尾 瀬 沼

期日 2012年(平成24年) 4月21日(土)
 


コース・タイム


 自宅(4:25) ⇒ 大清水(6:30) 

 大清水(8:01) → 一ノ瀬(9:42-55) →
  → 岩清水(11:00-06) → 三平峠(12:30) →
  → 尾瀬沼(12:53-35) → 三平峠(14:01-05) →
  → 岩清水(14:47-50) → 一ノ瀬(15:19-24) →
  → 大清水(16:34)

 大清水(16:50) ⇒ 自宅(19:25) 


同行者

  BAKUさん,HIBARIさん,キレンジャクさん,
  kikiさん達のグループ,私 (全部で9人)

 しばらく山歩きから遠ざかっていたが,先週末に奥日光の社山に行って来て,なんとか歩けることが分かったので,今週は,残雪の尾瀬に行くことにした。残雪の尾瀬には,2004年,2006年,2010年に続いて4回目の山行だ。
 
尾瀬沼に入るには,大清水まで車で入るのだが,大清水までの道路が開通する時期と前後して,尾瀬沼の氷が弛み,上を歩けなくなる。どちらが先になるかは,その年の積雪量や気温の変化によって変わってくる。ここ数年は地球温暖化の影響か,暖冬のために,氷の弛みが早く,GWには渡れなくなることが多かった。私が初めて残雪期の尾瀬沼に行った2004年は,5月1日。沼の表面には,雪が解けた水たまりがたくさんできており,危険な状態だった。そこで,2回目の2006年は,大清水までの道路が開通したのが4月21日(金)で,金精道路が開通したのが4月25日(火)だった。我が家のある宇都宮から大清水に行くには,金精道路が通れないと,関越道経由で大変な遠回りになるので,平日だが仕事を休み,金精道路開通の翌日の4月26日に実行した。
 今年は,戸倉−大清水館の開通が
4月13日,金精道路開通が4月27日だ。前回に同行させてもらった,常陸野トレッキング倶楽部が,4月21日に尾瀬沼行きを計画していると言うことをネットで知り,同行させてもらうことにした。金精道路が未だ開通していないので,関越道経由になるが,北関東道が全線開通したのでそれほど大変ではないはずだ。
 予想通り,自宅から大清水まで2時間強で着くことが出来た。金精道路経由でも2時間程度かかるから,大きな差ではない。
 
大清水の駐車場は,除雪は完了しているが,停まっている車は僅かだった。

 大清水の休憩所も雨戸をはめ込んだままで,まだ冬眠中だ。多分,来週末からの営業となるのだろう。おかげで,駐車料金もまだ取られなかった。

 今まで気づかなかったが,興味ある標識を見つけた。なんと,鬼怒沼までの距離が6.0km,尾瀬沼までの7.5kmより少ないのだ。いつか歩いてみたいと思った。
 間もなく,BAKUさんとHIBARIさん,キレンジャクさんが到着し,続いてkikiさん達のグループも到着した。 おたがいに挨拶を交わ準備を進めた
 今回は,スノーシューと輪かんじきを車に積んできたのだが,今日はより軽量な輪カンジキを持っていくことにした。
 私の服装は,先週の社山と同じく,
ファイントラック フラッドラッシュ アクティブスキン ノースリーブの上に,モンベル クリマブロック ロッシュジャケット。 暑くなることが予想されたので,Tシャツを1枚ザックの中に入れた。下は,CWXの上に防水加工をした冬用のズボンを履き,頭にはバンダナの鉢巻きをした。輪カンジキをザックにくくりつけ,6本爪のアイゼンを持った。ピッケルは持たずに,ストックを2本ザックにくくりつけて歩き始めた。

 一ノ瀬までの林道には概ね50cmほどの積雪があった。気温が高いせいか,雪が弛んで柔らかく歩きにくい。

 ヤナギが花芽を膨らませていた。「ヤマネコヤナギ」という別名のある「バッコヤナギ」だろうか。
 一ノ瀬の休憩所はまだ冬ごもり中だった。屋根から落ちた雪が屋根まで届いていた。

 一ノ瀬からは本格的な山道になる。冬路沢に沿って登っていく。 足を踏み外せば,冷たい流れまで一直線だ。緊張させられる。

 暖かな春の陽射しの中を,沢の上流を目指す。私は,ロッシュジャケットをぬいで,Tシャツになった。しかし,紫外線が強く,むき出しの腕が日に焼けてジリジリと痛い。

 コース唯一の,冬路沢に架かった小橋。雪が乗ってスノーブリッジを作っている。

 私たちの30分前に,男性のソロが出発し,私たちは本日の2パーティー目。ルートを作りながらの前進には時間と体力がいる。先頭はBAKUさんに任せっきりで,申し訳なかった。
 岩清水はまだ雪の下で,小さな穴が開いているだけだった。当てにしていた水の補給は,出来なかった。




 岩清水から急斜面を30分ほど登ると,尾根の上に出る。木々の間から真っ白な燧ヶ岳が見えた。

 三平峠の看板は,上部が僅かに顔を出しているだけだった。確かに,前回より雪が多い。

 三平峠から真っ直ぐに沼まで下ると,真っ白な尾瀬沼の向こうに燧ヶ岳の勇姿が望める。

 燧ヶ岳の山頂。カメラの望遠で写すとすぐ近くに見える。いつかは残雪の燧ヶ岳に登ってみたい。

 沼畔で,燧ヶ岳を眺めながら思い思いに昼食を摂った。


 時間も過ぎていたので,名残を惜しみながら帰途に就いた


 三平峠から少し進んだ尾根から,至仏山の山頂が望める。このコースで,至仏山を見られるポイントは少ない。


 
一ノ瀬橋まで戻ってきた。日陰の気温は下がってきた。


 さすがに下りは早いが,一ノ瀬から大清水まで70分かかった。



 好天も終わりに近づいたようで,空一面に薄雲が広がってきた。


 氷結した尾瀬沼を訪ねるのは今回で3回目だが,期待を裏切らない素晴らしいものだった。できれば沼の横断をしてみたいと思うのだが,そのためには日帰りでは時間が足りない。長蔵小屋は営業中というので,何時かは長蔵小屋に泊まって沼の横断をやってみたい。
 常陸野トレッキング倶楽部には,BAKUさんのご厚意で,何度か同行させてもらっている。山行では,メンバーの皆さんとの楽しい交流とともに,BAKUさんから,リーダーとして必要なものを勉強させてもらっている。
 BAKUさん,HIBARIさん,キレンジャクさん,kikiさんほかのメンバーの方,お世話になりました。


ページトップへ