水 晶 岳 ・ 雲 ノ 平

期日 2009年(平成21年) 7月21日(月)〜25日(土)
 

第2日 7月22日(水) 太郎平小屋〜黒部五郎小舎



第1日 7月21日(火) 出発〜太郎平小屋
第3日 7月23日(木) 黒部五郎小舎〜水晶小屋
第4日 7月24日(金) 水晶小屋〜太郎平小屋
第5日 7月25日(土) 太郎平小屋〜折立

○ 第2日 7月22日(水)

コース・タイム (休憩を含んで)

 太郎平小屋(6:45) → 北ノ俣岳(9:00-10) → 赤木岳(10:05) → 中俣乗越(10:35) →
                  → 五郎小舎分岐(12:40) → 黒部五郎岳山頂(12:55-13:10) → 黒部五郎小舎(15:40)
 


 一晩中降った雨も明け方には弱くなり,明るくなる頃には上がった。予定通り,黒部五郎小舎まで行くことにした。
 朝食の時刻は
5時30分,下界では早い時間だが,山小屋としては遅い方だ。
              お茶200円,お湯100円,飲用水は無料。


 6時45分出発。山の上部には雲がかかっているが,すぐに雨が降ってくるような空模様ではない。

 きれいな公衆トイレができている。(チップ制トイレ)


 コバイケイソウ 

  少し登ったところから,太郎平小屋を振り返る。
      太郎山頂 ガスさえなければ見晴らしは良いところだ。

   北ノ俣岳に向かう。木道が良く整備されている。                            ヨツバシオガマ 透明感のある色がきれいだ。

  麓では綿毛になっていたチングルマもここでは満開だ。


        ムシトリスミレ 丸まった葉に粘液がある。

 アオノツガザクラ 今回の山行では大変に多く目にした花だ。


              イワカガミも多かった。

 ハイマツの真っ赤な雄花がきれいだ。


            これはツガザクラ

 ハクサンイチゲは太い茎でたくましい。


        北ノ俣岳の頂上が見えた。

 ショウジョウバカマは雪解け直後に咲く

      ハクサンイチゲの大群落。これほどの大群落を見たのは初めてだ。


 北ノ俣岳とハクサンイチゲ

  キバナシャクナゲは背丈も低い。                               これはハクサンシャクナゲ

  北ノ俣岳山頂標識の柱 文字は読めない。
          黒部五郎岳を目指して先に進む。


                     赤木岳

 目指す黒部五郎岳には時折ガスが通り過ぎる。



           ミヤマダイコンソウ


 振り返ると,昨年登った薬師岳と,明日目指す予定の水晶岳が望めた。

 中俣乗越の向こうに黒部五郎岳

        タテヤマリンドウ


 中俣乗越から少し登ったところにライチョウがいた。 (左:雄 右:雌)


 お腹がすいたので,弁当を半分食べた。 竹の皮に包まれた押し寿司で,酢飯がとても美味しかった。


              まだ山頂は遠い。


 山頂が少しずつ近づいてきた。


          名前の由来ともなったゴーロを登る。 


   コケモモの花は小さいがとても清楚だ。



 振り返ると歩いてきた道が見える。

 小屋への分岐 ここに荷物をデポして山頂に向かう。

      山頂への道は,今までより歩きやすい。

 ミネズオウ


      キバナシャクナゲ

 ツガザクラ


 黒部五郎岳山頂。奥の山は赤牛岳  南方向はガスに覆われ,展望はない。 残念ながら槍ヶ岳も見えない。 水晶岳にもガスがかかっている。

 カールに向かって降りていく道が見える。


 遠くの雲の平には,雲の平山荘が見える。


 分岐まで降りると,昨日夕食で一緒になった女性3人パーティが休んでいた。私たちも一休みして出発しようとしたら,3人のうちの1人が山頂へ行かずこのまま小屋に向かいたいと言うので,小屋まで一緒に行くことにした。残りの2人の女性は山頂をピストンしてから小屋に向かうという。

 カールに向かう道の両側はお花畑だ。たくさんの花が競演している中を,ジグザグにカール内側の急な斜面を下った。
 急な斜面を下り終えると,あとは大きな石のごろごろした緩斜面だ。


 大きな石がごろごろしているところは,かつて氷河の末端だった場所だ。

  ベニバナイチゴ


 エンレイソウ                                  イワイチョウの花は,花びらの縁のフリルがかわいい。


 水晶岳にかかっていたガスが晴れ,山頂が姿を現した。

           シナノキンバイと三俣蓮華岳

 コヨウラクツツジは花の形がかわいい。

            ナナカマドも花を咲かせていた。

 麓では実になっていたタケシマランもここでは花が咲いていた。



  今日のゴールの黒部五郎小舎が近づいた。
  山頂からは近くに見えた黒部五郎小舎だが,意外と時間がかかった。



 黒部五郎小舎も混雑はなく,布団1人1枚で,ゆったりだった。 早速外のベンチで乾杯。ちぃにぃさんご推奨クラシックがあったと思ったら,これはキリンのクラシック。ちぃにぃさんご推薦はサッポロのクラシックでしたね。残念!
 夕食。 天ぷらが美味しかった。途中で一緒になった3人の女性パーティーから,お酒を差し入れてもらった。とても幸せ!


 この小舎は,夕食,朝食とも4時30分。夕食後の時間が長い。

 外に出てみた。小舎の周囲にはコバイケイソウが満開だった。とても素晴らしい光景だったが,小屋の人の話ではこれでもまだ「中くらい」の美しさだそうだ。

 笠ヶ岳から抜戸岳への稜線が姿を現し始めた。


 明日の天気は良さそうなので,予定通り水晶小屋を目指すことにして布団に入った。

ページトップへ