閉じる
庚 申 山 (コウシンソウ)

2007年(平成19年) 6月16日(土)


コース・タイム
 宇都宮(4:20) ⇒ 銀山平P(5:20)
  銀山平P(5:30) → 一の鳥居(6:15-20) → 山頂(8:30) → お山めぐりコース → 一の鳥居(11:30) → 銀山平P(12:15)
 銀山平P ⇒ 宇都宮

同行者
 単独

 昨年は,コウシンソウ を見るため6月10日に庚申山に登ったが,まだ蕾の状態で開花していなかった。 今年は,1週間遅らせて6月16日に庚申山に登った。
 銀山平の駐車場 は,午前5時30分には,ほぼ満車状態だった。数日前の新聞に「 コウシンソウが開花した」と,写真入りで載ったのが影響しているのだろうか。
 コウシンソウは,国の 植物レッドデータブック 絶滅危惧II類に指定されている, ムシトリスミレの仲間の植物で,庚申山 を初めとし,日光地区の数カ所 でしか生育が確認されていない希少植物だ。大切に保護しなければならない。

 コウシンソウは,開花した直後で,最もきれいな時期だった。











 岩壁の上部に生育している個体は,まだ蕾の状態だった。生育環境の違いで,多少の差が出ている


 いちばんたくさん咲き,きれいだったのは,ユキワリコザクラ だった


 お山巡りコースの下部ではシロヤシオ が満開だった。


 一の鳥居から庚申山荘までの登山道脇には,ヤマクワガタ がたくさん咲いていた。


 新聞記事に刺激されたのか,コウシンソウを見に登ってくる人は多かったが,「行けば見られる」と思っている人が多く, お山巡りコースですれ違う人に,「コウシンソウはどれですか?」と何度も声をかけられた。
 コウシンソウは,珍しい植物で,庚申山でも 生育している場所は限られ, 普通に登山道を歩いているだけでは見られない。保護の意味もあり, 案内表示などは一切無い。 咲いている姿を見たいなら,しかるべき人に道案内を頼む必要がある。

 落石事故
 私が駐車場まで戻ったとき,パトカーと消防署の赤い車がゲートを開けて上っていった。 何事かあったのかと思っていたが,翌朝の新聞に事故の詳細が載っていた。
 11時20分ごろ,山頂方向とお山巡りコースの分岐手前の登山道で,落石事故 が発生し,2人が重症を負った。直径約50cmの石が落下し,登山中だった男性の背中に当たった後, すぐ後ろを歩いていた女性の腰付近に当たった。男性は肋骨骨折など,女性も腰の骨を折るなどした。 近くにいた別の登山者がアマチュア無線で救助を要請。これを傍受した上三川町の男性が110番し,県の防災ヘリが出動し救助した。
 私もその事故の3時間ほど前 に同じ場所を通っており,運が悪ければ自分が事故に遭遇していたかもしれなかった。 落石に遭わないために個人が出来る最大の防御は, 危険な場所に近づかないことだが,登山ともなるとそうも言っていられない。
 庚申山 は岩峰がそそり立ち,傾斜も急で落石の起こりやす山だ。「遊歩道」ではなく「登山道」なのだから, その危険を覚悟した上で行くしかない。

 ページトップへ