閉じる
雨 巻 山

2010年(平成22年) 12月18日(土)


コース・タイム
 宇都宮市(7:30) ⇒ 大川戸駐車場(8:40)
  大川戸駐車場(8:55) → 御岳山(9:50-55) → 猪転げ坂(10:55) → 山頂(11:30-12:20) → 三戸谷山(13:15-20) → 大川戸駐車場(13:55)
 大川戸駐車場(14:10) ⇒ 井頭温泉(14:40-15:30) ⇒ 宇都宮市(17:00)

同行者
 デイダラボッチさん,上戸小ハイキング同好会

 今日は,元の職場の仲間と雨巻山 にハイキングだ。職場を退職して7年目になるのに,このように声をかけてもらえるのはとても嬉しい。 昨年まで3年ほどブランクがあったが,今年再開した。今までに, 西ノ湖,庚申山,高山,八方ヶ原,太平山,備前楯山,古賀志山,久慈男体山,大小山 などに出かけている。今まで10人前後の参加者があったが,今回の参加者は私を含めて6人。 他にも希望者はいたのだが,体調不良などで参加できなくなった人もいてこの人数になった。
 宇都宮市内の某所で落ち合い,2台の車に分乗し,大川戸 の駐車場に向かった。駐車場に着いたときは,既にマイクロバスや乗用車など10台以上が着いており, マイクロバスから降りたハイカーが,輪になって準備運動をしていた。この団体は,日光から来たハイキングクラブだという。
 このハイキングには,地元に住んでいるデイダラボッチ さんに同行をお願いした。デイダラボッチさんは,雨巻山を愛し,登山道整備などを個人の力で行っている人だ。 雨巻山に関する情報も,ご自身のブログ」 デイダラボッチの山日記」で発信している。

 「足尾山 御岳山 」と書かれた標識に従って山道に入る。辺り一面は霜で真っ白だ。宇都宮よりは南に位置しているが,気温は低い。

 元は田圃 だったという湿地を回り込み,登っていく。

 ひと登りすると峠に着く。反対側に降りると,「沢コース 」となり,沢を詰めて足尾山に登るコースになる。私たちは,ここで右に折れ, 尾根コース御岳山 に向かう。デイダラボッチさんは,ポイントごとに歴史的なことや,動物,植物など色々な話をしてくれた。

 坂道には, ヒノキの丸太をジグザグに並べ,歩きやすいようにコースづくりがされていた 。このジグザグコースは,歩きやすいだけでなく, 雨水を左右に排水する ことで,登山道が掘れることを防止する役目もしている。

 ミヤマシキミの真っ赤な実がきれいだった。 シキミは有毒なので「悪しき実 」から転化した名前だという。

 御岳山 からは北方の見晴らしが良い。左に見える富士山方のきれいな山は,その名の通り「 芳賀富士」,中央やや右奥のなだらかなピークを持つ山は 八溝山

 御岳山にはかつて立派なお社があった。その証拠に,大きな 手水鉢が残されていた。

 石積みも残っている。



 御岳山 から少し戻ったところで,ダイダラボッチさんが,「珍しいところがあるけど行きますか」と聞いてきた。 もちろん同意してルートから外れて左に少し下ると 男体山神社があった。この神社はこの麓の 深沢地区 の人たちの信仰を集めている神社で,今も大切に守られている。その佇まいからも,信仰の厚さを感じることができた。

 縦走路に戻り,先に進んだ。文字通りの,木漏れ日を浴びながらの 日溜まりハイキングだ。

 このコース唯一の急登「猪転げ坂 」。猪でも転んだという急登だが,今はきちんと整備され,知らぬうちに登り切ってしまった。 前を歩くのは日光から来たという団体さん。

 雨巻山山頂  山頂の見晴は必ずしも良くはない。 5分ほど南に行くと展望所があるのだが,今日は見晴らしは良くないと言うことなのでパスした。

 山頂は多くのハイカーで賑わっていた。 デイダラボッチさんの奥さんウララさんも友人たちと来ており,美味しい珈琲をごちそうになった。 ウララさんと一緒に来た友人という人が,私がかつてメンバーだった ラリグラスHC の会員と言うことで,私を知っていると言うことにびっくり。世の中は狭い。

 記念写真 後列左端が私。後列右端がデイダラボッチさん。

 昼食に1時間ほどかけてから下山にかかった。 のんびりと歩くにはもってこいの山道

  コースにはこんな岩場?もあります。



 三登谷山の頂上から眺めた 日光連山。今日は霞んでいてよく見えない。

 今日歩いたコースが見渡せる。今日最初に登った 御岳山(尾根の左端,木の枝に重なったピーク)


 やっと駐車場に戻ってきた。


 今日は,穏やかな天気で,日溜まりハイキングにはもってこいの一日だった。 その分,霞勝ちで見通しは良くなかったが,それは次回への楽しみにしよう。
 このハイキングにはたくさんの人に参加してもらいたいが,たとえ, 参加者が少なくても,できるだけ続けていきたい。また,期日と目的地を慎重に選び,計画を立てたい。
 デイダラボッチさん。お世話になりました。ウララさん,おいしいコーヒーをありがとうございました。

 ページトップへ