閉じる
尾 瀬 学校キャンプ下見

2012年(平成24年) 7月2日(月)~3日(火)


コース・タイム
7月2日(月)
 御池(10:30) ⇒ 沼山峠休憩所(10:47)
  沼山峠休憩所(10:55) → 沼山峠展望台(11:20-30) → 長蔵小屋(打合せ・昼食12:25-13:00) → 沼尻休憩所(13:50-14:05) → 見晴弥四郎小屋(15:55 泊)
7月3日(火)
  弥四郎小屋(7:20) → 赤田代休憩所(9:50-8:00) → 平滑ノ滝(8:20) → 三条の滝(9:00-20) → 赤田代分岐(11:00) → 東電小屋(11:25) → ヨッピ橋(11:45) → 竜宮小屋(昼食12:15-13:15) → 牛首分岐(13:45-50) → 山の鼻(14:25-15:20) → 鳩待峠(16:25)
 鳩待峠(16:30) ⇒ 戸倉P(16:55)

同行者
 Y先生,S先生

 7月の末に,中学1年生約40人をガイドして尾瀬に行く。今日はその下見として,Y先生(女性), S先生(男性)との3人でそのコースを歩く。生徒が2泊3日で歩くコースを1泊2日で歩くので, 2日目に歩くコースが長くなり,チョット大変だ。個人的にも,この時期の尾瀬は好きで,何度か訪れたことがあり, 今回もとても楽しみだ。

7月2日(月)
 宇都宮の出発時刻は,当日と同じ午前7時。今回は 沼山峠から鳩待峠までの縦走 になるので,マイカーで行くことはできず。 宇都宮から御池まで,学校が用意してくれたタクシーを利用することにした。 御池の駐車場 は,平日と言うこともあって停まっている車は少なかったが,大型バスが6台ほど停まっていたのが珍しかった。


 御池沼山峠 行きのシャトルバスに乗る。この時期,土曜日曜の朝早いバスには, ボランティアのガイドが乗車して,途中の案内や,登山の心得などをレクチャーしている。できれば生徒にも聞かせてやりたいので, バスの切符売り場で,そのボランティアの連絡先を聞いた。あとで連絡を取ってみよう。
 左の眼下に「ぶな平」 のブナ林が見える。

 バスの終点「沼山峠 」でバスを降り,身支度を調え出発した。木道 が整備されている

 足元にユキザサ(雪笹) が蕾を付けていた。

 エンレイソウ 延齢草 と書き,縁起の良い名前だ。この花には花びらがないのが特徴。

 沼山峠の展望台。ここが本当の 沼山峠  バスを降りたところから約80mほど登らなければならないが,木道が整備されており, 先を急がなければ苦しむほどではない。かつては,ここから尾瀬沼の全体が見渡せたのだが,今は樹木が育ってしまい。 尾瀬沼はわずかしか見えない。

 これはツクバネソウだが,8枚の葉が輪のように付いているので, クルマバツクバネソウ(車葉突羽根草)という。 普通のツクバネソウは葉が4枚

 峠から少し下ると,突然視界が開け, 大江湿原の端に飛び出す。

 イワカガミ(岩鏡)の花が残っていた。

 タテヤマリンドウ(立山竜胆) の群落。タテヤマリンドウは,早朝や夕方,また曇や雨の時は花は開かない。 こんなに満開なのは,天気が良い証拠。

 ヒメシャクナゲ(姫石楠花) も花の残っているものは少なかった。

 ワタスゲ(綿菅)の綿毛がきれいだった。

 オオバタチツボスミレ(大葉立坪菫) は,普通のタチツボスミレより,花も葉も大きい。

 ヤナギランの丘には, 平野長蔵とその家族のお墓がある

 長蔵小屋   歴史の重みを感じる建物だ。ここで昼食を食べ,沼尻に向かった



 沼尻休憩所は,長蔵小屋が経営している。沼尻は「 ぬじり」または「 ぬしり」と呼ぶのが正しい。

 ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅) は尾瀬には多いが,日光地区では殆ど見ない。

 モウセンゴケ(毛氈苔) は,葉の丸いのが特徴で,ナガバノモウセンゴケとは異なり,尾瀬以外の他の地区でも見られる

 見晴に出て最も原に近いところにある山小屋が,弥四郎小屋。 今日はここに泊まる。

 弥四郎小屋の前にある弥四郎清水  夏の暑いときには,この一杯が生気を取り戻してくれる。




7月3日(火)
 原に面した部屋を用意してくれたので, 窓から尾瀬ヶ原と至仏山が真正面に見える 。明るくなる時間を待って外を見たが,ガスが立ち込めていて,至仏山は見えなかった。 明るくなるに従ってガスが晴れていき,沼尻川の拠水林が見えてきた。

 身支度をして散歩に出た。
 レンゲツツジ(蓮華躑躅) の朱色は,この時期のアクセントとして貴重な存在だ。 レンゲツツジは鹿が嫌って食べないため,シカの食害を受けずに残る傾向がある。

 オゼタイゲキ(尾瀬大戟) は,花は目立たないが,花を取り囲む3枚の葉が薄黄色できれいだ。

 この時期,尾瀬ではたくさんのハクサンチドリ(白山千鳥) を見るが,色の濃さが微妙に異なっており,面白い。

 尾瀬ヶ原のウラジロヨウラク(裏白瓔珞 )は背丈が低い。大雪と貧栄養のために大きく育たない。


 部屋に戻って朝食を食べ,窓の外を見ると, 至仏山の姿が見えてきた。

 荷物を持って三条の滝に向かった。
 このルート は,整備が進んでおらず,昔の尾瀬を思い出させてくれる道だ。雨の後などは,道がぬかるんでいて歩きにくい。

 ヤグルマソウ(矢車草)。花壇に植える「矢車草」は正しくは ヤグルマギクと言う。

 三条の滝は,水量も豊富で迫力がある・

  ツル性の植物で,先の方の葉が白くなったものがあった。 マタタビ(木天蓼)だ。蕾を付けていた。

 赤田代の分岐を右に取り, 東電小屋に向かった。  最近架け替えられた尾瀬ヶ原橋 。見違えるほど立派になった。

 ブーンという音を響かせ,ラジコンヘリ が飛んでいた。何かの調査をしているらしい。

 聞いてみると,鹿の食害調査のために,ヌタ場を空から撮影しているのだという。 尾瀬パークボランティアのメンバーだった。

 ヨッピ橋 では,傷んだ板の取り替え工事を行っていた。50年前に来たときには,今にも倒れそうな吊り橋で, 足を載せる板も傾いていた。手摺りのワーヤーを両手でつかまりながら,恐る恐る渡ったものだ。

 トキソウ(朱鷺草) は本当に美しい。カメラの露出をオートにして撮影したら,露出が周囲に合ってしまい, 肝心の花は露出オーバーになってしまった。

 竜宮小屋。打合せを済ませ,ここで昼食。

 紫色の花はカキツバタ(杜若) 。カキツバタは,外花被片中央の線が白色。

 グラデーションがきれいだ。

 ニッコウキスゲ(日光黄菅) の季節はもうすぐだ。気の早い個体が数輪咲いていた。

ナガバノモウセンゴケ(長葉毛氈苔) は,尾瀬と鬼怒沼にしかない希少種だ。

 ここのワタスゲ(綿菅) は素晴らしい。私が今までに見た中で最高のものだった。

 ヒツジグサ(未草) は未の刻に花を咲かせるという。この写真もまた露出オーバーだ。


  オゼコウホネ(尾瀬河骨)も希少種だ。


 山ノ鼻の尾瀬ロッジ  当日はここに泊まるが,今日はうち合わせをしてから鳩待峠まで登る。

 打合せをしている間に雨が降ってきたので,カメラをザックにしまい込んでしまったため, この先の写真はない。  でも,この時期,今まで降られなかっただけ幸運だったと言える。
 キャンプの下見と言うことだったが,同行された二人の先生には申し訳なかったが十分に楽しませてもらった。 やはり, 尾瀬は,何時来ても,誰と来ても素晴らしいところだ。
さて,中学生に,尾瀬のこのよさを分かってもらうために,事前指導を工夫し,がんばらなければならない。

 ページトップへ