会津駒ヶ岳・中門岳

期日 2010年(平成22年) 7月28日(水)
 


コース・タイム
   宇都宮(3:00) ⇒ 登山口P(5:20)
    登山口(5:55) → 水場(7:30) → 駒の小屋(9:05-20) → 中門大池(10:00-20) → 駒ヶ岳(11:00) →
                                → 駒の小屋(11:15) → 水場(12:30) → 登山口(14:00)
   登山口P(14:10) ⇒ 宇都宮(17:30)

同行者
   単独

 宇都宮地方は,梅雨明けと同時に猛暑がスタートし,例年にない暑さが続いている。さらに,ここ数日は昼過ぎから夕方・夜半にかけて雷雨がやってきている。
 初めの計画では,今頃は
飯豊山に登っているはずだったのだが,事情があって中止となり,何処かに行きたい気持ちが募ってきていた。テントを背負って尾瀬に行くことも考えた。今年は見晴の公衆便所が工事中で,それに伴って見晴のテント場は閉鎖となっている。仕方ないので,尾瀬沼のテント場にテントを張ろうと,テントサイトの予約もしたのだが,天候不安定と言うことで,これも中止。
 やっと,「
雷雨予報」の出ない日があったので,日帰りで会津駒ヶ岳に行くことにした。チコは体調の準備が整わず留守番となった。
 
平日と言うこともあり,登山者はそれほど多くはないと思っていたのだが,登山口について驚いた。登山口の駐車場には,私が到着した時点で,既に10台以上の車が停まっていた。殆どの車は無人で,既に出発していた。
 登山道は木製階段から始まる。作られてから時間が経ち,痛みも目立つようになってきた。階段の登り口に登山者数を調べるカウンターが付いていた。会津駒ヶ岳は,2007年8月30日,尾瀬地区が日光国立公園から分離独立した際に新たに国立公園に加えられた。

 登山道は,前夜の降雨のせいか,とても滑りやすい

 この登山道には,距離を示した標識が,約500mおきに立てられており,登山の目安になる。
 ここには国道までの道のりで示してあるが,国道から階段の登山口までは1.4kmなので,その分を差し引かなければならない。

 水場は,矢印の方向に急な斜面を3分ほど下る。水量は豊富で美味しい水だ。

 水場を過ぎると,少しずつ周囲が開けるが,その分直射日光が当たり暑い。

 急な斜面を登り切ると,見晴台に出る。高台の上に駒の小屋が見える。

 見晴台から先は,木道が設置されており,足を濡らすようなことはない。

 正面に,三角屋根の駒の小屋が見える。駒の小屋は,予約すれば宿泊ができる。簡単な寝具の貸し出しはあるが,食事の提供はない。

 駒の小屋で休憩を取り,駒ヶ岳山頂をパスして中門岳に向かった。駒ヶ岳山頂へは,帰路に余裕があったら寄ることにした。

 駒ヶ岳の南斜面にはコバイケイソウが群落を作っており,満開の花で迎えてくれた。

 駒ヶ岳山頂には登らずに巻道を通って,中門岳に向かった。

 会津駒ヶ岳は,ハクサンコザクラの群生で有名だが,2002年にそれを目当てに登ったときは,花期にはまだ早く,満開のハクサンコザクラには会えなかった。
 
ハクサンコザクラの群生にやっと会えて嬉しかったのだが,良く見ると痛みが激しい。花茎が折れているものが目立つ。昨夜,雷雨があったと言うから,でも降ったのだろうか。





 私は,駒ヶ岳から中門岳に至るこの稜線が大好きだ。残雪の残る時期も良いし,秋の紅葉の時期も素晴らしい。私が会津駒ヶ岳に登りたいのは,実はここに来たいからなのだ。

 ここにもコバイケイソウの群落があった。駒ヶ岳にあったものより規模が大きかった。

 池塘が点在している中をのんびりと歩いていると,ここが標高2000mを越えた場所だと言うことを忘れてしまう。




 ワタスゲは,今が自己主張をする絶好の季節だ。

 僅かな風にも身体を揺らすワタスゲは,とても可愛い。

 中門大池は,中門岳のシンボルだ。その証拠に,檜枝岐村が立てた「山頂標識」がある。「(この一帯を云う)」という但し書きも面白い。

  この標識は2002年に初めて見たときから傾いたままだ。 しばらく休憩し,来た道を戻った。

                     モウセンゴケも多い





          イワイチョウは花弁のフリルが可愛い

 これはモミジカラマツ


  ダイモンジソウはここでは珍しい
 往路ではパスしたのだが,時間にも余裕があるので,敬意を表しに駒ヶ岳の山頂に行ってみることにした。

 やはり,展望はなく,山頂標識だけを写真に撮った。山頂標識に「日本百名山」と書いてないことが,私的にはせめてもの救いだ。


 山頂から少し下ると,燧ヶ岳駒の小屋・駒の池が見渡せる場所がある。この場所からの見晴しは素晴らしい。山頂へ行かないとこの場所は通らない。

 チングルマは,大部分が花期が終わり,綿毛になっていた。「稚児車」という名前が付いたわけが納得できる。



 タテヤマリンドウ ミヤマリンドウより色が薄いのだが,中には色の濃いものもあり,正確な同定は難しい。
 イワハゼは,花が落ちると,赤い萼が伸びて赤い球形を作る。そのため,アカモノという別名がある。


 会津駒は,降るのも大変な山だ。それは,標高差だけでなく,距離があるからだ。今回は,足指が靴にあたって痛みが出たため,下りにも登りとほぼ同じ時間がかかってしまった。


 会津駒ヶ岳は,私の好きな山の一つだ。好きな理由は色々あるが,まず簡単に登れないことがいい。中門岳まで行くと,累積標高差±1110m,距離往復で15.0kmある。これははかなり覚悟してかからないといけない。コースに危険な場所はないのだが,体力・気力的に厳しい山だ。
 でも,頑張って稜線まで上がってしまえば,そこには
池塘や湿原が点在し,高山植物が咲き乱れる別天地なのだ。2006年に行った秋の会津駒が忘れられない。また今年も行きたくなった。

ページトップへ