白  山

期日 2008年(平成20年) 8月7日(木)〜8日(金)
 


コース・タイム
 8月6日(水)
   宇都宮(3:30)⇒上信越道⇒北陸道⇒蓮台寺SA(7:40)⇒宇奈月(8:20-9:00)⇒(トロッコ列車)⇒欅平(10:25-40)⇒
     ⇒宇奈月(12:10)⇒黒部IC⇒金沢西⇒別当出合P
 8月7日(木)
     駐車場(5:30)→別当出合(5:40-6:05)→中飯場(6:55-7:00)→甚之助ヒュッテ(8:40-9:00)→南龍ヶ馬場(9:45-10:10)→
       → アルプス展望台(11:30-35)→室堂(12:40)      室堂(13:05)→御前峰(14:00-15)→室堂(泊)(15:30)
 8月8日(金)
     室堂(6:35)→黒ボコ岩(7:00)→甚之助ヒュッテ(7:50-55)→中飯場(9:15-20)→別当出合(10:05-15)→駐車場(10:20)
   別当出合P⇒一ノ瀬(白山温泉)⇒金沢西IC⇒羽咋⇒富来⇒能登金剛⇒猿山灯台⇒輪島

同行者
     チコ

8月6日(水)
 高速道の夜間割引を利用しようと,宇都宮市の自宅を早朝に発った。このまま登山口に行くのでは早すぎるので,黒部渓谷のトロッコ電車に乗ることにした。このトロッコ電車に乗るのは私は二度目なのだが,よくこんなところに線路を敷いたものだと思う。それにしても料金が高すぎる。
 金沢西ICで北陸道を降り,登山口の別当出合まで入った。トップシーズンの週末を中心に
市ノ瀬から別当出合まで交通規制が布かれ,一般車は入れないのだが,今日は規制外,スムーズに別当出合の駐車場まで行くことができた。しかし,駐車場にはトイレがない。トイレと水道は,登山口にあるのだが,そこまで10分ほど坂道を登らなければならない。
 
ここで夜明かしをするならば,登山口のビジターセンターで夕食を摂り就寝できる体制で駐車場に戻るのがいい。
 夕方,夕立があったが,夜半には晴れ,満点の星空が広がった。天の川のほのかな輝きを見たのは何年ぶりだったろう。


8月7日(木)
 3時ころから駐車場に入ってくる車が続いた。交通規制は今夜の8時から実施の予定だが,その前でもこの駐車場が満車になり次第に,市ノ瀬でストップになる。3時頃から駐車場の誘導員が配置に付いていた。明るくなったので,軽く朝食を摂り,準備をして出発した。
 
駐車場の車は,昨夕より,かなり増えたが,まだ余裕はあった。
 別当出合登山口のビジターセンター


 登山口
 私たちが登る砂防新道へは,まず,この吊り橋を渡る。


 別当谷は暴れ谷だ。新旧の崩れの跡がいたるところにある。この谷に沿って登っていく


 別当谷の隣の柳谷に懸けられた砂防堰堤。石積みの文様が天に昇る竜の鱗に見えた。

 別当谷,柳谷,赤谷の三つが合流するところが「別当出合」なのだ。



 中飯場(なかはんば) もちろん,工事用の飯場があったところなのだが,今は,立派なトイレと水道がある。登り始めて約1時間,休憩にもってこいの場所だ。
 太陽が,稜線から姿を現した。いよいよ暑さとの戦いが始まる。


 少し登ると視界が開け,別当谷の対岸を走る観光新道が望めるようになる。


 足元にはたくさんの花が見られる。
         タマガワホトトギス                  センジュガンピ                     ミヤマコゴメグサ


 甚之助避難小屋には,たくさんの人が休んでいた。下りの人も多かった。
                     白山のハクサンフウロ

 個体によって差はあるのだが,概して色が濃く,花弁の大きいものが多いようだ。



 ミヤマコウゾリナ                ヤマハハコ                    シモツケソウ


 先週末に白山に登った山仲間の「岳岳さん」「ちぃにぃさん」の薦めで,展望歩道を登ることにした。甚之助避難小屋から少し登った分岐点で,右側の南龍道南龍ヶ馬場へ向かった。

 笹原の向こうに南龍山荘が見える。
 登山者の喧噪から離れた別天地のようだ。


 南竜山荘

 南竜山荘からエコーラインが望める


 南竜山荘の少し先の分岐から,展望歩道を上っていくと,南龍ヶ馬場が見渡せる。ここには,この近くで唯一のテント場がある。



 更に登っていくと,白水湖と平瀬道が見渡せる。1984年,職場の仲間とこの道を登った。平瀬温泉に宿をとり,白水湖から白山を日帰りしたのだ。記憶は薄れているが,懐かしさが沸いてくる。


 ミヤマホツツジ                     タカネマツムシソウ                  カライトソウ



 タカネナデシコ                     ハクサンコザクラ                    ミヤマキンバイ



                          アオノツガザクラ

 クロユリ

                                     オトギリソウ                        ベニバナイチゴ 


 ミヤマダイモンジソウ





イブキトラノオ



 山頂にはガスが掛かってきた。


   クロユリの群生地 こんな大規模な群生を見たのは初めてだ。


 ハクサンコザクラの群生地 もう最盛期を過ぎていたようだ。


 室堂センターが見えてきた。
 受付を済ませ,山頂(御前峰)に向かった。鳥居の真後ろが山頂になる。


 マイヅルソウ                   タテヤマリンドウ   



                 ヨツバシオガマ

 イワツメクサ                       イワギキョウ  


 山頂での記念写真
 
暑さ対策のため,頭には濡らしたタオルを被り,首には濡らしたバンダナを巻いている。なんとも変な格好だが,これはかなり効果がある。

 御前峰から,御池めぐりコースに進んだ。 剣が峰には登山道はないのだが,登る人もいるらしく,踏み跡が付いている。

 御前峰に次いで標高が高い大汝峰 ここには登山道がある。


 剣が峰から大汝峰をパノラマ写真にした。(写真をクリックすると大きな写真が見られます。)



                紺屋ヶ池にはまだ雪が残っていた。



 空模様が怪しくなり,雷鳴も聞こえてきたので,大急ぎ室堂に戻った。しかし,雨も降らず,雷もそれ以上に大きくはならなかった。
 ベンチに腰を下ろし,生ビールで乾杯。これだけは止められない。ところがここの売店では,
売店で購入した缶ビールの空き缶なども売店では引き取らない。他のゴミと一緒に自分で担ぎ降ろすことになっている。
 他の山小屋でも,このようなシステムの所はある。歩荷に頼っている小さな山小屋ならば仕方ないと思うのだが,
ヘリ輸送を行っているような大規模な山小屋なのだから,小屋で販売したビールの空き缶くらい引き取っても良いと思う。なぜならば,下界よりも遙かに高い値段で販売しているのだから。

 雲の切れ間から日が差してきた。



8月8日(金)
 御来光が見られそうなときは,3時30分に太鼓がなって知らせ,神官を先頭に御前峰に登るという。私たちは,御遠慮することにした。4時少し前に太鼓が鳴った。
 日の出は5時ころと聞いていたので,その時刻に外に出てみた。
太陽は,御前峰の山腹から昇る


 山頂には,御来光を拝するために,たくさんの人が登っていた。やがて,「バンザイ」の声が聞こえた。



 5時30分からの朝食を,一番乗りでいただき,下山の準備をした。

 室堂センター弥陀ヶ原に面した方にビジターセンターの看板がある。


 展望台から少し下ると,目の前に弥陀ヶ原が広がっている。


 チングルマは綿毛になって稚児車になっている。


                                              黒ボコ岩は,砂防新道と,観光新道の分岐点だ。

足の痛みが心配なので,降りやすい道として,
砂防新道を選んだ。

 クサボタン

      オオレイジンソウ


 ソバナ


 真っ白なホタルブクロがあった。


 吊り橋が見えてきた。


 振り返ると,山頂方向はガスに包まれていた

 駐車場の車はまばらになっていた。


 市ノ瀬の白山温泉で汗を流し,今日の宿泊地である能登の輪島へ向かった。

 高山植物の名前に「ハクサン○○○」と付けられているものが多く有る。これは,主に白山で発見されたものや,白山に多く生育するなどの理由で付けられたものだが,白山はそれだけ,昔から登られた山であり,花の豊富な山である証拠でもある。
 今回の登山でも,この期待は裏切られなかった。「ハクサン」の名こそ冠してはいないが
クロユリのあれほどの大群落を見たのは初めてだった。日光の千手が浜に由来する名前のセンジュガンピも,道の両側にたくさん咲いていた。
 私個人としては,先日の雲の平敗退の原因である暑さ対策も重要な課題だったが,なんとか乗り越えられた。チコの足は,疲労が蓄積してくると痛みが増してくるようで,やはり,無理はできない。


ページトップへ