尾瀬沼・尾瀬ヶ原・至仏山

期日 2010年(平成22年) 10月15日(金)〜16日(土)
 


コース・タイム    時間を気にせずに,のんびり歩いた記録です。
 10月15日(金)
    宇都宮(5:00) ⇒ 戸倉(7:00-25) ⇒ 大清水(7:40)
     大清水(8:00) → 一ノ瀬(9:10-20) → 岩清水(10:10-20) → 三平峠(11:05-15) →
             → 長蔵小屋(11:55-12:50) → 沼尻(13:55-14:10) → 見晴(檜枝岐小屋)(15:55)
 10月16日(土)
    檜枝岐小屋(7:25) → 竜宮(7:55-8:05) → 山ノ鼻(9:35-10:00) → 至仏山(13:55-14:10) →
                    → 小至仏山(14:50-55) → オヤマ沢田代(15:35) → 鳩待峠(16:45)
    鳩待峠(16:55) ⇒(タクシー)⇒ 戸倉(17:15) ⇒ 大清水 ⇒ 戸倉(17:55) ⇒ 寄居山温泉センター(18:10-19:00) ⇒ 宇都宮(20:30)

同行者
  forestさん夫妻,キクさん,チコ

 forestさんご夫妻とは,2003年に剣岳に登ったとき,剣山荘で同室になったのがきっかけで,それ以来おつき合いをさせてもらっている。住まいは富士宮市宇都宮市と互いに離れているが,互いの住まいを訪問しあったり,近くの山を案内しあったりして,楽しませてもらっている。今年3月には,残雪の谷川岳に挑戦したし,6月にはforestさん宅を訪問し,三鞍の山荘に案内してもらった。
 今回は,forestさんを案内して
尾瀬を訪れた。初めて尾瀬を訪れるforestさんに,どの季節の尾瀬を案内するか色々考えた結果,晩秋の尾瀬に決めた。これは,私の個人的な好みの問題もあるのだが,人が比較的少なく,静かに尾瀬の良さを味わえると思ったからだ。
 
キクさんも同行することになり,5人のパーティーになった。forestさんとは戸倉第1駐車場で落ち合うことにした。forestさんは前夜自宅を出て夜半に駐車場に入り,朝まで仮眠しているという。ここにforestさんの車をデポしておき,私の車で大清水まで行き,大清水から三平峠を越えて尾瀬に入ることにした。見晴の檜枝岐小屋に泊まり,翌日鳩待峠へ抜け,シャトルバスで戸倉の駐車場に戻る計画だ。天気と体調によっては至仏山にも登ってみるという,少し欲張りな計画だ。

10月15日(金)
 予定通り,戸倉第1駐車場でforestさんと落ち合い,大清水へ向かった。朝方まで雨が降っていたのか,路面は濡れ,水たまりもできている。 今日は金曜日,大清水の駐車場に停まっている車は僅かで,上の駐車場に入れることができた。
 休憩所も閉まったままで人影はない。

 案内看板を使って,キクさんが今回のコースを説明してくれた。


 雨は降っていないが,上空はまだ雲に覆われていた。爽やかな空気の中を歩き始めた。一ノ瀬までの車道は,傾斜があり,先を急ぐと後に響くのだが,単調なので,ついつい急ぎ足になってしまう。心してゆっくりと歩いた。

 一ノ瀬の休憩所でひと休み。身体も温まってきたので,ここで上着を脱いで体温調節。

 ツルリンドウの赤い実がたくさん見られた。この時期の山歩きは,花に会うことは少ないが,色々な実に会えるので,これもまた面白い。

 いよいよここからが山道。ここの紅葉はカエデのような鮮やかさはないが,落ち着いた色で,それなりに美しい。陽射しがあるともう少し鮮やかになるのだが。

 雲が切れて陽が差し始めた。陽が当たると黄葉が輝き出す。

 一ノ瀬と三平峠のほぼ中間に岩清水という湧き水がある。冷たい美味しい水だ。
 岩清水の上にベンチの置かれた休憩所がある。
 ここは旧い林道で,この林道はここから大きく廻って一ノ瀬に続いている。林道が廃止された後,自然に戻すため,ボランティアによる植林活動が行われている。今年4月,残雪の旧林道を歩いてみた。

 対岸の紅葉がきれいだ

 木道のすぐ脇にも色づいた葉がある。

 三平峠。 今年4月に訪れたときは,この看板の3分の2は雪の下だった。

 濡れた木道は滑りやすい。滑り止めのために木の桟が打ち付けてある。

 三平下からは木の枝が邪魔して,燧ヶ岳がよく見えない。少し先へ行くとよく見える場所がある。今日は,雨こそ降らないが雲が多く,燧ヶ岳の勇姿も霞んでいる。

 長蔵小屋の無料休憩所は,窓にパネルを打ち付け,冬ごもりの準備をしていた。この辺りは2〜3mの積雪がある。

 大江湿原のシンボル三本唐松。今年は,まだカラマツの緑が残っている。

 長蔵小屋売店の前で昼食を食べ,見晴に向けて出発した。
 昨年新しくなったテントサイトを見に行った。大きな木製デッキで,小さいテントならば十分に2張りは張れる。来年はここでテントを張ることも考えようか。

  大江湿原から見た燧ヶ岳

 大江湿原の西の小高い丘の上に,長蔵小屋を創設した平野長蔵とその家族の墓所がある。「ヤナギランの丘」と名付けられたこの丘は,初夏にはヤナギランの真っ赤な花で覆われる。
 大江湿原の木道は殆ど新しいものに変えられていた。木道更新の工事は,ハイカーの少なくなったこの時期から雪の降るまでの時期に集中して行われる。

 別の角度から三本唐松を見る。

 浅海(アザミ)湿原からは,燧ヶ岳の頂上が望める。


 陽射しの戻った木道を歩くforestさんご夫妻

 木道を架け替えるための材木がヘリで運ばれ,おかれている。



 尾瀬沼は水深も浅く,芦や水草が茂っているので,湖ではなく沼なのだ。

  沼尻休憩所は先週末で営業を終え,冬眠に入った。トイレも閉鎖されている。

 ヘリコプターが木道の材料を運んできた。ヘリのパイロットの腕前にはいつも感心する。狭いポイントに正確に荷物を降ろす。まさに神業に近い。



 小休止して,見晴に向けて歩き出した。新しくなった木道の脇に,取り外した材木が搬出を待って積まれていた。

 白砂湿原には大きな池塘があり,そこに映った紅葉が美しいのだが,今日は今一つ精彩がない。

 白砂湿原から石のゴロゴロした斜面をひと登りすると白砂峠(以前は白砂乗越と言っていた)に着く。
 イヨドマリ沢を越える。イヨとはウオ(魚)のこと。ウオドマリと同義語

 ブナなどの落ち着いた紅葉の中では,黄色は目立つ。

 見晴が近づくと,傾斜は緩くなる。

 ツリバナの実。実は既に落ちてしまった。
 檜枝岐小屋に着いたのは4時少し前。早速風呂に入った。尾瀬の山小屋が他と違うところは,どの山小屋にも風呂があるところだ。石けんやシャンプーは使えないが,汗が流せるだけでも有り難い。
 この日は宿泊客が少ないため,二つある風呂のうち一つしか湧かしていなかった。男女で交代して入浴した。今夜の宿泊客は,私たち5人の他に単独行の女性1人の
合計6人だった。


 夕食




 夕食で頂いた日本酒も心地よく効いて,すぐに部屋に戻り寝てしまった。
 
夕方から降り出した雨は夜半まで降り続いた。




10月16日(土)
 夜半過ぎには雨は上がっていた。空が明るくなる頃を見計らって窓を開け山を見た。低くたなびいた霧の上に景鶴山が見えた。今日の好天を確信した。待ち望んでいた最高の天気だ。
 もう少し明るくなるのを待ち,
みんなを誘って外に出た。宿から,木道を歩いて原に出た。木道は昨夜の雨が凍りついてツルツルになっている。恐る恐る歩いてなんとか原に出ることができた。
 明るくなりかけた空に,
至仏山のシルエットが浮かんでいる。そうだ,この景色に逢いたくてここまでやってきたのだ。刻一刻と変わっていく景色に浸りながら,全身で喜びを感じていた。



 今朝は冷え込んだが,たくさん着込んできたので寒さは感じなかった。気づかないうちに30分以上も時間が経っていた。

 至仏山に登るらしいグループがザックを背負って歩いていった。私たちもできれば至仏山に登りたいと思っているのだが,だからといってこの素晴らしい時間を諦めることはできなかった。

 宿に戻りながらキャンプサイトを見てきた。このトイレはタンクが破損したために立て替えることになっているが,まだ工事は始まっていなかった。
 仮設トイレが,キャンプサイトの一角に並んでいた。

 宿に戻り,朝食を食べ,出発したのは7時25分になっていた。至仏山に登るためにはぎりぎりの時間だが,敢えて先は急がず,至仏山に登るかどうかは山の鼻についた時点で決めることにした。 陽が当たると,朝霧は上昇を始める。まるで焚き火の煙のようだ

 陽の当たっていない木道は,まだ凍り付いていて,つるつるだ。滑り止めに,forestさんに頼んで持ってきてもらった荒縄を靴に巻いた。 この効果はは抜群で,全く滑らなくなった。滑り止め用に金属の爪の付いた製品も市販されているが,これは木道を痛めるが,荒縄は木道にも優しい。



 朝霧は生き物のように瞬間瞬間で変化する。また至仏山が見えてきた。

   葉に付いた水滴が朝日を受けて宝石のように輝く。

 景鶴山の南斜面の紅葉が綺麗だ。

 振り返り,燧ヶ岳をバックに写真撮影

 ダケカンバの幹の白さが空の青に冴える。

 2006年の9月30日にも,同じ場所から写真を撮っている。 その写真



 ズミ の実が真っ赤になっていた。 

 池塘に小さな魚がたくさん泳いでいた。体側に黒い線が見えたので,帰宅してからネットで調べたらアブラハヤという魚だった。

 マユミの実は鮮やかな赤紫色だ。果皮が割れて真っ赤な種子が顔を出している。


 至仏山が近づいてきた。左側から林が張り出しているところが牛首だ。

 池塘に浮かぶヒツジグサの葉も,紅葉している。映し込んだ青空の青との対比が美しい。 



 至仏山の登山道が見える。

 山の鼻に着いたのは9時30分を過ぎていた。時間的にはかなり遅いが,天気も安定しており,午後4時までには確実に下山できると判断して,至仏山に登ることにした。
 宿泊した
檜枝岐小屋で弁当を頼もうとしたら,山の鼻小屋で,昼食のおむすびが買えるからそうした方が良いと言われ,弁当は持ってきていなかった。山の鼻小屋では,注文するとその場でおむすびをにぎり,作ってくれる。



 近くで見る至仏山は,下の方が樹林帯の陰に隠れ,山が低く見える。

 ゆっくりと1時間ほど登ると森林限界」の標識が現れる。山の鼻からの頂上へ向かう登山道は,下りでの転倒等による事故が多発したため,森林限界から上は登り方向の一方通行になっている。登山を中止する場合には,ここまでに決めて下らなければならない。


 森林限界を過ぎると視界が開ける。眼下に,歩いてきた尾瀬ヶ原が広がり,その奥にやや霞んだ燧ヶ岳が見える。

 この岩は,蛇紋岩と言って表面が固くつるつるして滑りやすい。表面に細かな凹凸がないため,水の保持がしにくい。そのため,蛇紋岩地域には乾燥に強いなどの特別な植物しか生育できない。 急な斜面にはクサリが設置されている。
 奥白根山(日光白根山)の特徴ある姿が確認できた。


 高度が上がると,尾瀬ヶ原の見え方も変わってくる。

 すぐ下には,山の鼻の小屋群が見える。最も奥が尾瀬ロッジ,その前が山の鼻小屋,その前が至仏山荘,その右にビジターセンター

 この登山道には木製階段がよく整備されている。

 
階段の脇で休んでいると,年配の夫婦が下ってきた。キクさんが「下るんですか?」と声を掛けた。もうこれ以上登れないから下るのだという。「下るのは危険ですよ」というと,怒ったように「登れないんだから仕方ないだろう」と言って下っていった。ルール以前に,疲れた足でフラフラしながら下っていった姿に危険を感じた。

 休み休みゆっくり登って約4時間で頂上に着いた。

 頂上の三角点(二等三角点と読めた)

 燧ヶ岳は随分霞んできた。雲も出てきた。

 山頂で休んで,下山を開始した。まずは小至仏山に向かう。


 小至仏山の山頂標識。至仏山と対になっているようだ。

 小至仏山を過ぎると,下山路が見渡せる。奥の湿原はオヤマ沢田代

 オヤマ沢田代。 ガスが掛かり始めた。
 ツルリンドウの実と花が1本の茎に付いていた。

 対岸の紅葉に陽が当たり輝いている。


 やっとの事で鳩待峠に到着した。時刻は4時45分になっていた。

 早速,乗り合いタクシーに乗ろうとして,乗車券売り場に行くと,乗り合いタクシーの営業は4時30分で終了したと言う。あとはメーターでの運賃になるので,直接タクシーの運転手と交渉してくれと。

 ジャンボタクシーの運転手を見つけて5人で乗りたいというとすぐにOKがでた。第1駐車場まで5500円程度だという。5人で割れば1人1100円,乗り合いタクシーでも1人900円だからあまり変わらない。実際には
5,300円だった。



 第1駐車場の入口にある「戸倉の湯」に入ることにし,女性2人に先に入っているようにお願いして,車を取りに大清水に向かった。大清水で車を取って戸倉の湯に戻ると,女性2人がすぐに出てきた。この温泉は午後6時で終了なのだ。しかたないので,いつも入っている鎌田の寄居山温泉センターに行くことにした。寄居山温泉センターは午後8時まで営業していた。
 ゆっくりと温泉に入り,
forestさんご夫妻とは,再会を約束しここで別れた。私たちは金精峠を越えて日光経由で帰宅した。奥日光では紅葉渋滞を心配したが,さすがにこの時間では渋滞はなかった。

 
至仏山からの下山が16時45分になったことについては,事故がなかったから良かったが,反省しなければならない。下山時刻がある程度遅くなっても良いと思い,途中での休憩もたっぷりと取っていたが,時間配分に甘さがあったことは否めない。この経験を今後のプランニングに生かしたい。

ページトップへ