甲 武 信 ヶ 岳

期日 2007年(平成19年) 9月23日(日)〜24日(月)
 


コース・タイム

 9月23日(日)
 宇都宮(4:30) ⇒ 毛木平P(8:40)
  毛木平(8:55) → ナメ滝(11:10-15) →
   → 水源地碑(12:15-40) → 甲武信岳(13:35-45) →
   → 甲武信小屋(14:15)

 9月24日(月)
  甲武信小屋(6:40) → 三宝山(7:50-8:00) →
   → 大山(10:10-25) → 十文字峠(11:05-50) →
   → 八丁の頭(12:10) → 毛木平(13:10)
  駐車場(13:30)⇒灯明の湯⇒宇都宮(18:40)


同行者
  キクさん
 この連休(9月22日〜24日)何処かに行こうと,きくさんに声をかけた。きくさんは22日は仕事なので,23日〜24日で甲武信岳というプランを立ててくれた。天気予報は,1週間前までは良い予報だったのだが,近づくに従って悪くなってきた。雨という予報ではないので,とにかく出かけることにした。

 9月23日(日)
 宇都宮を4時30分に出発したときは小雨。登山口に向かう途中では,雨が降ったり止んだり。一時は,ワイパーが効かないほどのどしゃ降りだったが,海ノ口でR141と分かれ川上に向かうと路面が乾いている。何とかなりそうだ。
 
毛木平の駐車場にはかなりの車が停まっていたが,満車になるほどではなかった。中型のバスが1台停まっていたが,バスはここまで入れないはず。この駐車場にはトイレや飲み物の自動販売機もあった。携帯電話は繋がらない。
 毛木平駐車場




 駐車場から少し歩くと,
十文字峠へ行く道を左に分ける。



 地図には,「かもしか新道」として,東沢に沿って十文字峠に行く道が載っているが,この道は今は使われていないようだ。
 かもしか新道の分岐にはロープが張ってあり通行止めになっていた。



 カラマツ林の中をゆっくりと登っていく。 まだ葉は落ちていない。落葉の劇的瞬間を見たいものだ。

 西沢ナメ滝は,ハイキング地図やガイドブックでは標高1800m付近にあるように書かれているが,「ナメ滝」という表示が付いているこの滝は,標高1900m付近にあった。ちなみに,2万5千分の1地形図では,滝の記号はどこにもない。

 ここまではずっと左岸を歩いてきたが,ここで初めて右岸に渡る。
 登山道が崩れており,左側を巻いて通過した。

 再び左岸に戻り沢に沿って登っていく。

 間もなく,「千曲川信濃川水源地標」のあるポイントに着く。ここで湧き出ている水が,千曲川の水源だ。


 水源地標から急斜面を一登りで稜線に着いた。左に行くと甲武信岳山頂で,右に行くと国師ヶ岳・大弛峠を経て金峰山に繋がっている。何時かは歩いて見たい稜線だ。

 最後の岩場を登ると甲武信岳山頂だ。山頂はガスに包まれ,見晴らしはない。ガスが晴れる気配もなく,霧の粒が大きくなってきたので,山頂を後にした。

 甲武信小屋到着は14時15分。のんびりゆっくりした楽しい登りだった登りだった。



 甲武信小屋の隣は,十文字小屋雁坂小屋だ。

 
薪ストーブを囲んで,山の話・沢の話に花が咲いた。今がそう言う時期なのか,意外と「沢や」さんが多かった。



 今日は1人1枚の布団で,ゆっくりと寝られた。


 この時期にここに来る人は,皆それなりに「山」が好きな人らしく,マナーも良く,快適な小屋生活だった。
 トイレも
バイオトイレに改造(5250万円かかったという)され,清潔で快適だった。
 ここで
素敵なご夫婦に会った。名前はお聞きしなかったが,爽やかな奥さんと,優しそうな御主人で,いろいろな話をさせていただいた。何処かの山で再会できるのを楽しみに別れた。

 夕食はカレーライス。残飯を出さないように,自分の食べられる量を言って,ご飯を盛ってもらう。ワンカップの空き瓶に一升瓶から注いでもらった秩父の地酒が美味しくて,こちらは何杯もお代わりをしてしまった。
 食事の後,小屋主の
徳さんが撮影した山の花のDVDを見せてもらった。今回の山行では花は見られなかったが,次回は,花の咲いている時期に来たいと思った。
 
夕刻から降り出した雨は,だんだんと強くなり,夜半には大きな音を立てて降っていた。あすは,カッパを着て歩かなければならないかと,覚悟を決めた。

 9月24日(月)(秋分の日)
 明るくなる頃には,雨は止んだ。外に出てみるとガスはかかっておらずカッパを着ないで済みそうだ。今日は下るだけで,先を急ぐ行程ではない。ゆっくりと朝食を食べ,ゆっくりと小屋を後にした。
 甲武信岳の山頂はパスし,小屋から巻き道を通って三宝山へ向かった。
 三宝山の山頂直前に
「三宝岩」という展望スポットがある。

 山に登ると,本能的に富士山を探す。甲武信岳の頂上右に,雲海の上に顔を出した富士山がどっしりと構えている。

 金峰山は,頂上付近が雲に覆われている。


 遠くに見えるのは,甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳だ。
 三宝山には三等三角点がある。ちなみに,甲武信岳には三角点はない。


 甲武信岳の稜線は,森が美しい自然に倒れた木が朽ち,その栄養をもらって若い木が育つ。「倒木更新」という。もうじき朽ちる運命にある自分をそこに重ね,命とは何かを,チョットだけ考える。



 尻岩という。大きな岩だがなんとなく可愛い。
 武信白岩山の山頂は岩塔になっている。かつては頂まで登れたのだが,現在は,崩壊が進んで危険なため,立ち入り禁止になっている。


 大山の山頂は見晴らしの良い場所なのだが,一面のガスで何も見えない。

 大山の北面はクサリ場になっている。岩もクサリも濡れて滑りやすくなっており,慎重に下った。


 十文字小屋は小さな山小屋だ。女性の御主人は「関東百名山」を目標に登っており,栃木の方にも良く来るという。
 緑のネットは鹿よけのため。



  十文字小屋から駐車場までは1時間30分程度のコースだ。

  
この橋「狭霧橋(さぎりばし)」という。この橋を渡るともうじき終点だ。


 駐車場の車は少なくなっていた。


 甲武信岳とその周辺は石楠花が有名で,その花の時期には大混雑すると聞いている。石楠花は見てみたいが,混雑は避けたい。今回の山行は,華やかなものはなかったが,奥秩父の山の静寂を全身で感じることができて,大満足だった。
 奥秩父の山は,魅力的な山がたくさんあり,登ってみたいとは思うのだが,登山口までのアクセスを考えると,つい後回しになってしまう。早朝に歩き出せば日帰りも可能なのだが,そのためには前夜に駐車場まで入らなければならない。小屋泊まりにすれば楽なのだが大げさになってしまう。
 

ページトップへ