三 岩 岳

期日 2009年(平成21年) 10月18日(日)
 


コース・タイム
   宇都宮(4:20) ⇒ 窓明の湯P(6:20)
      窓明けの湯P(6:45) → 黒檜沢(7:15) → 旧道分岐(8:40-50) → 避難小屋(10:30-35) → 山頂(11:30)
      山頂(11:50) → 避難小屋(12:25) → 旧道分岐(13:30-35) → 黒檜沢(14:25) → 窓明けの湯P(14:45)
   窓明けの湯(入浴) ⇒ 高原開拓経由 ⇒ 宇都宮

同行者
   単独

 会津駒ヶ岳の北方にある三岩岳(ミツイワダケ)は,花の山として知る人ぞ知る山だ。その存在は知っていたのだが,登るのに4時間以上もかかるというので,今まで足が向かないでいた。最近になって,来年の花の時期には登ろうと考えるようになった。
 今回,登ろうと思ったきっかけは,先週,御池から尾瀬に入るために,この登山口を車で通りかかり,三岩岳に登ろうとして準備していた何組かのグループを見たときだ。
これだけの登山者がいるのならば,単独行でも問題ないだろうと思った。先々週の女峰山のように,あまりに寂しい単独行はストレスがかかりすぎる。
 
三岩岳は,簡単に登れる山ではない。標高差1260m,片道距離6.0km,標準タイムは登り4時間10分,下り2時間40分となっている。この標準タイムは,現地の案内板に書かれていたものだが,私のようにユルユル登山者にはかなり厳しい数字だ。
 宇都宮の自宅を4時少し過ぎに出,コンビニで昼食を仕入れて登山口に向かった。尾瀬の紅葉のピークは終わったのか,尾瀬に向かうと思われる車は意外と少ない。そんなわけで2時間ほどで登山口に着いた。
 
駐車場は,小豆温泉窓明の湯に入る入口の左側にある。未舗装の空き地で,かなりの台数が停められるが,あくまで「駐車スペース」なので,トイレなどはない。私が到着したときには,他には車はなかった。
 準備をしているときに,中年の男性が一人,登山口から登っていったが,この人の車はここにはなかった。どこか他の場所に駐車したらしい。
 登山道は,まず,この斜面を登ってスノーシェッドの屋根の上に登るところから始まる。

 この鉄製の階段が登山口


 沢に沿って少し登ると,
きれいな滝が現れる。地図には載っていない。

 30分ほど登ると,コンクリートの跳び石を渡って対岸に渡る。増水時に使用するのか丸太が1本渡してあった。
 更に少し登ると,左前方に稜線が見えた。避難小屋から山頂に続く稜線だ。三岩らしい大きな岩も見える。あそこまで行かなければならないが,まだまだ遠い。

 下の方のブナはまだ緑色だ。


 ダケカンバは紅葉真っ盛り


 ブナ林は陽光が差し込み明るい


 登山道は明るく気持ちいい。


 稜線が近づいてきた。三岩も見える。


 青空に鮮やかな朱色が冴える


 旧道との合流点。この辺りをブナ平と言うらしい。
 大きな樹がまばらになった斜面を,落ち葉を踏んで登るのは気持ちいい。

 すっかり葉を落としたダケカンバがそびえ立っていた。ここまで登ってくると傾斜も緩くなり,ホッとする。
 小さな湿原が現れた。花の時期には多くの花が見られるのだろうが,この時期には草紅葉が見られるだけだ。

 三岩避難小屋はログハウス風のしっかりした建物だ。
 避難小屋の前に水場がある。湧水量は少ないが,冷たくて美味しい水だ。

 山頂へ向かう道にも小さな湿原がいくつかある。

 後方に窓明山(マドアケヤマ)が見える。この稜線には湿原が点在し,開花時にはお花畑になるらしい。

 笹原を少し進むと,登山道の左に大きな岩が現れる。これが,稜線を見上げたときに見えた岩だ。
 笹原の左前方にも大きな岩が見えた。これが「三岩」と言われるものらしい。「らしい」というのは,見た限り現場には何の表示も無かったから,想像するしかないのだ。

 三岩から右に折れて山頂へ向かい,少し登ると日光連山が見えてきた。

 山頂はブッシュに囲まれた小さなスペースだ。南方向に展望があるだけで,見晴らしは悪い。
 落ちていたプレートを持って記念撮影



 頂上にいる間に雲が広がり始め,陽射しが遮られる時間が多くなった。帰路も長いので,早々に山頂を後にした。 

 今日のこの山の登山者は私の他に7人だった。私が出発する前に登りだした男性1人,途中で追い越していったダブルストックの男性1人,山頂で出会った女性1人3人連れのグループ,下るときにすれ違って登っていった男性1人

 
この時期では花に会うことは少ないが,代わりに,色々な実や,色づいた葉に会うことができる。
 ゴゼンタチバナ(左)        マイヅルソウ(中)         ツバメオモト(右)

 オオカメノキ(左)     カエデ(中,右) の葉は,黄色になったものと赤くなったものがある。


 ミズナラ(左)          オオカメノキ(中,右)


 サラサドウダン(左)       イワカガミ(中,右)


 ナナカマドは時にはこのように真っ赤になる。

 途中から,空模様はますます怪しくなり,風が出てきた。風の中に,小さな雨粒も混じるようになり,空模様は確実に悪化してきた。本格的な雨になる前に下山しようと,先を急いだ。
 駐車場に降りてきたときには,車のボンネットには雨粒が溜まっていた。身支度を解いている内に雨脚は強くなってきた。滑り込みセーフという感じだった。

 窓明けの湯で汗を流し,帰途に就いた。先週,鬼怒川温泉の先で渋滞にあったので,川治温泉から高原開拓を抜けて玉生に出て帰った。
 三岩岳は,派手な山ではないが,なかなかいい山だ。やはり,彩りを添える高山植物が開花している時期がベストだろう。トレーニングのために登ってきたという女性にも会ったが,登山者が少ないためマイペースで登れるから,トレーニングにはもってこいの山かもしれない。
 それにしても,登りながら見た紅葉は,
見事な美しさだった。この紅葉を見るために,途中まで登るのも良いだろう。

ページトップへ