穂 高 涸 沢

期日 2008年(平成20年) 10月11日(土)〜13日(月)
 


コース・タイム
 10月11日(土)
   宇都宮(2:30) ⇒ 沢渡駐車場(7:00)  沢渡(8:00)⇒(タクシー)⇒大正池(8:20)
   大正池(8:30)→河童橋(9:40-10:40)→明神(11:20)→明神池(11:30-12:20)→徳沢(13:10)
 10月12日(日)
   徳沢(6:25)→横尾(7:10-20)→本谷橋(8:20-30)→涸沢(10:25-11:25)→屏風のコル(12:45)→徳沢(15:20)
 10月13日(月)
   徳沢(7:05)→明神(7:55-8:00)→河童橋(8:35-40)→バスターミナル(8:45)  上高地(9:00)⇒(バス)⇒沢渡(9:30)
  沢渡駐車場(9:45) ⇒ 宇都宮(14:10)

同行者
   キクさん

 山歩きをする者にとって,涸沢の紅葉は憧れの一つだ。山岳写真のカレンダーにも必ずと言って良いほど登場し,その絢爛さを見せびらかしている。何とか,この目で見たいと考え,体育の日を含んだ3連休で出かけることにした。同行者はいつものキクさん
 
しかし,誰の考えることも同じで,この時期の涸沢は大混雑する。特に週末の混雑は殺人的でもあり,「本谷橋から続いている登山者の行列の先頭は,涸沢ヒュッテの受付だった。」などと言う数々の「涸沢伝説」を生みだしてもいる。
 思い切って,
混雑を覚悟で出かけることにした。できれば涸沢に泊まりたいのだが,ヒュッテ・小屋とも休日は超満員で,とても泊まる気になれない。涸沢にテントを張ることも考えたのだが,最近ではテント場も満員で,テントを張るスペースを探すのに苦労するという。第一,テントを涸沢まで担ぎ上げる自信がない。
 そこで,できるだけ混雑する時間帯を避けることを考え,
徳沢にテントを張り,そこから涸沢を往復することにした

 10月11日(土)
 今日は,徳沢までなので,急ぐ必要はないのだが,高速道の深夜割引を利用するために,2時30分に宇都宮を出発した。キクさん運転の助手席でうとうとしながら沢渡に着いた。途中から降り出した雨は,沢渡ではかなり激しく降っている。天気予報では,今日は回復することになっているので,車の中で待機した。
 
8時になり,雨も小降りになってきたので出かけることにした。雨具のズボンをはき,コウモリ笠を差してバス停に向かった。すると,タクシーの運転手が「4人で4000円で行くので,乗らないか」と声をかけてきた。運転手が見つけてきた同乗者と4人で沢渡を出発した。
 
大正池でタクシーを降り,遊歩道を河童橋に向かって歩き出した。雨は小降りになったが,雨雲はまだ低くたれ込めていた。大正池は,往年の面影はなくなったが,まだ独特の雰囲気は残っている。

       板張りの遊歩道をゆっくりと歩く。

 田代池に着いた頃には,雨も殆ど止み,薄日も差し始めた。信じられないほどに透き通った梓川の流れに,カラマツの落ち葉が浮いている。

 ウエストン碑に向かう途中に,西穂高への登山口がある。

      ウエストン碑  今日の私のスタイル。

 河童橋の上から,スポットライトに照らし出された岳沢を撮る。
 上高地の五千尺ホテルは,岳沢方向のライブ画像を,ネット発信しており,いつも見させてもらっている。これはそのカメラ↓


  岳沢方向。ここに岳沢ヒュッテの赤い屋根が見えないのが寂しい。

 河童橋


ビジターセンターで展示を見てから,明神に向かった。途中で見上げた明神岳

 明神から明神池に向かい,明神橋を渡ったところで昼食にした。
 明神から徳沢に向かって少し歩くと,正面に常念岳が見えてくる。

 徳沢のテント場は草原で快適だ。すでに50張り程度のテントが張られていたが,まだまだ余裕がある。12日の夜が最も多く,100張り程度が張られた。

 
正面に見えるカツラの木は,葉が真っ黄色に黄葉した後,一斉に葉を落とすという。
 
夕食は,徳沢園に頼んだ。お金は掛かるが,荷物が少なくて済み,これは便利だ。6時に夕食で,7時には寝袋に潜り込んだ。
 近くのテントで女性2人連れの話し声が遅くまで聞こえており,なかなか寝付かれなかった。12時頃と,3時頃の2回,外が騒がしくなったが,概ね,我慢できる範囲だった。



 10月12日(日)
 朝方はかなり冷え込んだ。それまで,寝袋の口は開けておいたのだが,首のまわりが寒くなり,慌てて寝袋の口をすぼめた。吐く息が寝袋に当たりと,当たったところがびっしょりと濡れる。もっと気温が下がればこれが凍り付くのだろう。
 5時になったので,バーナーで湯を沸かし,即席麺を作った。テントの中でバーナーを焚くと,テントの中が暖かくなった。僅かな火気でも,驚くほどに効果がある。
 食事を終えてからテントの外に出た。明神岳の山頂がオレンジ色に輝いている

みんなテントから出てカメラを構えている。そうなのだ。このテント場の魅力の一つがこれなのだ。
 足元の芝生は,霜で真っ白に光っている。

 テントもバリバリに凍っている。夜に付いた露が朝方に凍ったものだ。
 どのテントも凍り付いている。

 準備をして6時25分に出発した。この時間ならば,朝に上高地入りした人たちはまだ到着しないし,横尾から涸沢を目指す人は出かけた後だろうから,それほど混雑せずに歩けるはずだ。
 身体を目覚めさせ温めるために少しピッチを上げて歩いた。軽荷であることもあって,横尾まで45分で着いた。
横尾山荘は山小屋とは思えない立派な造りだ。
 横尾大橋を渡り,いよいよ涸沢に向かう。

 少し歩くと,屏風岩の壁面が正面に迫ってくる。

 北穂高岳も見えてくる。山頂に北穂山荘の赤い屋根も見える。

 屏風岩と紅葉


 本谷橋を渡ってから休憩にした。
 本谷橋は登り降りのすれ違いができないため,混雑のネックになっている。そこで,今年は仮設の橋を架け,一方通行ができるようにした。


本谷橋を過ぎるといよいよ本格的な登りになる。周囲の紅葉が疲れを忘れさせてくれる。






   登ってきた沢を振り返る 紅葉がきれいだ。



 涸沢の紅葉の主役はナナカマド やや盛りを過ぎたが,まだ十分に鮮やかだ。


 赤,緑,黄色が織りなす錦織りと黒い岩,青い空。

ここを巻いて登ると涸沢ヒュッテだ。

 涸沢に沿った斜面の紅葉

 涸沢ヒュッテと涸沢カール

 涸沢のテント場は石がごろごろ。寝心地は悪そうだ。この日,テントは500張り,ヒュッテの宿泊者も500人だったという。


 正面のザイテングラードを登った先に穂高岳山荘も見える。

                                     屋根の上のテラスとシンボルの吹き流し


 1時間ほど居て下山にかかった。下山はパノラマコースを下った。少し進むと,涸沢全体が見渡せる場所がある。

 パノラマコースの入口には「熟達者以外通らないこと」と注意書きが表示されている。ガレ場や崩れやすい岩場の通過があり,十分に注意して歩く必要がある。
 コルに近づいてくると,ピラミッド形に尖った「屏風の耳」が見えてくる。山頂には登山者の姿も見える。

 稜線に出ると目の前が開け,富士山や南アルプスの山々が目に飛び込んでくる。

 稜線から振り返ると,涸沢カールの全体を見渡すことができる。色とりどりのテントが,宝石をばらまいたようできれいだ。

 横尾尾根の向こうに槍ヶ岳の端麗な姿が浮かび上がっている。


 屏風のコルを直進すれば屏風の耳に行けるのだが,今日は断念してここを右に下ることにした。

 少し下ったところでガレ場を横断する。
 ここに腰を下ろして休んでいる人たちがいたが,原則として,ガレ場では休憩してはいけない。ガレ場は,絶えず岩が崩れているためにガレ場になっているのであって,いつ落石があるか分からないのだ。

 やっと新村橋まで降りてきた。長い下りだった。


 テントに戻って身体を拭き,シャツを着替えた。徳沢ロッジで入浴することもできるのだが,この季節では風邪を引きそうなので止めた。
 夕食は,昨日と同じ徳沢園で「
イワナ定食」を食べた。食事後,ストーブを囲んで,宿泊のお客さんと楽しいひとときを過ごした。


 10月13日(月 体育の日)
 今朝も昨日と同じくらい冷え込んだ。テントは再びバリバリになった。テントの中で湯を沸かし,おむすびで雑炊を作って食べた。やはり,朝に温かい物を食べると身体が目覚めてくる。
 まず,テントの中の物を片付け,ザックに放り込んでから,ザックを外に出し,テントをたたむ。今回はフライシートを使用したので,テントその物はほとんど濡れていなかった。その分,フライシートはバリバリに凍っている。バタバタとあおったが,氷はなかなか落ちない。仕方ないので,そのままたたんで袋に詰めた。家に帰ってフライシートを広げたら,中から氷のかけらが出てきた。
 ほぼ7時に
徳沢を後にして上高地のバスターミナルに向かった。 一昨日と違い,今日は天気が良いので河童橋からの眺めが素晴らしい。
 岳沢から
穂高の連山が間近に見える。

 あの辺りに岳沢ヒュッテの赤い屋根が見えていたのだが。

 奥穂とジャンダルム  何時かはあそこを歩きたい。

 河童橋の反対側を見ると焼岳が朝日を浴びて輝いている。山頂の噴煙も確認できた。



 長年の夢が実現でき,大満足だ。それも,これ以上は望むべくもない好天気に恵まれ,素晴らしい山行だった。
 私のテント山行の中では,今回が最も気温が下がったが,この装備で十分対応できることが分かったことも収穫だった。

 この夏の雲の平撤退以来,自信を無くしていたが,これで,少し自信がついたような気がする。

ページトップへ