白 馬 岳 その1
期日 2010年(平成22年) 8月22日(日)〜24日(火)
 その2へ


コース・タイム
 8月22日(日)
   宇都宮(5:00) ⇒ 栂池高原P(9:10)
   駐車場(8:30) → 栂池高原駅(9:40) ⇒(ゴンドラリフト)⇒ 栂の森駅(10:00) → 栂大門駅(10:10) ⇒(ロープウエイ)⇒ 自然園駅(10:16)
   登山口(10:40) →(1:20)→ 天狗原(12:40) →(1:20)→ 乗鞍岳(14:15-20) →(40)→ 白馬大池(大池山荘)(15:00)
 8月23日(月)
   大池山荘(6:45) →(2:00)→ 小蓮華山(9:30-50) →(30)→ 三国境(10:30-45) →(1:00)→ 白馬岳(12:00-20) →(10)→ 白馬山荘(12:45)
 8月24日(火)
   白馬山荘(6:15) →(15)→ 白馬岳(6:40-50) →(30)→ 三国境(7:25-35) →(40)→ 小蓮華山(8:30-35) →(1:30)→
              → 白馬大池(10:00-10) →(50)→ 乗鞍岳(11:05-10) →(40)→ 天狗原(12:10) →(1:00)→ 栂池山荘(13:20)
   自然園駅(14:00) ⇒ 栂大門駅 → 栂の森駅 ⇒ 栂池高原駅(14:40) → 駐車場 → 栂の湯(入浴14:40-15:30) → 駐車場
   栂池高原P(15:30) ⇒ 宇都宮(20:00)

同行者
   キクさん,Tさん,チコ,私

 今年の夏山は,メインと考えていた飯豊山が中止となり,月山には予定通り行けたのだが,何となく物足りなさを感じていた。キクさんと「もう一個所くらい行きたいね」と相談がまとまり,白馬岳に行くことになった。白馬岳は,前回の2007年後半大荒れの天気になり,景色など何も見えなかったので,リベンジの意味もあった。キクさんと私は,その前に行ったとき,美しい景色を堪能しているのだが,前回同行したチコは,山頂からの美しい眺めを経験していない。そこで今回は,チコとキクさん,それに幾度か一緒に歩いているT子さんにも声をかけ,4人のパーティーとなった。この時期は,大雪渓は雪解けが進み,歩きにくいだけでなく,危険も増しているので,大雪渓は通らず,栂池から白馬大池を通ってのピストンとした。
 第1日は,朝に宇都宮を車で発って栂池から白馬大池まで。大池山荘に泊まり,翌日,小蓮華山を通って白馬岳へ。この日は白馬山荘泊まりで,次の日に,大池経由で一気に栂池まで下り,帰宅することとした。

8月22日(日)
 宇都宮を5時に発って,栂池高原の駐車場に9時10分頃に着いた。日曜日なので,駐車場や,リフトの混雑を覚悟していたのだが,さすがに8月も後半となるとひどい混雑にはならない。リフト駅前の駐車場にも空きがあった。

 ゴンドラリフトは6人乗り。待ち時間は殆ど無しで乗ることができた。谷間からガスが湧いてきて,時々陽射しを遮った。

 リフトを降り,ロープウエイに乗り換える。10分間隔での運行と言うことで,ここでも待ち時間は殆どなし。

 自然園駅でロープウエイを降り,登山口のある栂池自然園へ向かう。ヤナギランが咲いていた。

 栂池自然園の入口には,栂池ヒュッテ,村営栂池山荘,ビジターセンター,そしてトイレがある。ちなみに,栂池自然園に入るには,入園料大人300円が必要。自然園のようなところで,入園料(入山料)を取るのは日本ではめずらしい。
 村営栂池山荘

              ビジターセンター

 ビジターセンターとトイレの間が登山道入口。登山カードをビジターセンターの受付に提出していよいよ出発。

 ツルニンジンは別名バアソブ(お婆さんのそばかす)

 エンレイソウの実はもう黒くなっていた。

 ベニバナイチゴ(と思う)の実は,なぜか黒っぽい。

 ミヤマアキノキリンソウは,今が盛り。

 天狗原の手前に水場がある。冷たくて美味しい水だ。

 オヤマリンドウ

                   ハクサンコザクラも咲き残っていた。

 高度が上がるにしたがって,チングルマを付けているものが出てきた。

 天狗原の休憩所から見上げる乗鞍岳にはガスがかかっていた。

 開花が早かったチングルマ綿毛になっていた。

 日射がないと花を開かないタテヤマリンドウが,花を開き始めた。

 オトギリソウ(イワオトギリ?)がきれいに咲いていた。

 天狗原から先は,岩のゴロゴロした急斜面の登りになる。

 ハクサンフウロ

                         モミジカラマツ

 小さな雪渓の向こうに乗鞍岳の頂上が見える。

                                    このコースでは,雪渓を横断する直前の登りが最も急だ。両手を使って登っていく

 雪渓はずいぶんと小さくなっていた。念のため軽アイゼンを持ってきたのだが,その必要はなかった。

 アザミの同定は難しい。これはオニアザミか。

 乗鞍岳の三角点は,登山道から離れたところにある。付近は,ライチョウの保護のために立ち入りが禁止されており,近づけない。

 乗鞍岳の山頂標識は,ケルンの近くにある。

 ケルンを過ぎて少し進むと白馬大池が見えてくる。予想以上の大きさに驚く。

 白馬大池の対岸に大池山荘が見えた。

 山荘へは,大池を4分の1周ほどしなければならない。大池の水は,驚くほどに透き通っていてきれいだ。

 大池山荘は大雪に耐えられるよう平屋づくりだ。内部で2段ベッドのような作りになっている。

 ヘリコプターが荷物を運んできた。テン場の真ん中に荷下ろしをする。強烈な風で,砂埃が舞い上がる。写真を撮ろうと近くに待機していたのだが,何枚かのシャッターを切り,あわてて小屋の中に逃げ込んだ。
 巻き起こす風でテントが飛ばないようにスタッフが押さえていた。

 夕食には間があるので,付近の散策に出た。
 
チングルマの群落

  この群落は,綿毛になっていた

 テン場と小蓮華山  前回私たちがテントを張った場所と同じ場所にテントを張っていた,2人組の若い女性に声をかけた。大阪と奈良から来たという明るい元気いっぱいの「山ガール」で,うさんくさい年寄りの話し相手になってくれた。

 夕食はカツカレー カップの日本酒を飲みながら,楽しく頂いた。御飯が固くて,あごが疲れた。

 夜になってもガスが出ず,きれいな星空が見られた。ただ,満月間近の月が明るすぎて天の川は確認できなかった。小蓮華山に架かるサソリ座を撮ることができた。



8月23日(月)

 今日は白馬山荘までの行程なので,朝はゆっくりと起きた。大池山荘は窪地にあるので,日が差すのは遅いが,遠くの小蓮華山から陽が当たり始める。 

朝食も,豪華とは言えないが,十分なボリュームで,しっかりと食べた。
 白馬大池山荘を出発し,白馬岳に向かった。


 山荘から少し登ると西方向の展望が得られるようになり,雪倉岳から朝日岳に至る稜線が見渡せる。 (写真をクリックすると大きな写真が見られます。)

 朝日岳の左の稜線に山小屋らしいものが見えた。望遠レンズで捕らえると,建物が二つ写った。朝日小屋と白馬管理センターだ。

 さらに少し登ると,大池の向こうに,妙高連山がシルエットで浮かんできた。


雷鳥坂を登り切って船越ノ頭に出ると,南方の展望が開ける。白馬岳と杓子岳の鞍部劔岳が見えた。

 杓子岳の後ろに鑓ヶ岳天狗の頭と続き,少し離れて,唐松岳,五龍岳,鹿島槍ヶ岳と,後立山連峰が見渡せた。

 大雪渓も見渡せるた。雪渓もずいぶんと小さくなり,安全のため,途中から上は左岸の岩の上を歩くようにベンガラのラインが引かれている。

 稜線に登山道が見える。ダラダラと登ったピークが小蓮華山の頂上だ。

展望の良い稜線歩きは,まさに「天上の散歩道」だ。登りの苦しさも忘れさせてくれる。

 ウメバチソウ


                タカネナデシコ 

 タカネヒゴダイ

 ヒナコゴメグサ



 イブキジャコウソウ

 ライチョウの親子が姿を現した。ヒナは1羽だけだった。たぶん数羽のヒナが孵ったのだろうが,高山で生きるのは厳しい。このヒナもこの冬を越せる保障はない。
 親鳥がヒナの行動をじっと見守っている姿が印象的だった。



 イワギキョウ


         タカネヤハズハハコ



             ミヤマコウゾリナ

 小蓮華山の山頂 ここは山頂の崩壊が激しく,山頂に立ててあった宝剣も,しばらく倒れたままになっていた。宝剣が安全な場所に立て直されていた。大雪渓の谷からガスが巻いてきた。

 白馬岳の岩は,白いものが多いが,赤い岩と黒い岩,白い岩がベルト状に並んでいるところがあった。

 この時期,白馬岳で最も目立つ花はトウヤクリンドウだ。涼しげな白色が暑さを和らげてくれる。

 足元に,石を円形に積んだものがあった。良く見ると,その中央に一株のコマクサがあった。踏まれないようにと誰かが積んだのだ。


 三国境は,越後,越中,信濃の国境で,現在も新潟,富山,長野の県境だ。ここから,雪倉,朝日岳への縦走ルートが別れる。そのまま栂海新道を進んで日本海まで達してみたいという夢は,まだ持っている。

 ミヤマダイモンジソウは字を書くのが下手のようで,なかなかきれいな大の字にはならないものが多い。

 白馬岳には,固有種の
シロウマタンポポがあるのだが,これがシロウマタンポポかどうかは分からない。セイヨウタンポポではないことだけは確実だ

 雪倉岳に向かう稜線の西側に長池という小さな池がある。ここには遅くまで残雪が残っている。

                                                      白馬岳の山頂が見えてきた。
 山頂での記念撮影。後方には,新田次郎の小説「強力伝」に出てくる方位盤が見える。

 眼下には,白馬山荘 そしてその後方に村営頂上宿舎が見える。谷からガスが湧き上がり,先に連なる後立山連峰は見ることができない。明日朝に期待しよう。

 山頂から少しくだった崖の上に松沢貞逸顕彰碑が建っている。松沢氏は,白馬山荘の前身となる山小屋をここに建てた人で,現在の白馬山荘のオーナー松沢貞一氏は,その孫にあたる。
 白馬山荘に着いて,まず,レストラン「スカイプラザ白馬」で昼食を食べた。今回の山行では,荷物を軽くするために,昼食は持たず,小屋のレストランを利用することにした。値段はかなり高いが,山小屋で弁当を頼んでも同じくらいかかるのだから,ものは考えようだ

 昼食後にチェックインし,部屋に荷物を置き,軽装で散策に出た。
 
杓子岳が顔を出した。鑓ヶ岳にはまだガスが掛かっている。

 縦走路から,村営頂上宿舎のテント場を見下ろした。時間が早いせいか,張られているテントの数はまだ少ない。

 丸山の山頂には展望所が作られている。ここは,劔岳を眺める絶好ポイントなのだそうだ。しかしこの時は,劔岳の見えるはずの方向はガスに閉ざされており,何も見えなかった。 振り返ると,白馬岳のきれいな姿が視野いっぱいに広がっていた。

 いよいよ,冷えたビールが待っている白馬山荘へ戻ることにした。少し歩くと,右腰から右膝の内側にかけて吊るような痛みを感じた。初めは強い痛みでは無かったが,徐々に痛みが強まり,ついに立ち止まってしまった。山荘までの僅かな距離だが,痛みが我慢できない。筋肉痛や関節痛ではない,神経痛独特の痛みだ。

  休み休み,テラスのベンチまでたどり着いた。動かなければ痛みはない。早速ビールで乾杯し,お互いの健闘を讃え,好天に感謝した。
 夕食は5時から。カツも,ボリュームがあり美味しかった。今日のカップ酒は「白馬錦」ちなみに,昨夜の酒は「大雪渓」。やはり,明日のことが気がかりで,お酒も進まない。

 早々と部屋に引き上げ,横になった。やがて,みんなは日没を見に部屋から出て行ったが,階段の上り下りが辛く,そんな気にはなれず,部屋の中にいた。

 困ったことになった。このまま痛みが治まらなければ,明日は悲惨なことになる。いっそのこと,骨折でもあれば,救助を依頼することにも納得するが,全く歩けないわけではないから,そこまでは踏み切れない。 そんなことを考えながら,眠りに就いた。


                                その2へ

ページトップへ