燕  岳 (途中下山)

期日 2010年(平成22年) 11月20日(土)
 


コース・タイム
 11月20日(土)
  宇都宮(2:30) ⇒ 壬生IC ⇒ 田沼IC ⇒ 太田桐生IC ⇒ 豊科IC ⇒ 中房P(7:00)
   中房駐車場(7:35) → 登山口(7:45-8:00) → 第1ベンチ(8:50-9:00) → 第2ベンチ(9:50-10:00) →
     → 第3ベンチ(10:50-11:00) → 富士見ベンチ(12:10-50) → 登山口(15:25-35) → 中房駐車場(15:40)
  中房P⇒白馬(林檎の樹)
 11月21日(日)
  林檎の樹 ⇒ ちひろ美術館 ⇒ 上條(そば) ⇒ りんご園 ⇒ 豊科IC ⇒ 宇都宮(17:10)

同行者
   forestさん夫妻,チコ

 燕岳燕山荘(エンザンソウ)は,11月23日で夏山シーズンの営業を終える。登山口の中房温泉11月23日の宿泊までで営業を終え,それに伴い,中房温泉までの車道も閉鎖される。そのギリギリのタイミングを計って燕岳の登山を計画した。実は,昨年も同じ時期に計画したのだが,事情があって中止した。今年は,2年越しの計画が実現した。同行者はforestさんご夫妻。
 前夜に
中房駐車場まで登って仮眠することも考えたのだが,朝に現地に到着する方が手軽なので,そうすることにした。宇都宮を午前2時30分に出発し,上信越道経由で豊科ICで降り,中房の登山者用駐車場に着いたのはちょうど7時だった。既に30台ほどの車が停まっていたが,forestさんの車は直ぐに分かった。forestさんの車の隣に車を停めた。
 車内で,途中のコンビニで買ってきた朝食を食べ,身支度を調え,登山の準備をした。


 準備をしている間にも続々と車が到着して,駐車場は混雑してきた。
この時期に燕岳に登る人は多いとは聞いていたが,これほどとは思っていなかった。
 後から到着した車からも,たくさんの登山者が降りてきて,急いで準備をすると,出発していった。
 やはり,「
冬山」として完全装備の人が目立った。殆どの人がピッケルを持っており,輪カンを持っている人も多かった。

 私たちは,ピッケルの代わりにストックを持ってスタートした。ピッケルや輪カンが必要な状況になったらその時点で山を下りることに決めていた。

 駐車場から登山口まで,少しの距離だが車道を歩かなければならない。この車道が意外と傾斜があり,急いで歩くと,登山口に着くまでに息が上がってしまう。心してゆっくりと歩いた。
 足元から,
ホシガラスマツボックリをくわえて飛び立ち,枝にとまって食べ始めた。

 登山口には中房温泉の売店新しいトイレがあり,登山者はここで一休みして出発していく。標識の「燕岳」の文字の下に少し小さな文字で「穂高」と書いてある。そう,ここは穂高の登山口でもあるのだ。

 新しいトイレは清潔で気持ちが良い

 最近降ったらしい雪が笹の葉に載っている。足元はまだ凍っていない。

 ゆっくり歩いて,第1ベンチに着いた。夏道ならば40分程度で登れるのだが,ゆっくりと50分かけて登った。

 第1ベンチを過ぎると,日陰には雪が残り,路面が凍結したところも出てきた。

 第1ベンチから50分で第2ベンチに着いた。チコに軽い貧血症状が出たこともあり,ペースを落として歩いた。ここまではほぼ予定通りの時間経過だった。

 第2ベンチから少し登ると,真っ白に雪を被った大天井岳が見えた。


 日陰の雪の量が増え,路面が凍結して滑るようになった。
 チコの体調は回復せず徐々に遅れ始めた。この時点では,4時までには燕山荘に着けると判断して先に進むことにした。第3ベンチでアイゼンを着けた。


 霞んではいたが,八ヶ岳の稜線を確認することができた。


 足元は完全に凍結状態になった。アイゼンを着けずに登ってくる人もいたが,アイゼンを着けたほうが歩きやすいし安全だ。
     富士見ベンチ。ほぼ中間点だ

 チコの状態が更に悪くなった。荷を軽くして富士見ベンチまで登ってみたが,体調は回復しなかった。このまま進んだとして,日没までに燕山荘に到着することも難しくなった。そこで,forestさんに相談して,ここから下山することに決めた。 
「富士見ベンチ」の名前通り,霞んではいたが,
富士山を見ることができた。

 少し時間をかけて休憩を取り,昼食用に用意してきたパンを食べた。
 富士見ベンチで,記念撮影。本日の
最高到達地点。標高2300m弱で駐車場から900m弱登ってきたことになる

 休憩中も,たくさんの登山者が登ってきては,通り過ぎていった。天気は良いのだが,動かずにいると寒い。先も長いので下山することにした。
 
下山開始。 最近は若い女性の登山者が目立つようになってきた。

 下山も決して楽ではなかった。駐車場まで2時間50分かかった。

  チコは出かける前から体調万全ではなく,登れないかも知れないと言っていた。体調が思わしくないので,ジムに行く回数も減っていたので,最初から無理だったのかも知れない。強引に連れてきてしまったようでもあり,反省しなければならない。
 forestさんご夫妻も行動を共にして一緒に下山してくれたが,計画通りに実行できなく,申し訳なかった。

 下山の途中で,白馬のペンション「林檎の樹」に電話を入れ,宿泊を申し込み,林檎の樹に向かった。林檎の樹は,forestさんの馴染みの宿で,私たちも既に数回宿泊している。清潔でおしゃれな宿で,心のこもった料理とオーナー夫妻の暖かな応対が魅力だ。
 おいしい料理を頂きながら開けたワインも,殆どを私が飲んでしまい,9時過ぎには沈没してしまった。燕岳中退といっても,標高差900mを上り下りしたのだから,疲れてはいたのだ。

 翌日も良い天気だった。日出の時間を6時30分頃とみて,カメラを持って外に出た。辺り一面は霜で真っ白だ。青空をバックにそびえ立つ白馬連山の真っ白な雪面に朝日が当たり始め,ピンクに輝きだした。夢中でシャッターを切りながら,心の中にもしっかりと焼き付けた。
 
(写真をクリックすると大きな写真が見られます。)


 五竜岳にも陽が当たり始めた。今年はまだ雪が少なく,頂上東斜面の「御菱(ごりょう)」−武田菱 がはっきりと見えない。


 この日は,おいしい朝食を頂いた後,ゆっくりと宿を出て,「ちひろ美術館」に向かった。いわさきちひろの世界を堪能した後,そばの「上條」で美味しい蕎麦と「さくらかつ」を食べた。さくらカツは,さくら肉(馬肉)に薄い衣を着けさっと揚げたもので,スライスされて出された。肉はたたき状態になっており,柔らかで美味しかった。
 その後,お土産にりんごを買って帰途に就いた。上信越道の吉井付近で多少混雑していたが,渋滞と言えるほどではなく,5時過ぎには自宅に帰着した。


ページトップへ