飛騨高山・新穂高 観光

期日 2007年(平成19年) 3月13日(火)〜14日(水)
 

      新穂高ロープウエイ西穂高口展望台から,西穂高岳を望む

 
 冬の西穂高は,ずっと以前からねらっていた。天候さえ荒れなければ,真冬でも西穂山荘までは行くことができる。入山者も多いため,降雪直後でなければ,ラッセルしないで行くことができる。
 時期は,雪が締まってくる
3月中旬を目標に,天気図とにらめっこしながら,実行日を探した。理想的には,大陸からの移動性低気圧に覆われるときなのだが,なかなか理想的な条件にはならない。3月はじめに,高気圧が1つ通り抜け,その後を追った低気圧が11日ころにに通り抜けることが分かった。そこで,12日,13日で実行することに決めて準備を進めた。
 初日に宇都宮を発って
新穂高まで車で行き,ロープウエイで西穂高口まで登る。そこから雪の中を西穂山荘まで歩き,そこに一泊。翌日は,丸山まで登って景色を堪能し,下山すると言う計画だ。あわよくば独標までという甘い考えもあり,補助ロープもザックの中に忍ばせた。
 ところが,低気圧が予想以上に発達し,天気の回復が遅くなった。そこで,実行日を1日遅らせ,
13日,14日に変更した。13日には多少の影響は残るが,天気は回復するはずだった。
 
飛騨高山の天気予報は,13日は曇り時々雪,14日は,曇り時々晴。一方松本の天気予報は両日とも晴時々曇り。山の天気は平地の天気とは違うことは十分分かっているが,何とか回復するのではないかという,希望的な予測で,13日午前4時半,宇都宮の自宅を出発した。
 
伊勢崎インターから北関東道に入り,上信越道を更埴JCTに向かった。関東平野では晴れていた天気も,長野県に入ると,徐々に雪が吹きかけてくるようになり,更埴JCTからは本格的な雪となった。しかし,麻績ICを過ぎると再び青空となり,予報通りに松本は晴れだった。
 松本からR158安房峠に向かう。沢渡を過ぎると路面も真っ白となり,空もどんよりと曇ってきた。安房峠のトンネルを抜け,十字路を新穂高に向け直進する。ここからは下り坂になる。路面は凍結と圧雪状態で,登りより下りの方が危険だ。速度を30km以下にして慎重に走る。後続車が追いついてきたら,すぐに道を譲り,先に行ってもらう。それにしても,地元の車は信じられないくらいのスピードで走っていく。ふっかけていた雪も,だんだんと多くなり,新穂高に着いたときには,かなりの勢いで降っていた。
 新穂高ロープウエイは,駐車場が冬期間無料開放されている。駐車場の入り口まで行ったが,除雪されていたはずの駐車場には,新しく20cmほどの雪が積もっており,駐車している車は1台もない。昨日は強風のために止まっていたロープウエイも,今日は動いていたが,横殴りの雪が,かなり強く吹き付けている。
 「
今日はダメだなー
 ロープウエイで,
西穂高口まで行くことはできるが,そこから西穂山荘まで行くことは難しいだろう。樹間なので,風はさほど問題にならないだろうが,新雪がかなり積もっていることが予想される。昨日はロープウエイが運休しており,入山者はいない。今日も,駐車場の状態から先行者はいないだろう。ということは,トレースは期待できないから,ラッセルを覚悟しなければならない。
 わたしたち2人では,
ラッセルしながら西穂山荘まで行くことはかなり厳しい。残念ながら諦めることにした。
 実は,こうなることも予想はしていた。もし,上に行けなかったら,
飛騨高山を観光しようと思い,宿もリストアップしてきていた。駐車場の脇に車を停め,まず,山岳会に山行中止のメールを送った。そのあとで,リストアップしていたうちの一軒に電話し,今夜の宿泊を予約した。
 
飛騨高山は,私は2度ほど来ているが,妻は初めてだ。私も,「雪の高山」は初めてで,どんな景色が見られるか楽しみだ。
 高山の観光ポイントといえば,白川郷で有名な合掌造りを,白川郷まで行かなくても見ることができる「
飛騨の里」。合掌造りなどの古民家を移築して展示している。次ぎに,古い町並みを保存している「上三之町」。高山の町民文化の一端を見ることができる。春と秋に行われる高山祭には全国から観光客が集まるが,中でも,彫刻屋台は絢爛豪華で,祭の見せ場のひとつだ。その屋台を常設展示している「屋台会館」もぜひ行ってみたいところだ。と言うことで,宿は屋台会館の近くに取った。

 まず,
R471平湯まで戻り,R158高山に向かった。新穂高から平湯までの道は上り坂で,雪道は下り坂より上り坂の方が走りやすい。平湯の交差点を平湯峠に向かった。路面は真っ白だが,よく除雪されており,路肩には2mほどの雪の壁ができている。平湯トンネルの中にある,この峠の最高点を過ぎると,高山目指して一気に下っていく。高山が近づいた頃,やっと路面の雪が消えた。しかし,雪は依然として降っている。

 
高山の町中を通り過ぎ,更にR158を1.5kmほど西進すると「飛騨の里」の標識がある。そこを左折して少し行くと立派な駐車場に出る。ここに車を置いて,歩いて見学することになる。
 前回,
1984年に来たときは,建設途中だったが,園内の建物も増え,立派な施設になっていた。
 今年は高山も
雪が少なく,やっと雪景色が見られたと,地元の人も言っていたが,おかげで,雪をかぶった合掌造の姿を見ることができた。

 ここには合掌造りだけでなく,古民家も移築されており,建物の内部も見学できる。

 見学の後,駐車場の前の食堂で蕎麦を食べた。
 値段だけは一流だが,味は三流,はっきり言って美味しくなかった。駅の立ち食い蕎麦の方がずっと美味しい。
 雪は小降りになってきた。



 来た道を少し戻り,宿を目指した。車を宿の駐車場に入れ,歩いて,街に出た。

 まず,「
屋台会館」へ向かった。大鳥居をくぐり,桜山八幡宮へ向かって歩くと,左手に立派な「屋台会館」がある。後から来たグル−プと一緒に説明を聞いた。

 
高山には春と秋に桜山八幡宮の大祭があり,そこで奉納する屋台が11台ある。普段は,各町内にある「屋台蔵」に保管している屋台を,交代でここに展示しているという。これだけの大がかりな屋台を各町内が管理するのはかなり大変なことだ。経費もかかることだろう。

 屋台会館を出て,宮川に沿って南下し,上三之町へ入った。
 古い町並みが保存されているが,決して無理して「保存」しているのではなく,
大切に使い続けているのだという温かさが感じられた。
 雪は小降りになったが,まだ少し降っている。休日でもないのに,かなりの人が出ている。やはり,高山随一の観光スポットだ。
 ぶらりぶらりと突き当たりまで行き,二之町筋を戻ってきた。


いつのまにか雪も止み,青空が出てきた。もしかしたら,明日は良い天気になるかも知れない。
 宿は「
壽美吉」(すみよし)という純日本風の宿で,宿帳には横文字の名前が並んでいた。外国人にとって日本情緒を味わうにはもってこいの宿なのだろう。風呂が温泉でないのが残念だったが,ゆっくり風呂に入ってからビールを飲み,コタツで横になってTVを見ていた。窓の下には宮川が流れ,対岸には朝市が立つのが見えるという。もっとも,冬場は数軒しか店を出さないらしいが。


 翌日は,ゆっくりと宿を出て,帰路に就いた。平湯峠まで行ってみて,天気が良さそうならば,新穂高へ行き,ロープウエイで西穂高口まで行ってみることにした。もしだめならば,そのまま安房峠を越えて高山に下る。
 平湯峠に近づくに従い,路面が凍結してきた。スタッドレスタイヤでも,駆動輪が空転するようになったので,チェーンをつけた

 タクシーが猛スピードで追い抜いていく
。それにしても,地元の車は信じられない速さで走っている。よほど,滑らない自信があるのだろう。
 R158からR741に入り,熊牧場の少し先までチェーンを付けてのろのろと走った。その先の路面には雪はなかった。
 
新穂高のロープウエイ駐車場も,すっかり雪は消え,10台ほどの車が停まっていた。

 第2ロープウエイから見下ろすと,鍋平の駐車場が見えたが,閉鎖されており,真っ白な雪面が広がっていた。


 やはり,ここまで来て良かった。
稜線からは雪煙がた立ち,また時々雲が覆う。風が強いのか,稜線はみるみる様相を変える。
 いつまで見ていても飽きることはなかったが,とにかく寒い。気温は
氷点下11℃で,風もかなりある。
 
西穂山荘から戻ってきたパーティーがいた。スノーシューを履き,全身雪まみれだった。様子を聞いたところ,やはり,深い新雪に苦労させられたという。そのパーティーは,昨日吹雪が収まるのを待って,正午頃に登りはじめのだが,トレースは無かったという。今日も,強風のため独標まではいけなかったと話していた。
  槍の穂先には雪が付いていないのか,黒っぽく見える。

 中央の突起がジャンダルム すばらしい景色に別れを告げ,下りのロープウエイに乗った。

 第2ロープウエイのしらかば平駅の「レストランアルプス」で「熊肉ラーメン」を食べた。これは,新穂高ロープウエイのHPでも紹介されており,一度食べてみたかった。
 味は? ・・・ まあこんなものでしょう。 熊肉は固かった。
 

 腹ごしらえもできたので,帰路に就くことにした。R741からR158に入り,松本ICまで順調に走ってこられた。松本に近づくと,左後方に,雪を被ったピラミダルな山が見えた。常念岳だ。

 高速道に入り,
梓川SAで車を停め,山を眺めた。常念岳,横通岳,その後ろに東天井岳,大天井岳も見える。少し右に,燕岳から餓鬼岳への稜線も見える





 この旅行のフィナーレに,素晴らしい景色をプレゼントしてくれた「山の神様」に感謝して家路を急いだ。

 それにしても,高速道路網は便利だ。朝に飛騨高山を発ち,途中で遊んで,夕方には宇都宮に帰り着くことができる。



 車の走行距離は,片道400km。そのうち高速道が230km,残り170kmのうち40kmは凍結道路。危険は感じなかったが,神経が疲れた。

 もう,この冬の雪山は終わりかな・・・・・?

ページトップへ