閉じる
古 賀 志 山

2012年(平成24年) 10月13日(土)



コース・タイム
 自宅 ⇒ 赤川ダム駐車場
  赤川ダムP(6:30) → 登山口(6:40) → 東稜見晴(8:15) → 中尾根分岐(8:40) → 北登山口(10:10) → 駐車場(10:20)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 自宅

同行者
 単独

 今日は11月末に予定されている 燕岳登山に向けてのトレーニング と言うことで,いつもより早く家を出た。

 赤川ダムの駐車場 は8時30分にならないと開かないので,駐車場外の駐車スペースに車を停めた。でも既にたくさんの車 が停まっていた。


 赤川ダムのダムサイト上から古賀志山 を見た。今日は天気も最上で,朝日を受けて光っている。

 今日は,東稜から登って,中尾根を下ることにした。この橋 の向こう側で,右に入って急斜面を登っていく。

 根がむき出しになった斜面 を登っていく。根が適度な足がかりになるので,滑らずに歩きやすい。周りはヒノキの植林だ。

 東尾根の突端まで登ると,赤川ダム湖 が見渡せる。今日は湖面から湯気が立っている。

 一度鞍部 に下ってから,登り返す。この周囲もヒノキ の植林だ。薄暗い。 先を急がずにゆっくりと登る。

 東尾根の途中から左に折れ, 東稜南の岩場 に向かう。この岩場にもクサリやロープが設置されているのだが, トレーニングのためにこれを使わずに上り下りしている。この写真の岩 は,正面を真っ直ぐに登る。なかなか簡単ではないので面白い。 久しぶりの岩上りなので,腕がすぐにだるくなってしまった。翌日は腕の筋肉痛に悩まされた。

 東稜見晴らしから見た 鹿沼市街地。背後の山は 太平山

  筑波山 が,たなびく霞の上に浮かんで見えた。


 東稜からは,日光連山 は見えにくい。後から雲が出てきて,天気は下り坂のようだ。

 富士見峠から,中尾根分岐を目指して少し登ると,歩道の左側が 伐採されて開けている。今までと風景が一変していた。

 伐採地にはヒノキの苗 が植えられていた。

 この斜面を登った先が,中尾根への分岐だ。

 中尾根を通って,通称クランクピークで縦走路から外れ, 岩場を真っ直ぐに下った 。このコースは,一般コースではなく,当然に未整備のままで,それが魅力なのだが, 最近,赤テープなどを付ける人がいて,おもしろみが無くなってきた。
 たぶんこのテープは,一般ハイカーのために,その目印としてだれかが付けたのだと思うのだが, これは良いことなのだろうか。
 たとえ,善意で付けたのだとしても,もし,技術のない初心者が入ってきて, そのために事故を起こしたとすると,テープを付けた人の責任も問われてしまう。
 登山道の中には,自分でルートファインディングができ, 自分が通れるコースかどうかを判断できる人だけが通るルートというものがあっても良いと思っている。


 北登山道まで降りてきて,北登山口へ向かって歩いていった。 途中,水害で,道が大きくえぐられたところなどがあったが,補修が間に合わないのだろう。
 今日は,トレーニングと言うことで,ややペースを早めて歩いたが,思った以上に歩けたのでホッとした。

 ページトップへ