閉じる
古 賀 志 山

2008年(平成20年) 11月23日(日)


コース・タイム
 自宅(7:30) ⇒ 赤川ダム駐車場(8:30)
  駐車場(8:55) → クランクピーク(10:05) → 東稜(11:40-12:25) → 駐車場(14:00)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 自宅

同行者
 チコ

 アブラツツジ の紅葉を見るため,古賀志山に出かけた。アブラツツジはドウダンツツジの近縁種で, 春に,白い釣り鐘状の小さな花を房状につり下げて咲く。名前は,葉裏が油を塗ったように光沢があることからついた。 その葉が,秋には真っ赤に色づく。
 赤川ダム周辺の「宇都宮市森林公園 」は紅葉の真っ盛りだ。

 北登山道には落ち葉が敷き詰められ,その上を歩くと気持ちいい。

 北登山道の途中から中尾根のクランクピーク を目指して岩場を直登する。私たちのお気に入りのコースだ。
 紅葉が出迎えてくれた。


 岩場にはロープなどは設置されていない。最近まで,赤ペンキなども無かったのだが,最近書かれた。 ルートファインディングも含めて,技術のある人だけが登るコースがあっても良いと思うのだが。  ボルダリングの感覚で登るのが楽しい。


 一つ一つの岩は手頃の大きさなので,楽しく登ることができる。


 アブラツツジが鮮やかな赤色に色づいている。


 アブラツツジ ドウダンツツジ の近縁種だ。花が房状に垂れ下がるのが特徴で,ドウダンツツジではこのようにはならない。花が終わった後も実となって残る。


 日当たりの良いところは,特に鮮やかだ。


 穏やかな晩秋の一日,手頃な岩登りと,里山の紅葉を十分に楽しんだ。これからは里山の季節だ。

 ページトップへ