会津駒ヶ岳・中門岳

期日 2013年(平成25年) 9月26日(土)

コース・タイム
 
 宇都宮(3:40) ⇒ 東北道 ⇒ 西那須野IC ⇒ 塩原 ⇒ 上三依 ⇒ 中山トンネル ⇒ 会津駒ヶ岳登山口(5:40)
 
   登山口(6:20) → 水場(7:40-50) → 展望台(8:50-9:00) → 駒ノ小屋(9:15) → 駒ヶ岳山頂(9:35) →
       → 中門岳(10:10) → 中門大池(10:20ー40) → 駒ノ小屋(11:25-40) → 展望台(11:50-55) →
                             → 水場(12:30-35) → 休憩所(13:20-30) → 登山口(13:50)

 駐車場(14:10) ⇒ 中山トンネル ⇒ 上三依 ⇒ 鬼怒川温泉 ⇒ 大沢 ⇒ 宇都宮(17:00)


メンバー

   私(単独)

 前回,秋の会津駒・中門岳を訪れたのは2006年だから,7年前になる。天上の楽園の佇まいに感激して,再び訪れる機会を待っていたのだが,やっとそのときが来た。今年の夏は山歩きから遠ざかっていたので,体力低下は確実だった。そこで,先週末,テストを兼ねて奥日光の社山に登ってきた。楽ではなかったが,何とか歩くことが出来た。そこでいよいよ今週,会津駒・中門岳に行くことにした。
 宇都宮市の自宅から登山口まで約150km,約2時間半かかる。そこで,自宅を午前3時半に出て,檜枝岐の登山口に向かった。いつもは,鬼怒川温泉経由で走るのだが,今回は,高速道を西那須野ICまで走って,塩原温泉経由で行ってみることにした。深夜と言うことで,交通量は少なく,会津駒ヶ岳の登山口まで,約2時間で到着した。登山口の駐車場には,既に15台程度の車が停まっていた。私も,路肩の広くなっているところに車を停め,コンビニで買ってきた助六弁当を食べた。身支度をして歩き始めたのは6:10を少し過ぎていた。
 駐車場の直ぐ上まで日が差して来た。
今日は良い天気だ。
 いつもは,登山口の階段前まで車で行けるのだが,今日は一つ手前のカーブで通行止めになっていた

 登山口はこの階段。この木製階段も痛みが目立つようになってきた。写っている女性は同行者ではありません。たまたま写り込んだだけ。

 登山道は木漏れ日も差し込み,明るいく,気分が良い。

 約30分歩いて,いつもの休憩場所についた。何度か登っているうちに,休憩場所は決まってしまう。

 登山道は,足元にからみつく草もなく,大変に歩きやすい

 1時間25分で水場の休憩所に着いた。水場はここから左手に少し下ったところ。

 登山道の整備が進んでいた。木枠の中に玉石を入れた階段は,歩きやすかった。

 赤い実はオオカメノキの実。もうじき葉も紅葉する。

 今日は,まだ,体力に自信がないので,歩くことに全力を注ぐことにした。どのくらいの時間で歩けるか,時間を計りながら歩くことにした。写真も,途中で立ち止まって撮影することは出来るだけ控えるようにした。
 抜けるような青空。今日は雨の心配はしなくて良いようだ。

 立木の間から駒ヶ岳の東尾根が見えた。
 反対方向には燧ヶ岳。今日は,私の友人が燧ヶ岳に登っている。御池の駐車場で夜明かしし,早朝にスタートすると言っていたから,今頃は山頂に立っているかも知れない。

 傾斜が緩くなると,木道が現れる。最近刈り取った笹の葉が木道に乗っていて滑りやすい。

 展望台は標高1990m。ここから,駒の小屋駒ヶ岳山頂が見渡せる。ここまで来ると苦しい登りは一段落する。あとは,景色を見ながら楽しく歩くことができる。


 展望台からのパノラマ (写真をクリックすると大きな写真が見られます)

 駒の小屋への最後の登り。先を急がずゆっくりと歩く

 駒の小屋の前にある分岐標識。ここで道は,山頂方向と,御池・キリンテ方面に枝分かれする。


 駒の小屋は,完全予約制の素泊まり小屋だ。管理人がいて,寝具などはあるが,食事は提供されない。

 駒の小屋前で,山頂方向に進むと,間もなく山頂への登りになる。
 途中から,
日光方面が見渡せる。(写真をクリックすると,山名に入った大きな写真が見られます。)


 燧ヶ岳の手前には,駒の小屋と,駒の池が。

 駒の小屋を望遠レンズで覗いた。後ろにある大きな方の建物がトイレだ。

 燧ヶ岳は,均整のとれた美しい姿だ。

 駒ヶ岳山頂は,立派な標識があるが,見晴らしは良くない。写真だけ撮って中門岳に向かった。

 中門岳へのなだらかな稜線に木道が伸びている。

 中門岳の最高点 目立ったピークはなく,山頂標識もない。標識は,少し戻った中門大池のほとりにある。

 秋の雲を写した中門大池

 中門岳の標柱「中門岳(この一帯を云う)」と書かれている。




         タテヤマリンドウ



 オヤマリンドウ

 正面が駒ヶ岳。帰路では山頂をパスし,右側の巻き道へ。

 チングルマはすっかり綿毛になっていた。

 駒の小屋でトイレを借り,少し休憩して下山を開始した。駒の小屋の前から自宅に電話して,無事を伝えた。ここからは携帯が繋がる

 登山口の階段まで降りてきた。

 前回は足の小指の先が靴に当たって痛かったが,今回は,予め絆創膏を二重に貼ってガードしたので,強い痛みは出なくて済んだ。おかげで,前回2時間45分かかった下りが,今回は2時間10分で下ることが出来た。膝の痛みも出ずに,概ね快調だった。
 少し自信を取り戻した。


ページトップへ