晩秋の尾瀬

 期日 2008年(平成20年) 10月18日(土)〜19日(日)


コース・タイム

10月18日(土)

 宇都宮(5:00) ⇒ 御池P(8:15) 御池(8:30) ⇒(シャトルバス)⇒ 沼山峠(8:55)

     9:20      10:30-45  11:30-12:00    13:20
     沼山峠→(1:05)→長蔵小屋→(60)→沼尻→(1:30)→見晴(檜枝岐小屋)

10月19日(日)

     7:30    8:00-15    9:15-25      11:10-45       13:20
     見晴→(30)→赤田代→(45)→三条の滝→(1:05)→シボ沢吊り橋→(1:35)→御池P

 御池P ⇒ 燧ノ湯 ⇒ 宇都宮


メンバー

   キクさん,Tさん,チコ,私,他1人

 キクさんが,仲間たちと小屋泊まりで尾瀬に行くというので,チコと二人で同行させてもらうことにした。
 尾瀬には何度も出かけているが,紅葉も終わりかけのこの時期を,私はとても気に入っている。10月も半ばを過ぎると,紅葉目当てのハイカーも少なくなり,落ち着いた雰囲気で尾瀬の静けさを味わうことができる。

10月18日(土)
 初日の日程は,沼山峠から見晴までなので,急ぐことはないのだが,宇都宮を5時発で計画を立てた。途中の「道の駅たじま」で朝食を済ませ,御池駐車場に着いたのは8時15分。急いで支度をし,8時30分発のバスに飛び乗った。

 シャトルバスの代金は
片道大人1人400円。群馬県側の運賃と比べ,良心的な設定だと感じるのは私だけではないと思う。
 窓の下に見えるブナ林は,半分ほど葉を落としている。



 シャトルバスの窓から
燧ヶ岳が見えた。このバスには何度も乗っているが,初めて見た。

 バスを降りてゆっくりしていたら,次のバスが到着してしまった。団体が降りてきたので,あわてて出発した。


ツルリンドウの実は鮮やかな色をしている。


 大江湿原では,木道の掛け替え工事をしていた。新しくなった木道は気持ちいい。

 大江湿原のシンボル「三本唐松」 この姿を見ると,「尾瀬に来たんだなあ」と思う。



 大江湿原から燧ヶ岳がすぐ近くに見えた。右端が俎ぐら,最高峰の柴安くらは,中央のミノブチ岳の後,左のピークは赤ナグレ岳

 ヤナギランの丘にある
平野長蔵一家の墓にお参りしてから長蔵小屋に向かった。
 長蔵小屋の売店前で休憩。この売店も19日で終了する。尾瀬沼ビジターセンターとトイレ10月31日(女子用トイレは10月26日)まで使用できる。
休憩してから
沼尻(ぬじり)へ向かった。 沼尻の休憩所とトイレは既に閉鎖されていた

 フユイチゴだと思うが,葉の表面に短毛が密生していることなど,見慣れたフユイチゴとはチョット違う。


 散りかかってはいるが,まだきれいな紅葉も残っている。

 ツリバナの実が残っていた。



 ブラブラ歩きだったが,1時間20分ほどで見晴に着いた。
 今晩お世話になる「
檜枝岐小屋」は,原に向かって左側に3軒ある山小屋の真ん中の小屋。

 まだ時間があるので,荷物を預け,
尾瀬ヶ原の散策に出かけた。


 ツルコケモモの実。 ツルコケモモは,身体は小さいが,驚くほど大きな実を付ける。
 イワショウブの実が,ドライフラワーのようになって残っていた。


 ズミの実も真っ赤に熟していた。

 
イヌツゲの実は真っ黒だ。


 4時過ぎに入浴。尾瀬の山小屋はほとんどの小屋で入浴できる。いわゆる「山小屋」とは少し違う。やはり,尾瀬は特別なところだと思う。檜枝岐小屋の食事はたいへん美味しく,アルミ缶のお酒も特別に美味しかった。
 檜枝岐小屋の部屋は清潔で,寝具もきれいで気持ちいい。山小屋で新しいシーツが使えるなんて,チョット驚き。小屋は混雑しておらず,広い部屋にのんびりと寝ることができた。


10月19日(日)
 5時30分になり,周囲が明るくなってきたので起きだし,カメラを持って外に出た。

 幾組かのグループが,薄暗い中を,至仏山を目指して原を横切っていった。
 至仏山には一部にまだ雲がかかっていた。


 徐々に明るくなってくると,至仏山に架かっていた雲も取れた。やがて,頂上付近に日が差し始め,かすかに色づいてきた。

 ワレモコウの真っ赤な葉が,霜で縁取られている。
 小屋に戻って朝食を食べ,ゆっくりと準備してから出かけた。
 夕食もそうだったが,この
檜枝岐小屋食事がとても美味しかった。即席物は一切使わず,全て手作りの料理で,決して豪華ではないが,心のこもった料理で,出された物は残さずに平らげた。この山行でも,また太って帰ることになりそうだ
 木道は
で真っ白だ。注意をしながら歩いたのだが,何度かヒヤッとした。

 赤田代に向かう道から至仏山を振り返った。


 葉を落としたダケカンバの白い幹が青空に映える。

 平滑(ヒラナメ)の滝。 樹木が成長してしまい,展望台からの見晴らしが悪くなった。
 三条の滝に向かう途中,対岸の紅葉がきれいだった。

分岐に荷物をデポし,三条の滝に向かった。

 途中にある「展望台」では,樹木の間から三条の滝を見ることができる。

 通常ならば,さらにこの先まで行けるのだが,この先は既に冬季閉鎖になっていた。
 「この先,冬季期間は手摺を取り外すため通行止めとなります。
 ここを乗り越えれば,先に進むことはできる。私の技量ならば,たとえ手すりが無くても,安全に歩く自信はある。実際,ここを乗り越えて展望台まで行ったと言う話は良く聞く。彼らは異口同音に「個人責任」と言うが,それは,私には自己弁護の言い訳にしか思えない。私にだって行きたい気持ちはあるのだが,敢えて私はそうしない。これは,私のモラールというかポリシーの問題で,そのようなルールを守ることが私の誇りでもあるのだ。以前,何処かにも書いたが,「あなたの趣味は何ですか?」と問われたとき,誇りを持って「山歩きです」と答えたいから,私はルールを守るのです。



 分岐から,段吉新道との合流点までが,今日一番の急登だ。30分ほどを頑張って登った。それにしても,荷が軽いのは楽でいい。
 
オオカメノキの実は赤いが,更に熟すと黒色になる。


 シボ沢に架かる吊り橋は「裏燧橋」という。

 裏燧橋の中央から,正面に平ヶ岳が見える。山頂は,左側のなだらかな頂。


 裏燧橋から御池までは,いくつかの小湿原を通っていく。西田代,横田代,ノメリ田代,御池田代
 湿原には可愛い高山植物が見られる。 ヒメシャクナゲは,小さいながら,もう花芽を持っている。

 アカミノイヌツゲ  普通のイヌツゲの実は黒い

 ナナカマドも,たくさんの実を付けている。葉は既に落ちてしまった。
 御池田代には立派な板敷きの歩道が造られていた。駐車場から車いすでここまで来られるようになった。


 好天気に恵まれ,素晴らしい山行だった。40年前に一人で歩いた秋の尾瀬を思い出した。

 当時,秋の尾瀬は静かだった。大清水富士見下まで入っていた定期バスも1日に数本だけになり,登山口まで行くのが大変だった。ならばと,奥鬼怒から歩いて尾瀬にはいることにした。
 昭和40年(1965年)10月4日,単独行の私は,
奥鬼怒の日光沢温泉を朝に立って,鬼怒沼から中俣沢を下り小淵沢の合流点から小淵沢を登って小淵沢の田代から長蔵小屋に行くつもりで歩いていた。このコースは前年の6月に逆コースで歩いていたが,檜高山を半周するようなコースで,なんとか近道はできないものかと考えていた。小淵沢の途中から直接に尾瀬沼に出られれば,かなりの近道となる。地形図で調べたが,岩場や崖は無いようである。行って行けないコースではない。考えながら歩いていると,索道が目に入った。
 尾瀬沼に流れ込む沢の一つに早稲沢(わせつさわ)という沢がある。かつて早稲沢を上りつめた峠から,小淵沢の林道まで荷物運搬用の索道がかけられていた。当時,長蔵小屋の荷物は,大清水から中俣沢林道を登り,小淵沢林道の途中まで車で上げ,そこから早稲沢の峠まで索道で上げていた。早稲沢の峠からは,キャタピラの付いた特殊な車で長蔵小屋まで運んでいた。
 この索道の話は以前に聞いていたので,
この索道に沿って登ることにした。歩き始めだけは,索道の点検用に歩いたと思われる踏み跡が付いていたが,少し進むと全く何も無くなった。クマザサが背丈以上にも高く生い茂り,視界は全く効かない。時々,倒木の上に乗って進行方向を確かめた。頭上を通っている索道も,背の高い樹林に隠され,見失いがちになる。頭上を通る索道に沿って登るので,急な斜面を一直線に登ることになり,傾斜もかなり急になる。少し進んだところで,無謀だったかなと後悔したが,一方で,このくらいなら何とかなるという自信みたいなものも湧いてきた。結局,40分ほどの藪こぎで峠の索道終点に出られた。ここからは広い道で,突然に尾瀬沼畔の登山道に飛び出した。
 ホッとして,木道に腰を下ろし,尾瀬沼の向こうに聳える
燧ヶ岳を眺めながら休憩した。30分以上腰を下ろしていたが,その間,木道を通る人は一人もいなかった。そのくらい,秋の尾瀬を訪れる人は少なかった。

ページトップへ