浅 間 山 (中退)

期日 2006年(平成18年) 10月8日(土)
 


コース・タイム
 宇都宮(2:00) ⇒ 浅間山荘(4:30)
   浅間山荘(6:00) → 不動滝(6:50) → 火山館(7:55-8:15) → 引返点(8:45) → 火山館(9:00-10:00) → 浅間山荘(11:30)
 浅間山荘 ⇒ 高崎 ⇒ 宇都宮

同行者
   キクさん,チコ

 10月7,8,9日の3連休,初日は休日出勤で,山に行けるのは8日または9日のみとなった。近づいていた台風も遠ざかり,8日は良い天気になるはずだった。・・・・・・・・・しかし。
 長丁場なので,スタートを早くしたいことと,
浅間山荘には駐車スペースが少ないという情報から,夜明け前に山荘に着くため,宇都宮の自宅を午前2時に出発した。順調に行って,浅間山荘には4時30分に着いた。待ち合わせていたキクさんも5分後について,車の中で夜明けを待った。
 依然として
風は強く,時折車が揺すられるほどの強風が吹く。しかし,空には中秋の満月を3日過ぎた月が煌々と照っていた。ここには浅間山荘専用駐車場(500円)が約30台,そのほかに無料駐車場が約30台分ほどあり,さほどムキにならなくてもよかったのかもしれない。ここには水洗トイレもあり,快適だ。夜が明ける頃には続々と車が入ってきた。
 明るくなるのを待って車の中で朝食を取り,準備を進めた。
熊よけのために,2組に先行してもらい,その後に出発した。
 登山口には,「入山される皆様へ」と題する看板があり,自然保護への強力を呼びかけていた。


 少し行くと「火山情報」の掲示板がある。この看板では,まだ,「4キロメートル以内立ち入り禁止」となっている。

 道ばたにトリカブトが咲いていたが,半分以上は種子になっていた。



 一の鳥居で,直登コースと滝コースに分かれる。私たちは滝コースに入った。
 不動滝は水量もあり,かなり見応えのある滝だ。少し登ると,上流の大日滝も見えてくる。 滝を見ながら急登すると二の鳥居で,ここで直登コースと合流する。



 樹林帯なので,直接に強風は当たってこないが,「ゴーッ」という爆音のような音が,尋常でない上空の風の様子を伝えていた。
 足元にきれいな花が咲いていた。
ナギナタコウジュだ。
         オニアザミはもう「オニ」の迫力はない


 高度が上がってくると,牙山(キッパヤマ)の,鋭く尖った岩峰が見えてくるが,背景の山はガスの中だ。


                   岩壁の紅葉は見事だが,曇り空なので,色にいまひとつ迫力がない。


 カラマツは,まだ緑のままで,カラマツの紅葉を見られるのはもう少し先になる。


 石碑には「浅間山開闢祖○○霊神」と書かれている。
 「
あさま」は火山を意味する古語で,「あさま神社」は全国にある。九州の「あそ」も同じ語源だ。「あさま」を代表するのは富士山であり,富士山信仰は「浅間神社(せんげんじんじゃ)」信仰となり,これも全国にある。


 黒斑岳方向の岩峰にはガスが掛かっている。このガスは,徐々に高度を下げ,間もなく中腹まで覆ってしまった。



 紅葉は,まず,ウルシやヌルデの朱色から始まる。



 火山館は,平成11年に立て替えられたきれいな建物だ。管理人がいて,ストーブが焚かれ,水や湯も分けてもらえる。

 戸外の温度は3.5℃だった。

 火山館付近は風当たりは弱く,風が治まったのかと錯覚しそうだった。


 火山館に表示されていた火山活動情報

 この表示が
最新で,最も信頼できる。
 火山ガスに対する対処の仕方も書かれている。

 マツムシソウが咲いていた。
 湯の平のカラマツは紅葉が始まっていた。さらさらと音を立てて散るのはもうすぐだ。

 周囲の灌木の樹高が低くなると,強風がまともに吹き付けてくる。ガスの中に水滴が混じるようになった。

 もうこれ以上進むことは,危険でもあり,ここで引き返すことにした。
 私たちは,もともとピークハントにはこだわらない性分で,「また今度天気の良いときに来よう」と,あっさり退却を決定した。
 山を下りてくる私たちとすれ違って登っていくグループがたくさんあり心配したが,火山館まで降って休んでいると,その殆どが引き返してきた。吹き付ける水滴の中に氷の粒が混じっていたと言う人もいた。


 浅間山荘まで戻り,温泉に入って温まり,帰途に就いた。

ページトップへ