閉じる
男 体 山

2011年(平成23年) 7月9日(土)



コース・タイム
 宇都宮(4:40) ⇒ 二荒山神社中宮駐車場(5:25)
  駐車場(5:50) → 社務所(5:55-58) → 1合目(6:03) → 2合目(6:16) → 3合目(6:31) → 4合目(6:53) → 5合目(7:16) → 6合目(7:35) → 7合目(8:03) → 8合目(8:37) → 奥宮(9:28) → 頂上(剣が峰)(9:33-45) → 4合目(11:53) → 駐車場(12:35)
 駐車場(12:55) ⇒ 自宅(14:00)

同行者
 単独

 下山してから知ったのだが, この日,関東地方に梅雨明け宣言がなされた。 数日前の天気予報では,降水確率50%以上 で,好天は望めなかったのだが,トレーニング のために男体山 に登ることにした。コースは良く承知しているし,危険個所もないので,多少天気が崩れても登ることにしていたのだが, 直前になって天気予報も変化し,暑くなるという予報を出した。 日光といえども,直射が照りつけると暑い。熱中症対策として, ハイドレーションシステムに,スポーツ飲料を 1.5リットル詰め,その他に 真水を1リットル持った。ザックは,先日購入した deuter futura 26を背負った。初出陣だ。


 男体山の,登山者用駐車場は, 宝物館の裏 にある。中宮祠の方から車を進めてきて,信号機のある交差点を直進し大鳥居の中に入ると, 案内表示があるのでそれに従って右折すると30~40台は収容できるかなり大きな駐車場がある。 ここが満車の時はこの先に第2駐車場があるので,登拝祭の時以外ならば,停められないということはないだろう。

 社務所で登拝の受付をしてから登り始める。 男体山は,全山が二荒山神社の所有 で,登山道の整備なども全て二荒山神社が行っていると言う。 登拝料500円 は登山道の整備などに当てられると言うから,文句を言わずに納めた。

 登拝門をくぐると直ぐに 石段 が続く。神社が用意したパンフレットによると,登拝門をくぐると,まず 11段の石段があり,その先に 81段の石段,更にその先に 81段の木段がある。
 石段,木段を登り切ったところに奥宮の遙拝所 がある。山頂まで行けない人はここまで来て山頂を遙拝して帰ったのだ。

 一合目の標石は,遙拝所の直ぐ裏にある。標石の後には大きな 鳥居もある。

 一合目を過ぎると普通の山道になる。 斜面の傾斜はあまり急ではないのだが,直線的に登っていくので,決して楽ではない。 二合目の標石

 先が長いので,先を急がずにスローペースで登ったが,しっかりと汗をかいた。
 間もなく林道に出る。ここが 三合目だ。一息入れる。



 途中で追い抜いていった若い人たちのグループが休んでいた。 最近,山で若い人を見ることが多くなったような気がする。「山ガール」のブームなのか,若い女性の姿も多い。

 三合目からしばらくの間林道歩き になる。太陽の直射がきつく,日陰を選んで歩いた。20分ほど歩くと,林道から別れ,再び山道になる。
 カーブの正面にある大きな鳥居をくぐって山道に入ると直ぐに 四合目の標石がある。ここには立派な社務所が出来ていた。

 四合目の標石

 登山道は良く整備されている。 歩きやすいかどうかは解釈の分かれるところだが,鉄パイプの手摺りが付けられているところもある。

 高度が上がってくると,中禅寺湖 が見えるようになる。対岸のピラミダルな山は社山

 男体山は花は少ない。ピークは過ぎたが,ニシキウツギ (二色空木)がきれいに咲いていた。

 五合目 。この辺りまでは若者達のグループに付いていくことが出来たが,若者のパワーにはかなわなかった。 徐々に距離が開いていった。

 登山道は, ガレた斜面をジグザグに登っていく  昔に比べて,足場は安定し,日陰も多くなり,登りやすくなった。

 六合目 の標石は大きな岩の上に立っているので,下を向いて歩いていると気づかずに通り過ぎてしまう。

 登山道には大きな石が積み重なり ,両手を使ってよじ登るところもある。

 思った以上に日陰 があり,太陽の直射を遮ってくれた。

 いろは坂の方向からガスが湧き出し てきた。もうじき,湖面も見えなくなるだろう。

 七合目


 7合目と8合目の間に鳥居 がある。安定して立っている立派な鳥居だ。

 八合目には 滝尾神社 が祀ってある。

 数少ない花の中で,一際可愛く咲いていたコケモモ

 ヒカリゴケ は自ら発光しているわけではない。 細胞の表面にあるレンズ状の器官で光を集め反射して光っているように見えるのだ

 登山道の崩壊を食い止めるため色々な工夫がなされている。 これは,中央の水路の両側に土嚢を積み,土砂の流出を防止しているところだ。

 ここでは,崩壊防止に丸太で土留め をしている。登山者のための階段のようにも見えるが,第一義は土留めだ。この辺りに 9合目 の標石があるはずなのだが,気づかずに通り過ぎてしまった。帰路でも確認できなかった。

 さすがにここまで登ってくると日陰はない。太陽の陽射しが痛い ほどに照りつける。

 足尾の方からも雲が湧いてきた。 好天は長くは持たないだろう。

 山頂の北西に「太郎山神社 」がある。先ほどの若者のグループはもうあそこまで行った。



 土留めの丸太はあるのだが,足の下の砂が崩れて歩きにくい 。もうすぐ頂上だ。

 奥宮 の前には,参拝者のために屋根がかけてある。雨天の時などにはとても助かる。

 岩の間に白い花をみつけた。イワハタザオ だ。

 剣が峰の大剣  男体山のシンボルだ。これは私。胴回りの贅肉がトレーニング不足を物語っている。

 大きな剣が立ててある剣が峰 から東の足下を見ると三角点がある。この三角点の標高は2484.2m (古い地図では2484.5m)で,従来はこの標高を「 男体山の高さ」としていた。ところが,登山者などから,「 大剣の立っている岩盤の方が高い」という指摘があい次いだため, 国土地理院で調査した結果,大剣の立っている岩盤の方が 約2m高い事が確認され, 男体山の標高 2486mに訂正された。(2003年10月7日)詳しいことは  国土地理院のホームページに載っている


 もう少し東に進んでみると古い建物の跡などがあり,面白いのだが,今日はここまでで戻ることにした。 急激な天気の変化はない様子だが,下り坂であることは間違いない。 少しでも早く下山しようと思い,山頂を後にした。  8合目の滝尾神社で腰を下ろし,コンビニで買ってきたおむすびを2個食べて昼食とした。

 時々ガスが巻いてきたが,雨にはならず,降られずに登山口まで降りてこられた。 登りでは快調だった足も,さすがに痛みが出てきた。左膝の裏側に軽い痛みを感じるようになり,爪先にも痛みが出てきた。  山頂でもほとんど休憩せずに降り始めたのだから,多少の痛みは仕方なかった。

 男体山は,比較的身近にありながら,あまり登っていない山 だ。その理由は,標高差があって簡単に登れない山である上に,登山自体が単調で変化が少なく, 高山植物などの楽しみもあまり無い。そのため,どうしても興味が他の山の方に向いてしまうのだ。しかし, トレーニングとして登る山 としては最適な山かも知れない。今度は積雪期に登ってみたいと思うのだが,そう簡単ではないようだ。

 ページトップへ