閉じる
大 小 山

2010年(平成22年) 2月20日(土)

コース・タイム
 宇都宮 ⇒ 道の駅田沼(集合) ⇒ 阿夫利神社P(車2台デポ) ⇒ 大山祇神社P
  大山祇神社P(9:40) → 大坊山(10:15-30 → 緊急番屋(昼食11:30-12:30) → 大小山(妙義山)(14:00-05) → 展望台(14:15-30) → 阿夫利神社P(14:50)
 阿夫利神社P ⇒ 大山祇神社P ⇒ 佐野やすらぎの湯(入浴) ⇒ 宇都宮

同行者
 上戸小ハイキング同好会

 諸事情のために中断していた元同僚とのハイキングが,3年半ぶりに復活した。 真冬のこの時期は,日光などの高い山は雪に覆われ,のんびりハイキングには向かない。そこで, 「のんびり陽だまりハイキング」のできる,足利の 大小山に行くことにした。
 大小山そのものは1時間もかからないで登ってしまうので,今回は, 大坊山 から尾根伝いに歩くことにした。 このコースは,尾根伝いに小さな上り下りを繰り返しながら歩く変化に富んだコースで,人気のあるコースだ。縦走と言っても, 距離5km弱,累積高度500m弱 だから,楽しみながら歩くのにはちょうど良い。
下山口の阿夫利神社に車を2台デポして, 大坊山の登山口に向かった。 大坊山の登山口にある 大山祇神社 には30台ほどが停められる大きな駐車スペースがある。
 今回のメンバー9人


 大山祇神社 は,大きな石造りの鳥居がある大きな神社だ。神社にはトイレがあるが, ブースは1つしかないので,できれば途中で済ませてくる方が良いだろう。


 木製階段などで整備された急な斜面をひと上りすると,ベンチ のある開けた尾根に出る。ここから先は気持ちの良い尾根歩きだ。


 暖かな陽射しを受けて,緩斜面をゆっくりと登る。



 大坊山には,かつて 大山祇神社奥社 の大きな社殿があり,参拝する信者で賑わっていた。参道の両側に,当時を忍ばせる 大きな石灯籠がある。


 大坊山の山頂はかなり広い平地だ。ここには 社殿の跡と思われる大きな土台が残っている。 社務所跡と思われる土台も残っている。

 ここからは,条件が良ければ富士山も見ることができる。真っ白な山を見つけ,「 富士山だ!」といって喜んだのだが,それは, 浅間山 だった。見える方角が異なるが,ほぼ同じ様な大きさで同じ様な形で見える。  霞が濃く,明瞭ではないので,この写真は画像処理ソフトでコントラストを上げてある。

 更に,目を右に移していくと,いくつものピークが連なった 赤城山が見える。  この写真もコントラストを上げてある。

 こんな尾根 をのんびりと歩いていると,真冬だと言うことを忘れてしまう。

 尾根道には,岩の露出したところ もあり,変化があって楽しい。


 眼下にゴルフ場が見える。「 オリムピックスタッフ足利GC 」というゴルフ場だ。プレイをしている人が蟻のように見える。 このような俯角の視野は,殆ど飛行機からの視野に近い。


 北関東道路の工事が急ピッチで進められている。 トンネルの入口が見えるが,これは 大岩トンネルの入口だ。手前の大きな建物は 足利市立北中学校

 眼下には大きな砕石工場と採石痕 が口を開けている。この山の岩石は珪石(チャート) が主で,石灰岩 の層も混じっているという。主に建設骨材 として販売されている。

 崖の上のピークから少し下ったところに 緊急番屋 」と看板の掛かった休憩所ができていた。 3年前に来たときには,整地はされていたが,建物などは建っていなかった。
 この「緊急番屋 」は,この付近の山の所有者のSさん という個人が,ハイカーの役に立つようにと考えて作った物だという。ちょうどSさんに会うことができた。 Sさんの話しによれば, Sさんが大坊山で心筋梗塞で倒れたとき,通りかかったハイカーのおかげでヘリで救出され, 一命をとりとめた。このことをきっかけとして,恩返しの意味もあってこの休憩所を作ったのだという。 私有地なので一般車は入れないが,緊急時には車が入ることもできる。


 暖かな縁側で,楽しく昼食タイム


 北方向を見ると,日光連山が見える。 男体山も,宇都宮の方からいつも見ている姿とは違って見える。

 ゆっくりと昼食をとり,大小山に向かってスタートした。
 私が勝手に名付けた 大小山キレット は,痩せた岩尾根を渡る,面白いポイントだ。

  危険を感じるほどではないが,高度感 もあり爽快だ。 ピースする余裕もある。








 少し進むと,右手の隣の稜線に出発点の駐車場 が見えたる。あそこからグルッと逆U字型に歩いてきたのだ。


 最後の斜面を登ると大小山の山頂だ

 地形図に「大小山 」と書かれている313.6mの三角点ピーク には,「妙義山」の標識がある。「 大小山」と表示のあるのは,もう少し南の小ピーク。


 小ピークから鉄製の階段を下ると,四阿のある展望台だ。頭上には大きな 「大小」の看板がある。

 霞が少し薄くなり,高層ビル群が見えるようになってきた。新宿副都心 のビル群かと思ったが,ビルの形などから,「さいたま新都心」 のビル群のようだ。


 東方には,佐野市と三毳山 ,そして遠くに筑波山の姿も見えた。 


 岩舟山は,削り取られた山肌が痛々しい。


 ここでも北関東道路 の建設は進んでいる。トンネルは唐沢山を通過するトンネル で,トンネルを出ると直ぐに東北道 に合流する。この区間は,この4月17日午後3時に開通する。


 帰路,「佐野やすらぎの湯 」に寄って汗を流した。この温泉は,馬頭の南平台温泉 から湯を運んでいる天然温泉 で,大きな施設で設備も良い。
 久しぶりに懐かしい人たちと一緒に歩けて嬉しかった。 このハイキングは,これからもできるだけ続けていきたい。

 ページトップへ