が届きそうな近くに見える。




 浅海湿原からは燧ヶ岳の頂上が見える。
  白砂湿原の池塘には,周囲の緑が写っている。もうじきこの緑が黄や赤に変わる。


 沼尻から見晴らしまでは,
白砂乗越まで少し登ると,あとは,沼尻川に沿って緩やかに降っていく。

 この時期に最も鮮やかなのは
ウルシヌルデ
 沼尻川に沿って降っていくこの道は,趣があって好きな道だ。でも,逆に見晴らしから沼尻に向かって歩くと,意外ときついコースだ。

 午後2時少し前に見晴に着いた。前回テントを張った場所が気に入っていたのだが,そこには大きな機械が置いてあり,テントを張ることはできなかった。倒壊している炊事場の工事がいよいよ始まるのか?

 北沢峠のときと同じようにきくさんのテントと向かい合わせに張った。こうすると,テントの中にいながら,顔を見て話ができる。
 私は今回初めて
フライシートを使った。このテントは,フライシート無しでも前室がある作りなので,普段はフライシートを持ち歩かない。今回は防寒の意味で持ってきた。フライシートが増えただけで,設営と撤収の手間がかなり増えた。きくさんは手際が良い。
テントを設営してから,尾瀬ヶ原の散策に出た。


 オヤマリンドウ     
      トリカブト

 ダケカンバの葉が黄葉するのも,もうすぐだ。背後は燧ヶ岳


 草紅葉の時期とダケカンバナナカマドなどの紅葉する時期は1〜2週間ずれる。

 ウメバチソウ
 尾瀬ヶ原が見渡せる,弥四郎小屋のベンチに移動して夕食。
 まずは缶ビールで乾杯。ほんとうは生ビールが飲みたかったのだが,この日はやっていなかった。

 夕日が至仏山の右の背中アブリ山に沈むと,尾瀬ヶ原一帯が幻想的な光に包まれる。カメラのシャッターを幾度も押したが,満足には写っていなかった。
 足元が暗くなってきたので夕食を終え,テントに戻った。
 夜中にテントから起き出してみると,
満天の星空で,冬の星座のスバルが輝いていた。まだそれほど冷え込んではいなかったが,これから明け方にかけて冷えてくるのだろうと思って寝袋に入った。しかし,思った以上には冷えなかった。

 外が明るくなったので外を見ると,霧が辺りを包んでいた。5時を過ぎたので,昨日夕食を食べた弥四郎小屋の前のベンチに移動し,朝食にした。
 
尾瀬ヶ原を覆っていた霧がだんだんと動いていき,少しずつ見通しが良くなっていく。この微妙な瞬間を,肌で感じられるのは,はやりテント泊の醍醐味だ。
 霧の向こうに
景鶴山のこぶが浮かんで見える。
 空には,天気が下り坂であることを示す高積雲が。


 テントを片づけて出発したのは8時45分。
  燧ヶ岳も頂はガスの中だ。この日はついに顔を出さなかった。


 イワショウブ
           ズミ


 オゼタイゲキ
     オゼタイゲキ

 池塘とヒツジグサ
  カメラマンの隊列。他にも,高価なカメラを抱えた中高年のグループが何組もあり,目立った。



 賑わいも尾瀬の顔(牛首三叉路
 ハイカーの残飯を目当てのネズミ。慣れていて逃げない。町の中では憎たらしいネズミも可愛く見えるから不思議だ。


 今でも「歩荷」は重要な役目を持っている。今日は何人もの歩荷とすれ違った。

  山の鼻の
至仏山荘で,昼食としてカレーライスを食べた。結構,ボリュームがあり満腹になった。

 空は曇りがちで,
至仏山の山頂も見えたり見えなかったりだ。

 ここから
鳩待峠まで最後の登りだ。前回はかなり苦しかったので,覚悟してスタートした。
  痛んだ木道は,順次新しいものに取り替えられている。ここは東京電力が行っていた。




 今日は気温も高くなかったため,さほどの苦労もなく1時間強で峠に着いた。
 峠にはバスも停まっており,多くのハイカーで賑わっていた。私たちのように,これから帰路に就くものと,これから入山するもの両者が入り乱れている。
さっそく,ここの名物「ハナマメジェラート」を賞味。


 鳩待峠で,TVの撮影に出会った。伊吹吾郎,小林綾子,あおい輝彦。これから出かけるところらしい。
 
えっ!!,TVカメラがこっちを向いている




 今回の尾瀬は,考えようによっては贅沢な山行だった。テントを担ぐのは楽ではないが,自然と一体になれる自由な時間がふんだんにあるテント泊は,何より心が安らぎ,心身ともにリラックスできる。
 今回も
きくさんが同行してくれた。信頼できるし経験もあり,なんと言っても心強い。きくさんは50歳を過ぎて山歩きを始めたが,いまでは私より遙かに多くの山に登っているし,いろいろな経験も積んでいる。
 きくさんとは,いろいろなところで一緒にテントを張ったが,チコとのテント泊は
昨年8月の赤岳鉱泉以来だ。足の痛みは完治してはいないが,先週の会津駒ヶ岳に続いて2週連続の山行でも,今回は膝の痛みは出なかった。様子を見ながら,無理をせずに付き合っていくしかないと思っている。
 私の方は,先週の会津駒ヶ岳でもそうだったが,足のつま先が痛い程度で,膝や腰の痛みは全くない。不思議なくらい調子が良い。これも,体重が落ちた影響なのかも知れない。なんとか,この体重を維持し,
できればあと1kg落としたい

ページトップへ