立 山 室 堂

期日 2008年(平成20年) 4月12日(土)-14日(月)

 
コース・タイム
4月12日(土)
  宇都宮(3:20) ⇒ 太田桐生IC(4:30) ⇒ 麻績IC(6:20) ⇒ 扇沢駐車場(7:25)
   扇沢(8:30)⇒(トロリーバス)⇒黒部湖(9:30)⇒(ケーブルカー)⇒黒部平(9:50)⇒(ロープウエイ)⇒ 大観望(10:20)⇒(トロリーバス)室堂(10:35)
   室堂ターミナル発(10:45)→昼食(11:20-)→雷鳥荘着(12:30)
   雷鳥荘発(13:30)→雷鳥平(13:45)→新室堂乗越(14:50)→雷鳥沢ヒュッテ(15:35)→雷鳥荘(16:25)
4月13日(日)
   雷鳥荘発(9:00) → ターミナル(10:00) → 一ノ越手前(昼食)(10:30-11:00) →  室堂山荘(12:30) → 雷鳥荘(13:15) 4月14日(月)
   雷鳥荘発(8:20) → ターミナル着(9:15) 室堂発(9:40)⇒ 大観望発(10:10)⇒  黒部平発(10:30)⇒ 黒部湖発(11:00)⇒ 扇沢着(11:15)
   扇沢発(11:45)⇒大町温泉(12:00-13:00)⇒麻績IC(13:40)⇒太田桐生IC(15:40)⇒宇都宮(17:00)

同行者
    BAKUさん,かしら,キレンジャクさん,みどりちゃん,ドラ吉さん,ポチさん,キクさん,チコ

 日本山岳ガイド協会の公認ガイドである「BAKU」さんから, 「立山・剣岳,自然ふれあい集会」へのお誘いがあった。
 この集会は,社団法人日本山岳ガイド協会 が環境省の許可を受けて実施するもので,積雪期の立山・室堂地域 の利用について,自然環境保全,安全管理対策の視点で調査,研究するために, 一般開放前の立山室堂地区で行うものだ。
 実施期間中は,一般者の立ち入り及び利用の制限されている地域を利用することとなるため, 公認ガイドが同行することや,環境保全のために必ず 携帯トイレを携行することなどが義務づけられている。
 環境保全には以前から興味もあり,何よりも,一般開放前の室堂地区に入れることが魅力で,参加することにした。

4月12日(土)
 パーティーは,BAKUさんをリーダーに,全部で9人。 扇沢駐車場に8時30分集合と言うことなので, 宇都宮の自宅を3時20分に出発した。太田桐生IC から北関東道に入り,関越道,上信越道,長野道と乗り継いで麻績IC から生坂,八坂を通って大町へ,そして扇沢駐車場 に着いたのは7時25分。BAKUさん達の車はまだ来ていなかった。
 駐車場には5mほどの雪の壁 ができていたが,路面は完全に除雪されていた。
 まもなく全員が揃い,ターミナルに移動してメンバーの紹介と, BAKUさんのあいさつがあって,山行がスタートした。


 トロリーバスも貸切状態

 黒部ダムでは,160段の階段を登り, 展望台に行った。


 この9人が今回のメンバー。
 右から,前列,ポチさん,キレンジャクさん,みどりちゃん 後列,ドラ吉さん,チコ,かしら,キクさん,BAKUさん,私   なぜだか,私だけザックを背負っている。


 外階段が積雪のために通れないため,同じ階段を下ってダムサイトに出た。 分かっていれば,荷物をデポして行ったのに,とんだトレーニングになってしまった。

 トンネルの出口にあった温度計は+1℃ を示していた。風が弱いので,寒くは感じない。



 ダムサイトから上流方向を見ると,正面に赤牛岳 が見える。湖面はまだ真っ白に凍結していた。水位は下がっている。

 ダムサイトを歩いて黒部湖駅に向かう。
 地下の駅で,地下のケーブルカーに乗る。




 黒部平でケーブルカーを降りた。 展望台 に出てみると,徐々に霧が晴れていき,見上げる首が痛くなるほどの高さに, 立山の頂が姿を現した。

 反対方向を見ると,針ノ木岳,スバリ岳 が聳えている
 立山ロープウエイは,途中に支柱のないロープウエイで,一気に高度を稼ぐ。

 霧は徐々に晴れ,室堂 に着いてターミナルの屋上に出たときには日が照っていた。 ターミナル前の駐車場では,除雪が進み舗装面が顔を出していた。



 見晴らしの良いところに出てみると,立山から真砂岳,別山,剣御前に繋がる稜線 が,衝立のようにそびえ立って見えた。
(写真をクリックすると大きな写真が見られます。)


 スノーシュー を履いて,いよいよ雪の上を歩き出した。私は,はしゃぎたくなる気持ちを必死にこらえて,ゆっくりと前の人に続いた。

  なだらかな丘を越えると,目の下に「みくりが池温泉 」が見えてくる。まだ,建物の半分は雪に埋まっており,大きな除雪車で必死に掘り出しているところだった。


 みくりが池温泉の裏手の丘の上で昼食にした。
 ここまでくると,剱岳の頂上が 剣御前の稜線から顔を出してくる。山頂が丸く見えたので, 前剱と思っていたのだが,帰宅してから「 カシミール」で調べたところ,間違いなく 剱岳の頂上だった。早月尾根 も,一部が見えている。
 

 昼食を食べてから,3日間お世話になる「雷鳥荘」 に向かった。
 少し進むと,これもまた,眼下に屋根近くまで雪に埋まった雷鳥荘 が見えてきた。南側だけは3階の窓が雪の上に出るように除雪してあった。

 出入り口は3階廊下の端にある窓 を利用していた。

 雷鳥荘にチェックインし,不要な荷物を置いて,再び出発した。目標は「 新室堂乗越」だ。


 天気は良く,上空に薄い雲はあるのだが,強烈な紫外線が降り注いでくる。
サングラスは絶対にはずせない。 上空を見ると, 太陽が暈を被っている

 雷鳥荘から急な斜面を下って, 称名川を越える。 まだ完全に雪に覆われているが,この雪の下では雪解け水が流れているはずだ。

 雪面にトレースは全くない。好きなところを自由に歩けるのは気持ちが良いが,あまり自由に歩くこともできない。 なぜならば,これからここを訪れる人が,私たちの足跡を辿って来るからだ。 私たちの歩いた足跡が,残雪期のルートになるのだ。
 徐々に傾斜も急になってきたので,小休止。ここに荷物をデポして目的地の「 新室堂乗越」向かった。あまりにも良い天気で,登りは暑い。 半袖シャツになったが,風がないので寒くはなかった。


 みんなは,左の尾根を詰めて乗越へ向かった。私はリーダーの許可を得て,一人で 右の斜面を詰めて登り始めた。こちらの方が傾斜が緩いと判断したのだ。


 真横か見ると斜面の傾斜がよく分かる。



 新室堂乗越 は緩やかな尾根だ。もう少し右に尾根を進めば剱岳方向の見晴らしは良くなるのだが, 時間も経っており,今日はここで下ることにした。

   奥大日岳に繋がる稜線が,たっぷりと雪を被って続いている。


 乗越からの下りは「尻セード 」。傾斜が急で,かなり怖かったが。楽しみながら下れた。下りは速い。  称名川を渡り,対岸の斜面を登ったところで振り返ると,私たちの歩いてきた足跡がしっかりと見える。

 「雷鳥沢ヒュッテ」 の脇を通り,ハイマツが顔を出した尾根を登っていくと,先頭を歩いていた「かしら」がハイマツの中に ライチョウを発見した。

 しばし撮影タイムとし,めずらしい姿をカメラに収めた。


 私も,ライチョウは幾度か見ているが, 真っ白なライチョウを見たのは初めてだった。

 夕食前に,自然保護についての学習会 があった。ガイド協会で自然保護を担当している講師 から,ライチョウの保護についての話があった。


 ライチョウの生息数は全国で約3000羽,そのうち富山県に1500羽,室堂地区に300羽が棲息しているという。 この地区は,全国で最もライチョウの密度が高い場所なのだ。
 夕食の前に私が持って行ったワインで乾杯した。
 夕食はとても美味しかった。カメラを持って行ったのだが,食べること(飲むこと?)に夢中で,写真を取り忘れてしまった。


4月13日(日)
 雪は降っていないが,雲(ガス)は昨日より厚い 。日が昇っても,太陽の姿は見えない。予報通り,天気は下り坂だ。
出入り口の「3階の廊下の窓」
 いよいよ2日目の行動開始。予定では,一の越 から室堂山 に行く計画だが,昨日の雪の状態から判断すると,簡単ではないことが分かる。
 とりあえず,ターミナルまで行って,そこで決めることにした。

 立山は昨日と変わりなく聳えているが,背景の青空は今日は無い。



 ターミナルから室堂山 を眺めたが,もちろんトレースはなく,傾斜もかなりあることが分かった。 尾根には雪庇の張り出しもあり,スノーシューで登るのは難しいと判断した。
 そこで,先行者も多い一の越へ向かう ことにした。
 しかし,一の越 へのルートも斜面のトラバース多く,簡単ではなかった。進んでいくうちに傾斜がきつくなり, スノーシューだけでは危険 になってきた。天気も悪化し,雪がちらついてきたため,前進をあきらめ,そこで昼食にした。  一の越の手前の緩斜面に腰を下ろし,湯を沸かしてラーメンを食べたり,それぞれ,大自然を独り占めして満喫した。

 30分ほど居て,下山を開始した。

 往路を戻ることは止め,谷底を目指して下った 。途中でブルドーザー道に降り,室堂山荘を目指した。


 室堂山荘の前に, 除雪用の大型ブルドーザーが置かれていた。最近の機種は GPS を持っており,雪の下に隠れている道路を確実に捕らえて除雪することができる。 アルペンルートの除雪など,これで随分と楽になったという。
 室堂山荘の脇を通り, 雷鳥荘を目指して歩く。



 徐々に天気が悪くなり,吹雪いてきた。「 ホワイトアウト 」と言うほどではないが,近くの建物もときどき見えなくなる。雪が頬に当たって痛い。

 午後1時過ぎには雷鳥荘 に帰着した。天気が回復すれば,近くにライチョウ観察にでも出かけることになっていたのだが, 吹雪はますます激しくなり,外には出られなかった。

 まず,温泉に入って冷えた身体を温めた。2階の展望浴室で,なにげなく外を見ると,ニワトリ程もある 大きなライチョウが窓の外を歩いている。
ライチョウ はゆっくりと男湯の前を通って女湯の方に歩いていった。これを見た「かしら」,「 あのライチョウはオスだ」。
 そう言えば,「今年は雪が多く,窓の外から女湯が覗けてしまう 」と山荘の人が言っていた。

 外に出られないとなると,部屋の中ですることは決まっている。 大宴会とおしゃべり会 がスタートした。BAKUさんの巧妙な進行で,それぞれとっておきの話を聞くことができた。
 今日は夕食の写真を撮った。満足できる味と量だ。
 食材の運搬などは,雪があるうちは,ブルドーザーで荷運びができるが, 雪が解けてしまったら,人力によるボッカに頼ることになるという。
 さっきまで飲んでいたのに,またたくさん飲んでしまった。


4月14日(月)
 吹雪は一晩中続き,朝までに,新雪が20cmほど積もった。  昨日は飲み過ぎたようだったが,朝食 は美味しく,お代わりをしてしっかりと食べた。



 食後にコーヒーをサービスしてくれた。
 美女に囲まれ,楽しいコーヒータイムのBAKUさん。



 いよいよ最終日のスタートだ。風は弱まったが, 雪は依然として降り続いている



 まず,ターミナル を目指して歩き出したが,昨日の足跡は注意深く見ないと分からないくらいに新雪が覆っている。
 BAKUさんが持参したGPS携帯 が威力を発揮した。


 1時間ほどでターミナルに到着
 できれば「雪の大谷」を見たかったのだが,現在は 除雪作業中ということで,入ることはできなかった。

 しかたなく,帰途のトロリーバスに乗り込んだ。
黒部平で外に出てみたら,雪は上がり,薄日が差しているところも見えた。


 黒部ダムでは,まだ小雨が降っていたが,これも,徐々に上がっていった。


 ダム湖にも日が当たり始めていた。正面の 赤牛岳は見えない。



 トロリーバス バスでありながら ナンバープレート が無いのはちょっと変な感じだが,専用道だけを走るので,ナンバーは必要ないのだ。

 手にも,心の中にもたくさんの お土産を持って駐車場に向かう。


 とにかく,夢のような3日間 だった。誰にも邪魔されずに大自然を満喫することができ,こんな贅沢なことはなかった。

 いいところに行きたい気持ちは誰も同じで,そのためにたくさんの人が一度に押しかけることになる。 その結果,オーバーユースになり,自然が破壊されていく。
この問題は難しい問題だ。
 長い時間の中で徐々に変化していくことは自然の成り行きなのだが,数万年も続いてきたことが, 僅か数十年で変化してしまうことは,「自然の成り行き」ではない。
 私たちは,先祖から受け継いだ自然を,できるだけ変化させずに子孫に引き継ぐ義務があると思うのだ。
 単に大自然に感動しただけでなく,また,保護と利用のバランスの問題を考えさせられてしまった。

ページトップへ