唐 松 岳 - 五 龍 岳

期日 2007年(平成19年) 10月4日(木)〜6日(土)
 


コース・タイム
 10月4日(木)
   宇都宮(4:00) ⇒ 八方第3P(8:40) → 八方駅(9:10)
    八方駅(9:20) ⇒ (ゴンドラアダム ⇒ アルペンリフト ⇒ グラートクワッドリフト) ⇒ 八方池山荘駅(9:40)
      八方池山荘(9:50) → 八方池(10:50-11:20) → 丸山ケルン(12:40-13:05) → 唐松岳頂上山荘(13:50)
      唐松岳頂上山荘(14:00) → 唐松岳(14:20-50) → 唐松岳頂上山荘(15:05)
 10月5日(金)
   唐松岳頂上山荘(10:00) → 大黒岳(11:30) → 五竜山荘(13:05-14:05) → 五龍岳(14:50-15:05) → 五竜山荘(16:00)
 10月6日(土)
   五竜山荘(6:16) → 五龍岳(7:10-35) → 五竜山荘(8:35)
   五竜山荘(9:00) → 西遠見の池(11:10) → 小遠見山(13:20) → アルプス平(14:45)
   アルプス平駅(14:55) ⇒ (白馬五龍テレキャビン) ⇒ とおみ駅(15:05)
   とおみ駅(15:40) ⇒ (タクシー) ⇒ 八方第3P(15:55)
  八方P(16:00) ⇒ 道の駅「美麻」(入浴 16:20-17:00) ⇒ 宇都宮(21:30)

同行者
  キクさん,Tさん,チコ

 今年の秋のメインはどこにしようかと,いろいろ考えたのだが,やはり「五龍岳」にすることにした。「やはり」と言うのには理由がある。以前から何度か計画されていたのだが,どういう訳か,五龍岳には今まで行くことができていない。一昨年,鹿島槍から五龍岳を目指したが,悪天候で中断。昨年は白馬から五龍を目指したが,体調不良で断念した。五龍岳は,どうしてもやらなければならない山として私の心の中に住み付いていた。
 今回は
テント泊は止めにして,小屋泊とすることにした。ところが,この時期の週末の山小屋は殺人的な混雑である。畳1畳に3人〜4人という混雑は覚悟しなければならない。そこで,休暇を取って平日に出かけることにした。同行者は,私たち夫婦と,きくさん,T子さんの4人である。

 10月4日(木)
 きくさんの運転する車で,午前4時に宇都宮を出発。途中の佐久平SAで朝食を摂り,長野ICから白馬に向かった。登山者用の八方第三駐車場に車を入れた。

 平日と言うことで,駐車場は閑散としている。


 ゴンドラリフトの駅に向かう道の正面に,これから向かう八方尾根が見えるが,上部には雲が懸かっている。


 リフトから,白馬鑓ヶ岳の真っ白な頂が見えた。

   ゴンドラリフトを降りて,4人掛のアルペンリフトに。


 3本のリフトを乗り継いで八方池山荘前から登山道が始まる。

      八方池山荘の玄関にある登山届け提出ポストに登山届けを投函し,スタート。


 第二ケルンは「息ケルン」と書かれたプレートがはめられている。

            「逗子開成高校ケルン」は第三ケルン

 ガスが晴れたときに,八方池が見られた。

                                                      丸山ケルン ここまで来れば山荘はもうじきだ。


 上の樺

     山腹の紅葉

 今日のコース唯一の危険箇所


  2000年に完成した,
唐松岳頂上山荘新南館   荷物を預けて山頂に向かった。
                           コマクサが1輪だけ咲き残っていた

  ライチョウが姿を現した。

                     山頂記念

 山頂から北方を望む。 眼下に不帰ノ三峰,後方の雲の中に天狗岳から白馬三山

 五竜山荘が白岳と五龍の鞍部に見えた。

                三角点標柱


 ガスが切れて唐松岳頂上山荘が見えた。 ガスの切れ間を期待して,しばらくの間頂上に留まったが,諦めて山荘に戻った。

 山荘に戻ると,御主人が,「雨が降ってくる前にやらなければならないことがあるので,中に入って待っていてください。」と言って,外で作業を始めた。
 受付もまだなので,部屋に行くこともできず,食堂で雑誌などを見ながら待ったが,なかなか戻ってこない。 石油ストーブはあるのだが,火が点いておらず,寒い。
 用事があって戻った山荘の女性に頼み,棚にあったカップのお酒を出してもらい,飲み始めた。外は霧から雨に変わった。今夜の宿泊客は
私たち4人を含めて7人。嵐の前の静けさだ。6日土曜日には大混雑になる。
 
雨は朝まで降り続いた。


 10月5日(金)
 雨は,朝になっても止まなかった。風も強い。出発を遅らせ,様子を見ることにした。
 9時頃,大きな荷物を持った若者の団体が到着した。聞いてみると,
東京農業大学の山岳部とそのOBで,今朝五竜山荘のテント場を出てきて,これから天狗山荘のテント場に向かうという。天狗山荘は9月いっぱいで営業を終わっているというが,テント場は使えるのだろう。彼らはしばらく休んでから出発していった。
 雨も小降りになってきたので,五竜山荘の到着時刻も勘案して,
10時を目途に出発することにした。
 カッパを着ての出発だったが,もう雨は殆ど落ちていなかった。
 最初の難場は牛首のトラバースだ。

 岩場の始まりには,「ストックは片づけて両手を空けて慎重に!!」と書かれたカードが下げてあった。


 クサリは濡れていて滑りやすい。できるだけクサリに頼らず,岩角をつかんで慎重に通過した。


 ガスっているときにはライチョウに出会うことが多いが,案の定,ライチョウの出迎えを受けた。
 身体は随分大きくなっているが,
この春孵ったひな鳥だ。目の上の赤い鶏冠がまだ小さい。

 降る心配は無くなったので,カッパを脱いだ。

 牛首白岳の中間にある小ピークが大黒岳だ。

 
大黒岳の手前の鞍部で小休止。時折ガスが晴れて真っ青な空が覗くようになった。



 やっと五龍岳の勇姿を見ることができた。まだ,ガスを通しての姿だが,この日は,これ以上によく見えることはなかった。

                                                     白岳をトラバース気味に登っていく。

 右端の尾根に出ると,眼下に
五竜山荘が見える。
 白岳の頂上は,縦走路から分かれ,遠見尾根の方に少し行ったところにある。
 五竜山荘は赤い屋根が特徴的だ。 五竜山荘に到着後,昼食にうどんを食べ,荷物を置いて山頂に向かった。五竜山荘の昼食メニューは,うどんと牛丼のみだった。

    山頂まで登ったが,依然としてガスに覆われ,見晴らしはなかった。


 チングルマとオオダイコンソウの紅葉がきれいだ。

      イワカガミの紅葉は独特な色だ。


 山荘の夕食は5時。 食事の前から熱燗が飲めたのは嬉しかった。食事が終わってからも,食堂で同宿者としばし歓談。今夜の五竜山荘の宿泊客は食事付きが14人,他に自炊客が15人ほどだった。
 6畳ほどの部屋に4人で,ゆったりと休むことができた。ここも,明日は殺人的な混雑が予定されている。そのために応援のスタッフが明日登ってくるのだという。



 夜,外に出てみると,大町の街灯りがとてもきれいだった。



 10月6日(土)
 午前2時頃に窓の外を眺めると,ガスはすっかり晴れ,満天の星を頂いた薄明の空に,五龍岳のどっしりとした姿が浮かび上がっていた。
 
朝食は5時。食事を終えて,服をいっぱい着込み,日の出を見るために山荘の前に出た。 日の出の時刻は5時40分という。寒さを我慢してその瞬間を待った。
 
5時44分,太陽が顔を出した。




 みんなで並んで日の出を眺めた。厳かな一瞬を,それぞれの思いで迎えた。


 五龍岳頂上直下の岩場が朝日を受けて輝いた。

 今日は天気が良いので,もう一度山頂に登ってから下山することにした。強風と言うほどの風ではなかったが,ほほに当たる風は冷たく,肌を切るように痛い。
 高度が上がってくると,北西方向に平野が見え,その向こうに
海岸線がはっきりと見えた。日本海である。


 2003年の剱岳でも,同じ年の唐松岳でも,今年7月の白馬岳でも,天気が良ければ見えるはずだった日本海を,見ることはできなかった。初めて,山の上から日本海を見ることができた。

 白馬三山と,その手前に唐松岳唐松岳山荘が見えてきた。

 頂上へはこの岩場を登る。正面左の大きな岩を,左側から回り込んで登る。これから八峰キレットを越えるという4人パーティーが先行している。

 山頂は,正に360度の大パノラマだ。上空には薄雲が広がり,陽射しはない。風があり寒い。 剱岳をバックに記念撮影


   北東方向には妙高山


 槍ヶ岳と穂高連峰

    北アルプス南部

 北アルプス北部

   立山連峰

 剱岳連峰

     剱岳


 北アルプスの全容


 八ヶ岳と富士山

   南アルプス


 鹿島槍ヶ岳に続く八峰キレット 4人パーティーが,縦走路を下っていく。私たちも何時の日かここを歩きたい。

     五竜山荘からここまでのルートがよく見える。

 少し目を上げれば,遠くの唐松岳頂上山荘から,手前の五竜山荘まで,昨日歩いたコースがはっきりと確認できる。

     五竜山荘が近づいてきた。


 山荘に戻り,身支度を調えて,下山を開始した。

 リンドウはとても濃い色をしている。霜のためなのか,先端が枯れているものが多い


 白岳から少し下り,五龍岳を振り返る。


 これから下る紅葉の遠見尾根 アップダウンを繰り返しながら下がっていく。道のりは長い。

 尾根の上部にはクサリ場もある。

  ザレた斜面に角材を置き,階段を作っている。崩れやすいところだから補修には大変な苦労があるのだろう。

シラタマノキの実は,指で潰すとメントールの香りがする。昨日見たライチョウは,この実をさかんに啄んでいた。この白い実はガク片が肥厚したもの。種子はこの中にある。


 遠見尾根上部は,見晴らしの良い明るい尾根だ

 「五龍」の名前は「御菱」に由来すると言う。「御菱」とは武田信玄の家紋「武田菱」のことで,山頂直下の岩場にその形を見ることができる。


 ダケカンバの間を楽しく下る。

   西遠見の池には龍岳が写っている。

 ゴゼンタチバナの赤い実
 ツルリンドウの実は赤紫だ



   高度が下がってくると,八方尾根の向こうに白馬三山が見えてくる。


 ここから,稜線にある3軒の山小屋が全て見ることができた。
 まず,最も遠い
白馬山荘

  唐松岳頂上山荘

 五竜山荘

 地蔵の頭からロープウエイのアルプス平駅までの遊歩道が歩きにくかった。コンクリート板を敷き詰めてあるのだが,疲れた足にはショックが大きく,痛みも出てきた。

 アルプス平駅からゴンドラリフトでとおみ駅についた。
 とおみ駅の隣のエスカルプラザで遅い昼食を食べた。
 昼食後,タクシーで
八方の駐車場に戻った。料金は2200円
 八方の駐車場からは,再びきくさんの運転する車で帰途に就いた。


 五龍岳は本当に素晴らしい山だった。歩いてみて,登ってみて,眺めてみて,全てに気品と格式がある誇り高い山だと感じた。良い山行だった。

ページトップへ