秋の尾瀬
期日 2009年(平成21年) 10月10日(土)〜11日(日)


コース・タイム

10月10日(土)

 宇都宮(5:00) ⇒ 御池P(7:45)

  御池P(8:00) ⇒ (シャトルバス) ⇒ 沼山峠(8:20)

   8:30      9:50-10:15   11:15-55     13:50
   沼山峠→(1:05)→長蔵小屋→(1:00)→沼尻→(1:30)→見晴し(檜枝岐小屋)

10月11日(日)
    7:25          8:00-10     10:10-35     11:35-45    12:30
   見晴し(檜枝岐小屋)→(30)→赤田代→(1:30)→裏燧大橋→(1:00)→横田代→(40)→御池P

 御池 ⇒ 燧の湯 ⇒ 宇都宮 (今市・小佐越付近から渋滞30分)


メンバー

  キクさん,Tさん,チコ,私

 昨年も晩秋の尾瀬を訪れた。昨年は10月18-19日だったので,文字通り晩秋だったが,今年は昨年より1週間早いので,混雑も多少は覚悟して出かけた。
10月10日(土)
 朝が早かったこともあって,
御池駐車場まで行くことができたが,御池駐車場が満車になると,途中の七入駐車場に停めさせられ,そこからシャトルバスになる。
 地面は濡れているが,
青空が広がり,爽やかな良い天気だ。これからの山歩きに期待が深まる。
 8:00発のバスに乗ることができた。沼山峠では,同じバスに乗ってきた人を先に行かせ,最後からゆっくりとスタートした。


 バス停から峠まで少し登りになる。木道階段が整備され,歩きやすいが,意外と滑りやすい。
 マイヅルソウが,透き通るような赤色の実を付けている。この時期は,色々な植物の実が観察でき,面白い。


 ゴゼンタチバナの実は不透明な朱色。

 シラタマノキは文字通り白い球形で,指で潰すとメントールの匂いがする。

 大江湿原の草紅葉

            ダケカンバは落葉し始まった。

 大江湿原のシンボルツリー

 長蔵小屋の売店前のベンチで休憩した。隣にある公衆トイレの壁面に取り付けてあるライブカメラが,毎時11分に撮影した画像をネットに載せているので,それに写ろうと,11分まで居て,沼尻に向かった。ビジターセンター前に設置してある望遠鏡を覗いたら,燧ヶ岳山頂の登山者が見えた。その山頂もガスに隠れ勝ちなってきた。私たちの上空にも雲も広がり始め,陽射しが遮られるようになってきた。
 
浅海(アザミ)湿原からは燧ヶ岳の山頂が望める。

 
木道が新しく整備されている。間伐材を使用しているのか,角材を4本並べた構造だ。取り外した古い角材が,まとめられ,ヘリでつり上げるためにワイヤーがかけられている。


 沼尻(ヌジリ)の休憩所で,少し早いが昼食にした。気温が低く,じっとしていると寒い。

 沼尻から少し歩くと
白砂田代だ。大きな池塘がある。池塘に映った紅葉がきれいだ。ここから白砂乗越まで少し登る。

 黄色に色づいた黄葉

 ナナカマドの実が,黒く熟していた。「熟した実は食べられる」と聞いていたので,口に入れてみた。美味しいと言うほどのものではないが,食べられないことはない。

 これは赤く色づいた紅葉

 ツリバナは,実がつり下がった姿が面白い。

 見晴(下田代)には数軒の山小屋が集中している。

 今日宿泊する
檜枝岐小屋は,原に向かって左側の,手前から3軒目だ。昨年宿泊して,部屋や寝具がきれいだったこと,食事が美味しかったことなどから,今年もここにお世話になることにした。
 まだ時間があるので,部屋に荷物を置いた後,散歩にでも出かけようとしたのだが,
雨が降ってきたので止めた。天気予報では,午後にわか雨と言っていたのだが,かなりしっかりと降ってきた。
 出かけないとなると,することはひとつ。早速飲み始めた。今回は,ペットボトルに
焼酎を詰めて持ってきたので,お湯割りにして飲んだ。荷物が多少重くなるのが欠点だが,これは経済的だ。
 
雨は,強くなったり弱くなったりしながら,翌朝まで続いた。

 これが夕食のメニュー 宿泊客が多かったせいか,昨年よりチョット質素?
 部屋は,予約の時に「相部屋になるかもしれません」と言われていたが,6畳間に4人と言うことで,十分快適に過ごせた。



10月11日(日)
 昨夜から降っているは,なかなか止まない。朝食後もしばらく様子を見ていたのだが,仕方なく,雨具を付けて出発した。

 草紅葉もまだまだきれいだし,周囲の樹林の紅葉もきれいだ。

 雨が止み日が差しだした。ダケカンバ


  温泉小屋


 やはり,紅葉は,陽が当たるときれいだ。


 至仏山に架かっていた雲が取れたら,頂上付近が雪で白くなっていた。山の上はもう冬なのだ。今朝早く小屋を出て行ったツアーの人たちは,至仏山に登る予定だと聞いたが,安全に登れるのだろうか。


  木道の上には落ち葉が敷き詰められている。きれいなのだが,これが木道を滑りやすくしている一因だ。
 赤田代の休憩所で一休みして出発した。雨も上がったようなので,雨具を脱いだのだが,また途中で降られ,雨具を着けた。
 今日は,三条の滝はパスして右側へ。段吉新道を通って御池に向かった。


 この「裏燧林道」(「燧裏林道」とも言う)は森林の美しい道だ。木道の痛みが激しく,歩きにくいが,これが返って「昔の尾瀬」を思い出させてくれる。

 シボ沢に架かる吊り橋は「裏燧橋」という。ここで軽く食べて先に進んだ。雨は依然として降ったり止んだりで,雨具を着たり脱いだ等が大変だった。


  ウリハダカエデの黄色が目立った。

 横田代では木道が新しくなっていた。

 ガスが出てきた。幻想的な姿だ。


 これはコマユミだ。マユミより全体的に小型だ。

 昨年とほぼ同じ時刻に御池駐車場に着いた。

 今回の尾瀬は,天候が不安定で,雨に降られたこともあり,濡れた木道に苦労した。初日は,日当たりの良いところでは木道も乾いていたのだが,日陰では濡れて滑りやすく,何度かヒヤリとした。
 そんなこともあり,小屋で「
滑り止め」を売っていたので購入して使ってみた。小屋の御主人は「過信は禁物だよ」と言っていたが,かなり効いた。靴にかぶせるゴム製のもので,金属のスパイクが埋め込んであるものだ。木道を痛めてしまうのではないかと気になったが,滑り止めの効果はかなりあった。歩き方の問題もあるのだが,私のものだけ,埋め込んであるスパイクが2個取れてしまった。まあ,その程度のものなのかも知れない。
 秋の尾瀬は,
2005年,2006年,2008年,2009年と4回目なのだが,何度来ても良い。今年は,雨のために尾瀬ヶ原の夜明けを体験できなかったから,また来年来たくなった。

ページトップへ