閉じる
戦 場 ヶ 原 NPV特定種開花調査

2011年(平成23年) 7月3日(日)

 日光パークボランティアの特定種開花調査に参加して,戦場ヶ原を歩いてきました。
 ミヤマウグイスカグラ は,美味しそうな実にも細かい毛が生えている。

 ミヤマウグイスカグラは今年は豊作のようだ。


 ワタスゲもまだ十分に綺麗だった。

   カンボクの花。花は ガクアジサイのようだが,葉の形が違うので区別できる。



 カラマツの実が約1ヵ月でこんなに大きくなった。


    ニガナの黄色い花は十分に目立つ。

 サギスゲの穂は球形にならない。


  ツルコケモモの花が満開だった。

 ウツボグサ

 木道の脇にショウキラン が咲いていた。私は,戦場ヶ原では初めて見た。「 鍾馗蘭」と書き,葉緑体を持たず菌類に寄生する植物だ。


 イブキトラノオも花を開き始めた。群生すると綺麗だ。


 花びら(外花被)に編み目が無く,中央に黄色い筋 があるので,これはノハナショウブ


 ハクサンフウロのピンク色は戦場ヶ原でも目立つ。


 マユミの花は目立たないがなかなか可愛い。

 戦場ヶ原の中で所々に見えるオレンジ色はレンゲツツジ だ。レンゲツツジの花期はもう終わりに近い。

 草陰に青紫のタツナミソウ の花を見つけた。


 アキアカネ ノアザミの蕾にとまっていた。アキアカネはもう少しで色づく。


 実は,先週の日曜日に開花調査に参加する予定でいたのだが,金曜日の朝に軽いギックリ腰をやってしまい, 急遽欠席。腰痛も治まってきたので,その代わりとして今週参加した。前回に戦場ヶ原を歩いたのは6月4日だったから, 4週間ぶりの戦場ヶ原になる。4週間で,咲いている花も大きく交代した。ズミの花にはとうとう会えずじまいだった。

 ページトップへ