鳥 海 山

期日 2009年(平成21年) 8月17日(月)〜18日(火)
 


コース・タイム
 8月17日(月)
   宇都宮(3:30) ⇒ 宇都宮IC ⇒ 酒田みなとIC ⇒ 鉾立登山口駐車場(8:30)
     鉾立(9:10) → 御浜小屋(11:05-30) → 七五三掛(12:25-35) → 御室小屋(14:25 泊)
 8月18日(火)
     御室小屋(4:00) → 新山山頂(4:30-5:15) → 御室小屋(5:30)
     御室小屋(6:35) → 七五三掛(8:20-30) → 御浜小屋(9:10-30) → 鉾立(11:00)
   鉾立(11:20) ⇒ 吹浦湯楽里(入浴) ⇒ 月山八合目P(14:45) 
     月山八合目P(15:05) → 御田原参篭所(15:20 泊)

同行者
   キクさん

 お盆休み明けの天気予報が良い。とこかに行きたいとキクさんにメールしたら,鳥海山に行こうという。なかなか梅雨が明けなかった東北地方の天気予報も良い。早速,キクさんにプランを考えてもらった。東北の山はとにかく「遠い」せっかく行くのだから,2泊して鳥海山月山に登ろうと言うことになった。
 高速道の深夜割引が使えるよう,
午前4時前に東北高速道に入った。今日は8月17日の月曜日。お盆休みのUターン渋滞は終わったはずなのに,矢板IC付近では上り線が渋滞していた。渋滞を避けて時間をずらしたのだろうが,同じように考える人は少なくなかったようだ。
 天気予報は良かったはずなのだが,予報とは裏腹に,北に走るほど天気が悪くなった。
山形道に入ったら雨も降ってきた。山腹はガスに覆われている。日本海が近づいてきてやっと日がさしてきた。酒田みなとICで高速を降り,吹浦から鳥海ブルーラインに入った。
 
鉾立の駐車場にはたくさんの車が停まっていた。これだけの人が鳥海山に入っているのだ。やはり,鳥海山はただ者ではない。
 登山口にある案内図 ここ鉾立が五合目七合目の御浜まで4km。そこから頂上まで更に4km。標高差は1000mだが,距離が8kmと長い


 登山計画書を提出して,いよいよスタート。

 展望台までの道は舗装道路。でも傾斜があり,スローペースで登る。


 展望台からは遙かに山頂が望める。中央の最も高く見えるところが山頂

 このコースは実に良く整備されている。石畳道が多く,昔から多くの人の手で整備されてきたことが分かる。これは信仰心によるものに他ならない。


 ニッコウキスゲの咲く,明るい緩斜面を登る。

 強い陽射しが照りつける石畳道をひたすら進む。


       御浜(おはま)小屋は山頂までの中間点。

 御浜小屋の前からは鳥海湖(鳥の海)が見下ろせる。時々ガスが湧いてきて視界を隠すようになる。



 この山には,ハクサンシャジンがたくさん見られた。


 ここで,コンビニで買ってきたおむすびを1個食べた。一日の行程が長い場合などは,昼食を一度に食べずに,2〜3回に分けて食べるようにしている。この方が体には良いようだ。

 ここで25分ほど休み,山頂を目指して出発した。

 山頂が望めたが,なかなか近づかない。



 八丁坂は石畳の坂道だ。ルートがずっと先まで見通せる。

 この山には,数種類のアザミが生育している。これはウゴアザミ(羽後薊)
 これはエゾオヤマリンドウ  茎の先端にだけ花が付く



 トウウチソウは花びらが無く,白い雄しべが長く突きだし,先端の赤い葯が目立つ


    ハクサンフウロ



七五三掛(シメカケ)からは山頂が望める。



 ここから千蛇谷コースを登ることにした。 千蛇谷コースへは,外輪山コースを少し登ってから分かれる。
 チョウカイフスマ鳥海山の固有種。北アルプスで言えばイワツメクサのあるような岩場に咲いている。


 千蛇谷にはまだ雪渓が残っていた。



 イワブクロは,東北や北海道に多い。フカフカの毛が暖かそうだ。

 花弁の内側に毛がないから,これはイワキキョウ


 標準タイム通り約2時間で御室小屋に着いた。

 夕食



 この小屋は食事が質素だと言うことは聞いていたので,驚きはしなかった。それなりに十分に空腹を満たしてくれた。それよりも重大だったのは,缶ビール350mlがなんと700円だった。これは私にとっては食事よりも重大だった。
 この小屋の定員は150人とか200人とか言われているが,
この日の宿泊者は50人弱。かなり緩やかだったが,私たちには,2階のコーナーで3畳ほどの空間に4人が割り当てられた。窮屈さは我慢できたが,1人に毛布2枚が与えられただけで,布団等は全くない。さすがに夜中に寒くなり,持って行ったフリースを着込んだ。

 日の出の時刻は4時45分と掲示板にあったので,午前4時に新山の山頂に向けて登り始めることにした。小屋の前で準備していると,「影鳥海を見るのにはどこに行ったらいいのですか」と,夫婦連れに声を掛けられた。「やはり山頂でしょう」と答えて一足先に登り始めた。
 
小屋から新山の山頂までは白ペンキで矢印が書かれており,それを辿って行けばいいのだが,暗い中でヘッドランプの光だけで矢印を見つけるのは簡単ではなかった。時間を掛けて慎重に登った。
 4時30分過ぎに
山頂に到着した。間もなく,先ほどの御夫婦も到着し,他に1人の5人で日の出を待った。新山の山頂は5人だが,その他多くの人が,外輪山の峰など様々な場所で日の出を待っていた。
 空には三日月(二十七日月)と金星が並んで見えた。これほど接近して見えるのは珍しいことだ。


 午前5時ころ,太陽が姿を現した。日の出は,単なる自然現象の一つに過ぎないのだが,やはり感動する。


 実は,日の出以上に期待していたのが「影鳥海」だ。

 「影鳥海」は,完全なものが見えるのは年に1〜2回と言うくらい珍しい現象なのだ。鳥海山に陽が当たりその影が,日本海の上に映される現象で,鳥海山より東側が晴れており,日本海側には雲海やガスがある状態でないとこの現象は見られない。
 この日は,東側にも薄雲があり,日本海上にも雲海はないという,あまり恵まれた状況ではなかったが,日本海側の靄に中にはっきりと「影鳥海」を見ることができた。
 雲海の向こうに,今日,下山後に向かう月山の姿が浮かんでいた。
 山頂から小屋に戻る間にも「影鳥海」は見えていた。


 
朝食も,夕食と同じく質素だったが,生卵が付いていた。

 鳥海山頂の「大物忌神社


 小屋前の岩に張り付いたチョウカイフスマ


 今日は,下山後に月山の登山口まで移動すればいいので,ゆっくりと出発した。
 下りは,外輪山コースを廻ることにした。外輪山内側のお花畑には,
コガネギク(ミヤマアキノキリンソウ)の群落があった。



 七高山方向に進み,少し登ると小屋全景が見渡せる。左端の最も新しいのがトイレだ。海岸線が意外と近くに見えるのに驚いた。


 稜線に出ると視界が開ける。雲海の向こうに月山

 ホソバイワベンケイ(実)


 鳥海山のアザミの中で,この山の固有種チョウカイアザミ


 これはオクキタアザミの群落

                                                 ハクサンシャジン


 ウゴアザミ


 ナナカマドの実が色づき始めた。


 ミヤマハンノキ

 ミヤマダイモンジソウ
 ミヤマダイモンジソウでは「大」の字がやや崩れている。


 ヤマハハコ

 ハイマツの中を進む


 ウメバチソウ


 今日は,鳥の海がすっきりと見える。


 御浜小屋のトイレ 最近,どこのトイレも立派になった。

 御浜から少し下ると鉾立の駐車場が見える。まだまだ遠い。


 コバギボウシ

        ヨツバヒヨドリ

 11時に鉾立の駐車場に降り立った。
 好天に恵まれ,「花の山・信仰の山 鳥海山」を十分に楽しむことができた。特に,「影鳥海」を見ることができたのは幸運だった。

 
大平山荘で入浴しようとしたのだが,あいにく清掃中のため,吹浦の湯楽里まで行って汗を流し,月山に向かった。

ページトップへ