三  岳

期日 2007年(平成19年) 2月17日(土)
 


コース・タイム
  宇都宮(4:30)⇒日光湯元P(5:40)
   湯元P(6:35) → 旧道入口(7:30) → 小尾根(A)(8:40) → コル(B)(10:05) → 山頂(10:45-11:20) →
                                     → 尾根(A)(12:10) → 林道(13:05) → 湯元P(13:50)
  湯元(入浴) ⇒ 宇都宮

同行者
   岳岳さん,クリちゃん,赤トロさん

 奥日光に「三岳(みつだけ)」という山がある。かつて,この山の噴火によって湯川がせき止められ,湯の湖ができた。光徳と,湯元の間にある山で,戦場ヶ原から見ると頂が三つあるように見えるから,三岳という。三つ見える頂の左端が三角点のある主峰1944.8mである。

 
三岳は,東西を光徳と湯元,南北を逆川と切込刈込湖で囲まれた中にあり,かつてはその中を,東西に横切って光徳と湯元を結ぶ山道があった。その道を境に,南三岳と北三岳に分けられる。
 現在,この山には登山道はない。特に無雪期は藪が深く,この山に登る人は殆どいない。藪が雪に埋まる積雪期には,ルートさえ間違わなければ,登ることができる。

 
2月17日,この山に,山仲間と登ってきた。今年は雪が少なく,好天に恵まれ,経験豊富な山仲間のサポートのおかげもあって無事に登ることができた。
 しかし,この山には,軽々には立ち入らない方が良い。山頂は展望が殆ど無く,途中も,樹間のコースで展望は良くない。そのため,木々の間から僅かに見える他のピークを確認して現在位置を同定しなければならない。地形図に載っていない小さな凹凸もあり,磁性を帯びた溶岩のため,磁針も狂うところがあるという。

 湯元駐車場 6:00 集合でメンバーと合流した。パーティーは「岳岳さん」「赤トロさん」「クリちゃん」と私の4人。私を除いた3人は,いずれも雪山経験豊富な頼りがいのあるベテランだ。全員スノーシューとアイゼンを持参し,ハーネス,エイト環,カラビナ,シュリンゲも個人装備として全員が準備した。その他グループ装備として,ロープ8mm×30m2本,GPS,無線機(アマチュア無線),スコップも,手分けして持った。今年の奥日光は雪が少なく,必要が無いと思うものもあったが,最悪の場合を想定して,装備を調えた。
 最初の計画では,光徳から入り,ピークハントのあと湯元に抜ける計画だったが,積雪の状態などを判断し,湯元からのピストンに変更した
  湯元のホテルの建物の奥に,今日の目標の三岳三角点峰が見える。



 気温は氷点下12℃。湯ノ湖の表面から湯気が立っていた。

 振り返ると,前白根連山に朝日が当たり,輝いている。中央奥の一際明るい山が,五色山


 閉鎖中の金精道路入口から,旧林道へ入る。この林道は,湯元からのスノーシューハイキングコースの一部になっているため,トレースは多く,つぼ足で歩いても潜ることはなかった。
 林道を40分ほど歩くと,かつて光徳と湯元を結んでいた旧道の入り口に着く。
地図の「旧道入口」の位置は,自信がない。もう少し北だったかも知れない。
古い杭に,赤い矢印と,その下に「入口」の文字,その上に,青い文字で「光徳」と書かれているのが,かろうじて判読できる。


 ここまではつぼ足で来られたが,いよいよここからが本格的な山道だ。各自スノーシューを履いて,準備を整える。

 林道脇の小さな沢を越えると,緩やかな登りになる。樹木の密集した場所を少し進むと,樹木がまばらになり,明るくなる。
 図のから,尾根の筋に沿って登っていく。光徳へ抜ける夏道は,右の谷の方へ下っていっているようだが,敢えて点のコルへは行かず,直接にの尾根を目指すことにした。


 高度が上がってくると,前白根の稜線から奥白根のドームが姿を現した。

 林道から1時間10分ほどで,小尾根にたどり着いた。急斜面をトラバース気味に登ることで,かなり高度を稼ぐことができた。
 小尾根は,男体山の方向に緩やかに下っている。



 一般的には,のコルから,を通ってのコルへ行き,三角点峰へは,北側から回り込むコースを取ることが多い。しかし,既にかなり登ってきているので,ここから主峰の南を巻ながら高度を上げ,主峰東側のコル(B)を目指すことにした。
 この登りが,
今回の核心部だった。傾斜もかなりあり,雪も深く,まさに雪との格闘だった。先頭でルートファインディングをしながらラッセルをしてくれた3人に感謝しながら,私は開いてくれたルートを歩かせてもらった。Bのコルまで1時間半ほどかかったが,さすがに写真を撮る余裕はなかった。このため,この間の写真は1枚もない。
 
のコルで一休みし,いよいよ山頂に向かった。初めは,右側にトラバース気味に登っていき,途中で左に折れ,一気に山頂を目指した。雪の状態と,傾斜を見ながら,樹の間を選び,慎重にルートをとっていく。樹も密になり,傾斜もきつい,倒木も多く,最後のガンバリだ。


 最後の100mほどを残して先頭を任された。山頂を最初に踏ませようという温かい心遣いだった
 山頂は小さな広場で,山頂を示す標識が大きな樹に取り付けられていた。三角点標石は,雪の下なのか,見当たらなかった。


 ここで速い昼食にした。風はなく,暖かかった。なんと,ここは携帯電話が繋がった。
山頂に35分ほど居て,下山にかかった。


 山頂から尾根を北西に少し進んでから,一気に斜面を,「尻セード」で下った。 最初はスピードの調節に自信が無く,びくびくだったが,だんだんと慣れて,スピードコントロールもうまくいくようになった。こんな楽しいものはない。

 下山路でただ一カ所の登り,小尾根への小さな登りを楽しむ。
 私は,この手前で,岩の隙間に落ちた。胸まで潜り,自力では脱出できず,引き上げてもらった。


 動物の足跡があった。これはノウサギ

 小尾根の上。この斜面も尻セードで下った。


 樹間に男体山が見える。


 ここで,登ったときに付けたトレースに合流 左上に登って行く足跡が,登りに付けた足跡。


 このコースの所々に「赤テープ」のマーキングがある。概ねコースを示しているようだが,頼りすぎるのは危険。自分の責任でルートファインディングしなければならない。

 斜面の傾斜も緩くなり,スノーシューを付けようとザックを降ろしたところ,ザックの後ろに取り付けておいた2本のストックが1本しかない。1本が,取り付けていたテープと一緒にもぎり取られていた。尻セードの途中で何かに引っかかり,もぎ取られたのだ。どこでとれたか分からないし,急な斜面を戻って探すことも無理なので,諦めるしか仕方ない。
 林道まで戻ってホッと一休み。


 山行の余韻をかみしめながら,林道を下った。湯元駐車場には14時前に着いた。

 この山行は,私が行きたいと言ったことを,メンバーが実現してくれたもので,メンバーの温かい心遣いに感謝したい。
 好天と,メンバーのサポートに支えられて,登頂を果たすことができた。そして,奥日光の素晴らしさを,また一つ発見することができた。

ページトップへ