立 山 室 堂 花散策

期日 2011年(平成23年) 8月4日(木)〜5日(金)
 


コース・日程
 8月4日(木)
   自宅(4:00) ⇒ 集合場所 ⇒ 鹿沼IC ⇒ 豊科IC ⇒ 扇沢(市営駐車場)(7:50)
   扇沢(8:30) ⇒ 黒部ダム(8:50) ⇒ 黒部湖(9:40) ⇒ 黒部平(10:00) ⇒ 大観望(10:20) ⇒ 室堂(11:00)
     室堂センター(11:13) → ミクリガ池(11:21-58) → 地獄谷(12:17) → 雷鳥沢(12:40) → 雷鳥荘(13:40)
 8月5日(金)
     雷鳥荘(7:50) → ミドリガ池(8:46) → 室堂山荘(9:27) → 玉殿の岩屋(9:30-37) → 室堂センター(10:10)
   室堂(10:30) ⇒ 大観望(10:52) ⇒ 黒部平(10:58) ⇒ 黒部湖(11:17) ⇒ 黒部ダム(11:30) ⇒ 扇沢(11:51)
   扇沢(12:10) ⇒ 穂高(上條)(13:25-14:10) ⇒ 豊科IC ⇒ 鹿沼IC ⇒ 宇都宮 ⇒ 自宅

同行者
   職場の仲間(I事務長,Kさん,Mさん,Tさん)

 職場の同室の5人でどこかに旅行をしたいねと話が出て,私にそのプランニングが任された。全員で無理なく歩ける場所として,立山室堂を選んだ。今回のテーマは,登山ではなく,「めずらしい高山植物を観察し,温泉に入って美味しいお酒を飲む」だ。
 午前4時に
宇都宮を発って,扇沢に着いたのが8時少し前。北関東道が完全開通して,確実に早くなった。平日なのに,扇沢の駐車場は,無料の公共第一,公共第二ともに満車。その下にある市営扇沢駐車場も8割かた埋まっていたが,何とか停めることができた。
 扇沢駅は1Fの切符売り場で乗車券を買い,2Fの改札口に並ぶ。以前来たときは,切符売り場にも行列ができていたのだが,今日は行列はなくすぐに買うことができた。それにしても,室堂往復が,往復割引で1人8,800円は高い。

 黒部ダム駅でトロリーバスを降り,展望台に登った。いつも感じるのだがこの階段の登りはきつい。階段に貼られている指示通り,ゆっくり休みながら登ったのだが,上についたときには息があがっていた。ダムは壮大で,ダムの上を歩いている人が米粒のようだ。

 この5人が今回のメンバー
 ダムの中央辺で下流のダム底を覗くと,水しぶきに虹が架かっていた。

 2009年に水晶岳に登ったとき,水晶岳の山頂から黒部湖が望めた。ということは,ここから水晶岳が見えるはずなのだ。稜線が雲に隠され,確定はできないのだが,最も奥に見える稜線が水晶岳のようだ。

 地上(地中)ケーブルカーで着いたところが黒部平。ここからロープウエイに乗り継ぐため,混雑時には2〜3時間待たされることもある。庭からはロープウエイの大観望駅と立山三山の山頂が望める

 ロープウエイで着いたところが大観望。眼下に黒部湖が見える。対岸には先ほど登ったダムの展望台も見える。

 11時に室堂に着いた。ターミナルの屋上からバスの駐車場を見ると,私たちと反対側の立山町の方から登ってきた大型バスがたくさん停まっていた。

 室堂の遊歩道には,屋上から直接出られる。玉殿の湧水を引いた水飲み場があり,美味しい水を飲むことができる。ハイキングに出発する人はここで水筒に水を満たす。

 イワイチョウ

 タテヤマリンドウはここ立山にちなんでつけられた名前だ。ロート形の花びらののどの辺りに暗褐色の筋状の模様がある。

 タテヤマリンドウは色は薄く,この写真のように殆ど白のものもある。これをシロバナタテヤマリンドウと言って区別することもある。

 ヨツバシオガマは,深く裂けた葉が4枚輪生するのが特徴で,紫の花が美しいだけでなく,葉もまたきれいだ。「浜で美しいのが塩釜」から,「葉まで美しい」からシオガマと名付けられたという。

 イワカガミは,雪解け直後に咲く花なので,殆どが花期が終わっていたが,特に雪解けが遅かったところなどでは咲き残っていた。

 コイワカガミイワカガミの区別は難しい。もしかすると,コイワカガミかもしれない

 ミクリガ池の縁にはまだ雪が残っていた。池の向こうにミクリガ池温泉の建物が見える。

 ミヤマダイモンジソウは字を書くのが下手のようで,大の字がずいぶん崩れている。




 白っぽい花のタテヤマリンドウの中で濃い青色をしているものがある。これはミヤマリンドウだ。タテヤマリンドウと混生しているところもあるが,ミヤマリンドウは日本海側に多く分布する。

 リンドウの仲間は,夜間には花を閉じ,日が差してくると花を開く。曇天のときは花を開かない。


 
アザミに似ているがこれはタカネヒゴダイ

 エゾシオガマシオガマギクの仲間で唯一黄色い花をつける。


 
ミヤマコウゾリナは中部以北の本州に分布し,高山の礫地や草原に生育する。花の根本の総抱が黒いのが特徴。コウゾリとは髪剃(コウゾリ)で剃刀のこと。葉でこすったときの感触が剃刀で剃るときの感触に似ているという。

 ミヤマコウゾリナ


 
イワギキョウ。よく似たチシマキキョウでは,花の周囲や内側に白い毛が生えている。

 これは,葉がモミジのように深く切れ込んでいるのでモミジカラマツという。


 ミクリガ池温泉。立ち寄り湯もできる。

                          ハイマツの雌花。ハイマツの松ぼっくりは,ホシガラスの大好物。その食べ残しをライチョウが食べる。


 TVの撮影クルーがいた。静岡放送という腕章をつけていた。

 ミツバツチグリ。葉が三葉になっている。よく似たキジムシロでは葉が5〜7枚になっているので区別できる。

 コバイケイソウの花は,小さな花の集まりで,群生することがある。大規模な群生は開花すると見事だ。

 ミクリガ池温泉の手前から左に折れて斜面を下り,地獄谷に向かった。発生する有害ガスの濃度が高いので注意するよう,途中に設置されたスピーカーから,日本語の他に英語と中国語でアナウンスしていた。
 地獄谷の縁を通過して回り込むと,
ロッジ立山連峰の建物が見えてきた。ここの温泉も名湯と言われ,キャンプ場の宿泊者が入りにくるそうだ。機会があったら私も入ってみたい。

 雷鳥沢野営場にはたくさんのテントが張られていた。しかし,最盛期よりはずっと少ない。

 チングルマも殆どが綿毛になっていた。咲き残ったものが少しあった。

 アカバナの仲間。咲いている場所から考えると,イワアカバナか。




 遊歩道は全て石畳と石の階段になっている。これはスゴイ

 ミヤマアキノキリンソウは別名コガネギク。今が最盛期 

 雷鳥荘。 北側にある玄関は2階
 雷鳥荘に泊まるのは今回が3度目。最初に来たのは,2008年4月で,アルペンルートの開通前に特別なツアーでここを訪れた。そのときは,除雪が間に合わず,この
3階の窓から出入りした

 部屋の窓からの眺め一の越を挟んで雄山と浄土山

 夕方外に出た。別山乗越にある剣御前小舎が夕日を受けてすごく近くに見えた。でも,あそこまで登るには2時間以上かかる。
 夕食はとても美味しかった。料理もお酒もたくさん頂いた。


 部屋に戻ると,お酒の効果もあってすぐに寝てしまった。

 翌朝は,日の出を見ようと,外に出た。キャンプ場を覗くと,大きな団体が朝食の準備をしていた。良く見ると,持ち込んだ大型テントのいくつかはレジャーテントで,かなり重いものだ。手分けして運んだのだろうが,大変だったろう。もっとも,その苦労が楽しみの基になると言うこともあるのだから,若さとは素晴らしいものだ。

 太陽は,真砂岳と別山の間から昇った。この写真を撮ったのが6時8分。稜線が高いので,天文上の日の出よりはずいぶん遅れている。いつものことなのだが,日の出を待つ時間が長く,身体の芯まで冷えてしまう。諦めて部屋に入ればいいのだが,もう少し,もう少しと考えて,あきらめがつかない。この時も,ついに諦めて部屋に入ったのだが,窓の外に光芒を見て慌てて外に飛び出し,急いでシャターを切ったのがこの写真だ。

 今朝は雲一つ無い良い天気だ。

ヘリコプターが盛んに荷揚げをしている。雄山の山頂に荷を降ろしていた。

 ヘリコプターは帰りも空では飛ばない。これは空になったドラム缶か。

 ゴゼンタチバナは,花の形が橘(タチバナ)に似ているという。

 イワオトギリは,オトギリソウの高山形だ。

 ミクリガ池温泉の裏手まで来ると,劔岳の山頂が顔を出してくる。雷鳥荘の前からではここまでは見えない。

 ミドリガ池の向こうに立山三山。もう雲が湧いてきた。本当に天気が良いのは早朝の数時間だけだ。

 黄色い花は,マメ科のイワオウギだ。オウギは扇ではなく中国の薬草黄耆からきている。
  黄色のシオガマはエゾシオガマ

 コバイケイソウ

 室堂山荘は,日本で最初の山小屋。その古い山小屋が修理復元されて,参観できるようになっている。



 「劔岳点の記」にも登場する玉殿岩屋(タマドノノイワヤ)。玉殿岩屋は立山開山伝説の聖地で,佐伯有頼[さえきありより]が阿弥陀如来と不動明王に立山の開山を命じられた場所とされている。ここにはこんな伝説が伝わっている。「佐伯有頼が,山裾で熊を射,その熊を追って白鷹に導かれ山を登ったところ岩屋からうめき声が聞こえた。中を覗くと胸に矢が刺さった阿弥陀如来が立っていた

 アオノツガザクラ。花が薄緑色なのでアオという。 

 これはツガザクラ。 花は白から薄いピンク

 ミヤマダイコンソウ。葉が大根に似ると言うが,似ているのは根生葉で,大きな茎葉が目立つため,見た限りでは似ていない。

 ハクサンイチゲ

              シナノキンバイ

 立山室堂に別れを告げ,10時30分発のトロリーバスで帰途に就いた。
 
楽しかった思い出を胸にダムを渡る

 順調に乗り継いで,12時には扇沢の駐車場に戻ってきた。

 昼食は,穂高町の「上條」で蕎麦を食べることにした。有名店なので,待たされることはある程度覚悟して出かけたのだが,1時間も待たずに食べることができた。
 昼食後は,一路宇都宮を目指した。
 5人で出かけたのは初めてだったが,楽しい思い出を作ることができた。できることならば,次回も計画したいと思っている。

ページトップへ