立 山 室 堂

期日 2009年(平成21年) 4月17日(金)〜19日(日)
 


コース・タイム
 4月17日(金)
   宇都宮(5:20) ⇒ 扇沢駐車場(10:00)     扇沢駅(10:30) ⇒ 室堂ターミナル(13:30)
     ターミナル(13:40) → 雷鳥荘(14:20) 
 4月18日(土) 
     雷鳥荘(8:00) → 室堂山荘(8:45) → 一ノ越(10:05-45) → 室堂山荘(11:35-12:15) →
           → ターミナル(13:00) → (雪の大谷) → ターミナル(14:00) → 雷鳥荘(14:50)
 4月19日(日)
     雷鳥荘(8:15) → ターミナル(8:50)
   ターミナル(9:00) ⇒ 扇沢駅(10:50)     扇沢駐車場(11:20) ⇒ 宇都宮(16:00)

同行者
     キクさん,Tさん,チコ

 4月17日(金)
 昨年4月に,一般開放前の室堂に入ることができた。(レポ) 今まで見たことのない壮大な雪景色に感動した。その感動が忘れられず,今年も訪れることにした。
 今年は,
一般開通初日に扇沢から入る。金曜日なのでひどい混雑はないだろうと判断し,10時発のトロリーバスに乗ることを目標に,宇都宮を5時20分に出発した。実際には,途中で予定以上に時間がかかり,扇沢駐車場に着いたのは10時になってしまった。
 無料駐車場も上の段は満車だったので,下の段に停めた。路面は除雪されているが,路肩には雪が高く積み上げられている。
  小雨の中を
ターミナルに向かって歩く。

 10時30分発のトロリーバスに乗ることができたが,改札口には長い行列ができていた。
 
黒部ダム湖も雪解けが進んでおり,水面が広がっていた。


 黒部平駅でロープウエイに乗り換えるのだが,なんと,待ち時間が1時間30分もかかった。ツアーの団体が次々とやってくる。話し声を聞くと日本語ではない。殆どが中国語と韓国語だ。外国からのツアーは,日本の有名観光地は,日本人観光客が増える休日は避けて日程を組むという話を聞いたことがあるが,その通りなのかも知れない。
 外に出てみると天候が回復してきたが,
立山の山頂はまだ雲の中だ。

 黒部湖を挟んだ対岸の赤岩岳に陽が当たり始めた
 待ち時間の間に,立ったままで昼食を食べた。座れる場所を探したが,建物の中は混雑しており,座れる場所はどこにもなかった。


 やっと乗り込んだロープウエイからは,鹿島槍ヶ岳と,その左奥に五龍岳が見えた。

 室堂ターミナルに着いて,すぐに屋上展望台に登って外に出た。 駐車場には,次から次と大型バスが入ってくる。それとすれ違って「雪の大谷ウォーク」の人の列が続く。


 室堂平に出ると,広い雪原の先に立山三峰がどっしりと構えている。



 剣御前の左に劔岳の頂が顔を出している。


 案内標識に従って歩いていくと,まず,みくりが池温泉が見えてくる。



 みくりが池温泉の脇を抜けて先に進むと,たっぷりと雪を蓄えた奥大日岳が見える。さらに左には大日岳が。


 振り返ると,一ノ越と浄土山が見える。

 さらに進むと,窪地の対岸に雷鳥荘が見えてくる。かろうじて3階の窓が見えているだけで,大部分は雪の下だ。
 雷鳥荘の背後には,
新室堂乗越から剣御前に続く稜線が見える。劔岳の山頂は,これ以上近づくとその稜線に隠れて見えなくなる。


 雷鳥荘にチェックインし,荷物を置いてから付近の散策に出た。

 ターミナルから雷鳥荘までの道は,踏み固められており,
スノーシューを履く必要が無かったが,自由に歩き廻ろうと,スノーシューを履いて出かけた。

 昨年,雷鳥を見かけた場所に行ってみたが,雷鳥には会えなかった。
 称名川を挟んで,対岸に剣御前から別山に連なる山肌が衝立のように立ちはだかる。山スキーヤーが刻んだシュプールが美しい模様を描いている。私はスキーをやらないが,こんな大斜面を滑ることができたらどんなにか感激するだろう。

 別山乗越剣御前小舎が見える。意外と近くに見えるのだが,あそこまで登るのは夏でも簡単ではなかった。



 せっかくスノーシューを履いたのだから,トレースのないところを選んで歩いた。気温も高く,雪も柔らかになっている。
 雷鳥沢キャンプ場にはテントが2張り張られていた。テントの周囲りには,風よけのために雪を積み上げてある。天気さえ良ければ,テントも快適なのだが・・・


 風が冷たくなってきたので,宿に戻った。温泉に入り,ビールで喉の渇きを癒しながら,夕食の時間を待った。
 窓の外には,夕方の太陽が独特の景色を構成している。
傾いた太陽の下には,雲海が広がっている。この雲海の下は日本海だ。

 夕食も美味しく頂いた。当然ながら,山小屋レベルの料理ではない。冷酒があっという間に胃袋の中に消えた。


 食後,談話室で,スキーに来たという若いカップルと話し込んだ。可愛らしい娘さんと,たくましい素敵な若者で,私たち酔っぱらいの話に付き合ってくれた。翌日は室堂山荘に泊まるという。

 部屋は床暖房が効いていて,寒いことはなかった。と言うより,ほんとうは熱くて困った。



4月18日(土)
 今日も朝から良い天気だ。日の出前に建物の外に出て,刻々と移り変わっていく景色を堪能した。奥大日の頂きに陽が当たり始めた。ここは,日の出の方向に高い山があるため,太陽の高度が高くならないと陽が当たらない。そのため,モルゲンローテのような色の変化は楽しむことができない。


 別山乗越を目指してスキーヤーが登っていく。砂糖の山を一列で登っていく蟻のようだ。この時間にあそこまで行くには,暗い内に歩き始めたのだろう。2〜3時間もかけて登り,僅か数分で滑り降りてしまう。でも,その数分間に,計り知れない感激と充実感が有るのだろう。彼らのテクニックはさすがに素晴らしく,滑降を見ているだけでワクワクしてしまう。

 宿に戻り,朝食を食べた。バイキング形式で,種類も多く,つい食べ過ぎてしまった。
 今日は,予定通りに
一ノ越まで行くことにした。
 身支度を調え,8時に宿を出発した。雪もしっかりと締まっており,スノーシューは不要と判断し,置いていくことにした。宿からアイゼンを付けて出発した。

 地獄谷の向こうに富山平野とその先に霞んではいるが日本海を見ることができた。


 立山の斜面には,昨日のスキーヤーが刻みつけたシュプールが,朝日に輝いている。

 小屋から僅かのところのハイマツ地帯にライチョウが居た。こんなに良い天気に日にライチョウが見られるのは珍しい。それだけ,ライチョウの密度が濃いと言うことらしい。

 
 ライチョウの生息数は全国で約3000羽,そのうち富山県に1500羽,室堂地区に300羽が棲息しているという。この地区は,全国で最もライチョウの密度が高い場所なのだ。


 室堂山荘までやってくると,今日の目的地である一ノ越が間近に見えてくる。

 雄山の斜面に,泡がわきあがったような面白い模様が見えた。どのようにしてできた模様なのか興味が湧いた。


 この時期,立山室堂に来る人の多くは,「雪の大谷」を目標に来た通り抜けの観光客だ。
 室堂に宿泊した人の中で最も多かったのは,
スキーヤー(ボーダーも含めて)で,8〜9割がそれだ。次ぎに多いのが,写真を撮るために来た人たちで,私たちのように「歩く」ために来た人はほんの僅かしかいない。

 三脚を構え,シャッターチャンスを待つカメラマン

 ボードをザックに縛り付け,スノーシューを履いて登ってくる若者のグループ。このようなグループが何組もいた。


 一ノ越が近づくと,斜面のトラバースではなくなり,歩きやすくなるが,勾配はきつくなる。


 一ノ越はスキーヤーで混雑していた。ここは,風の通り道なのか,さすがに風が強い。

 
一ノ越山荘の陰に入って風を除け,しばらく休憩した。

    一ノ越からは,表銀座から槍穂高,水晶岳,笠ヶ岳まで見える。

  槍ヶ岳が天を突き,その右に穂高連峰が連なる。


 
笠ヶ岳のピラミッドが真っ白に輝いている。


 龍王岳の岩峰が直ぐ近くだ。でも,あそこまで行くには,もう少しレベルアップしなければならない。

 寒くなってきたので下山することにした。目の下に室堂平が広がっている。


 
室堂山荘前まで降りてきて昼食にした。山荘裏の雪の上に腰を下ろし,雄大な立山をおかずにして,大満足なひとときだった。

 室堂ターミナルまで戻り「雪の大谷を歩いた。今年は,壁の最高は昨年より2m低く15mだった。

 「雪の大谷ウォーク」の最後まで行き,雪の上に上がると,劔岳の姿がよく見える。岩には雪が付きにくいのか,真っ黒な姿だ。


 ターミナルに戻って一休みしてから宿に向かった。
 先ほどから気になっていたのだが,あるグループがさかんに雪を積み上げていた。何をするのかと思っていたら,
ジャンプ台を作っているのだった。雪の楽しみ方は色々あるから,それもまた良いのだろうが,昨年ここで聞いたある話が気になった。


 ライチョウにとって迷惑なのは,長時間に渡って側を離れないカメラマンと,巣ごもりした近くにジャンプ台を作り一日中騒いでいるスキーヤーなのだそうだ。短時間ならば問題ないのだが,長時間に渡るとストレスが溜まり,抱卵を放棄してしまうのだ。



      シュプールは,光の角度の関係で面白い模様に見える。

 そのまま宿に戻り,温泉→ビールと,いつものコースを辿った。
 
夕食で同席になったご夫婦と意気投合し,しばらく話し込んでしまった。食堂の後片付けの邪魔になるので,談話室に行こうとしたら,そこは満員。しかたなく,玄関のベンチに腰を下ろし,2次会を開催,すっかりごちそうになってしまった。 栃木県のほうにも来ることがあるというので,また会えるかな?

4月19日(日)
 今日は最終日。昨日に続いて天気は上々だ。お昼くらいまで,何処かで遊んでから帰りたかったのだが,途中の混雑を考えて,そのまま帰ることにした。
 
昨日の朝と比べて,シュプールの数が遙かに多い。昨日一日でそれだけの人が滑ったのだ。

 みくりが池温泉の後に見える劔岳も,もう少しで見納めだ。

 室堂ターミナル9:00発のトロリーバスに乗り,順調に乗り継いで黒部ダムまでやってきた。すれ違いで登っていくバスは超満員で,乗り場には,長い行列ができていた。今日は,私たちが登っていった金曜日より混雑がひどいようだ。

 
ダムサイトの上から下流方向を見ると,正面に雪を被った山が見えた。帰ってから調べたら,白馬岳と白馬鑓ヶ岳だった。



 2日前にここを通ったときには氷が浮いていた湖面には,もう何も浮かんでいない。二日の間に雪解けがかなり進んだ。
 正面奥に
赤牛岳がはっきりと見える。

 11時には扇沢に着いた。帰路の高速道の混雑が気になるので,少しでも早く帰ろうと,いつも入る温泉をパスして車を進めた。
 
大町から麻績ICを目指し,新引沢に沿って登っていくと,トンネルがあるが,ここから見る景色は特筆に値する。トンネル前の駐車スペースに車を停めて,景色を眺めた。
 左端の
岩小屋沢岳から爺ヶ岳,鹿島槍ヶ岳,五龍岳,唐松岳まで,後立山連峰の中心部が見える。

 この山行は,好天に恵まれ,大満足の3日間だった。「山行」と言うには多少の物足りなさが残る気もするが,雄大な雪景色と,素晴らしい温泉おいしい料理とお酒に心も体も癒された。

ページトップへ