秋 田 駒 ヶ 岳

期日 2008年(平成20年) 6月30日(月)
 


コース・タイム


ヒュッテビルケ(5:10) ⇒ 8合目駐車場(5:40)

  駐車場(6:30) → 阿弥陀池(7:45-8:00) →
   → 横岳(8:15-30) → (大焼砂)→
   →(馬場の小路)→ 阿弥陀池(11:00-25) →
   → 男女岳(11:40-50) → 阿弥陀池(12:05-10) →
   → 展望台(12:40) → 駐車場(13:00)

 駐車場(13:30) ⇒ 水沢温泉ビルケ(入浴) ⇒
     ⇒ 盛岡IC ⇒ 宇都宮IC ⇒ 自宅(21:00)



同行者
  キクさん,チコ
今回は,8合目から浄土平まで旧道コースを登ったが,このコースは荒れており,危険なところや,ルートのわかりにくいところもある。経験の少ない人や,経験者の先導が無い場合には,入り込まない方が良い。

 秋田駒ヶ岳には,2005年7月9日−10日に計画をしたのだが,あいにくの悪天候のため,山麓まで来ていながら中止せざるを得なかった経緯がある。その時にお世話になったのが,田沢湖高原水沢温泉の「ヒュッテ ビルケ」だった。山には登れなかったが,ビルケの「お母ちゃん」の心のこもった料理ともてなしに,満足して帰宅したのだった。今回もビルケにお世話になることにした。
 次々と出てくる温かな料理と,美味しいお酒,そして,「ヨン様」の話題で盛り上がった楽しい夕食。十分に満足して床に就いた。
 夜半に雨が降ったようだったが,明るくなる頃には上がり,
田沢湖に蓋をするように雲海が広がっていた。台風崩れの低気圧が予報より南を通過してくれたおかげで,雨にはならずにすんだ。

秋田駒ヶ岳のマイカー規制は,6月1日〜10月31日の土,日,祝日と,6月21日〜8月19日の平日となっており,今の時期は,
早池峰山と違い,平日でも実施されている。但し,規制時間が午前5時30分から午後5時30分までとなっているので,その時間帯以外にゲートを通過すれば8合目の駐車場まで行くことができる。
 当初は,シャトルバスを利用しようとしていたのだが,ビルケのお母ちゃんの薦めもあり,
8合目までマイカーで行くことにした。朝が早いので,朝食の代わりにおむすびを作ってもらった。シャケの入った焼きおむすびが絶品だった。

 8合目駐車場に着いたのは6時少し前。一番乗りだ。まだ,誰もいない。避難小屋の雨戸を開けて中に入り,朝食を食べた。
 避難小屋は大変に立派な作りで,2階は宿泊できるようになっている。


 6時25分頃に到着した始発のバスから6人が降りてきた。
 彼らと前後して,駐車場を出発した。
 展望台経由で
浄土平に向かう「新道コース」から右に分かれ,かつて,硫黄の採掘を行っていたときの作業道がもとになったという旧道を進んだ。

 このコースは,変化に富んだおもしろいコースだが,途中,ルートの不鮮明なところもあり,また,崩壊した斜面の横断などもあり,
一般ルートではない
 経験の少ない人や,経験者の先導が無い場合には,入り込まない方が良い。



 かなり危険な場所もある。慎重に通過した。

 硫黄を採集していたのがいつ頃までなのか,資料がないので分からないが,この景色は異様だ。

 急な斜面を一気に登ると,浄土平に飛び出す。

 振り返って足元を見ると,このような
看板があった。その通りだと納得したが,登り口の方には看板などはない。
 もっとも,看板を付けることがかえって初心者の通行を誘うことにもなりかねないので,今のままが良いのかも知れない。


 雪渓の残った斜面を一登りすると,「駒ヶ岳避難小屋」が現れる。とても立派な小屋だ。
 東北地方の山にある「避難小屋」は,どれもすばらしく立派だ。



 小屋の前で一休みして,横岳に向かった。
僅かな登りで稜線に出ると,あとは快適な稜線歩きだ。めずらしい高山植物も多い。周囲はガスに覆われていた。

 
横岳の山頂で休憩。ガスはなかなか晴れない。


 横岳から「大焼砂」を下る。 まず,タカネスミレの群落が現れた。高山のスミレでは,このタカネスミレキバナノコマノツメが有名だが,これを花だけで区別するのは難しい。

 少し下ると,両側にロープが張られている。これは,コマクサを保護するためのものだ。 ロープが要らなくなるのが理想だが,なかなか難しい。

 他の場所だが,コマクサの中にたくさんの足跡が刻まれているところもあった。
 大焼砂から右に折れ,少し進むと,馬場の小路と言われる場所に出る。チンクルマが満開で私たちを出迎えてくれた。私はまだ,それほど多くの山に登ったわけではないが,こんなに素晴らしいところに出会ったことはない。





 馬場の小路から急斜面を登り出すと,シラネアオイの大群落が広がっている。
 こんな大群落を見たのは,数十年前に日光の奥白根山で見た以来だ。 「シラネアオイ」は日光の白根山に大群落があって付けられた名前だが,今はシカの食害などの影響で大群落は姿を消してしまった。

 急斜面を登って外輪山の上に登ると,眼下に阿弥陀池が見える。


 浄土平に戻って,ベンチで昼食にした。大人数の団体男女岳(おなめだけ)から続々と下山してくる。40人ほどの団体が2団体ほど,前後して降りてきた。ベンチで休んでいる間にも,別の団体が新道コースから登ってきて,男女岳のほうに登っていった。
 団体が一区切りするのを待って,私たちも
秋田駒ヶ岳の最高峰である男女岳に登った。相変わらずガスが掛かっており,展望はない。時々ガスが切れても,浄土平の避難小屋が見える程度だった。
 山頂での
記念写真
 男女岳j山頂の三角点 この高さが秋田駒ヶ岳の高さになっている。


 今日は,下山後に宇都宮まで帰らなければならない。名残惜しいが,浄土平を後にした。男岳にはガスが掛かっている。

  片倉岳展望台まで降りてくると,ガスも切れ,下界が見えてきた。写真では分かりづらいが,田沢湖の姿も見える。


 駐車場が見えたが,車は4台のみ。もっとも,マイカー規制中なので,私たちの車以外は,関係者の車だ。


 駐車場からの下山は,バスの後ろについて下るように指示された。道路が狭く,交換できる場所が限られているからだ。
 前夜泊まった「ビルケ」で温泉に入らせてもらい,汗を流した。後は,キクさんの運転で一路,宇都宮に向かった。
 キクさんにはお世話になったが,こんなに素晴らしい山旅ならば,何度やってもいい。
 またお願いします。



秋田駒ヶ岳 花のアルバム

ハクサンチドリ


ベニバナイチゴ


エゾツツジ (まだ蕾)

コバイケイソウ


ムシトリスミレ


コケモモ

ミネカエデ


オノエラン


キバナノコマノツメ

コマクサ


コマクサ


サラサドウダン

ウラジロヨウラク


 ヒナザクラ


アオノツガザクラ

ミネズオウ



シラネアオイ


ミヤマウスユキソウ         ツマトリソウ 
 
イソツツジ


オオバキスミレ


ページトップへ