閉じる
古 賀 志 山

2013年(平成25年) 12月7日(土)


コース・タイム
 自宅 ⇒ 赤川ダム駐車場
  駐車場(8:55) → クランクピーク(10:30) → 昼食(11:40-12:10) → 富士見峠(12:25) → 北登山口(13:00) → 駐車場(13:20)
 赤川ダム駐車場 ⇒ 自宅 

同行者
 チコ

 一週間前の天気予報では傘マークが付いていたのだが,直前になって傘マークが取れた。風もなく穏やかなので, 古賀志山に行くことにした。
 古賀志山に向かう車窓から見える日光連山 の上空には黒い雲が浮かんでいた。奥白根山 には雲がかかっておりその姿は見ることができなかった。

 古賀志山には,11月16日 以来3週間ぶりだ。 駐車場に着いたのは3週間前と同じ時刻だったが,車の数は前回よりかなり少なかった。


 駐車場で身支度をして歩き出したのは前回より少し遅れて8時55分。いつもの,ダム突堤から眺める 古賀志山は,今日もきれいだ。

 釣り堀の脇から,北登山道に入る。 ここはスギの植林が密集していていつも薄暗い。

 道ばたにフユイチゴ が赤い実をつけていた。名前通り,冬に実をつける珍しい苺だ。 赤く熟した実は,甘酸っぱくて美味しい。鹿児島県の 甑島(こしきじま)では「 親孝行イチゴ」というのだそうだ。

 富士見峠に向かう道は,雨水で浸食され, 河原のようになっている。この道は,もともと作業用に車が通った道なのだが, 今は荒れてしまって車が通ることはできない。

 富士見峠に向かう道の途中から,右側の斜面に入り,通称「 新道コース」と言われているコースを登る。このコースは, 中尾根の中央部に直接登る道で, 岩場 を登ることができる楽しいコースだ。このコースには何カ所か見晴らしの良いところがある。高度が上がっていくと, 眼下に赤川ダム湖が見える。

 今日は,霞んではいるが筑波山 が見えた。


 それほど大きな岩ではないが,露出した岩なので,高度感はかなりある。

 中尾根の南に並行している尾根(東尾根 )の中程に露岩 がある。この路岩は,山行を終えた帰路にここで休憩し,一日の山行を振り返って反省する場所として「 反省岩」と呼ばれている。

 中尾根を西に進み,縦走路に出るところが「中尾根分岐 」だ。

 中尾根分岐の北隣のピークが「559 」だ。標高がそのまま名前になったピークで,裏古賀志山 の中心だ。

 北尾根分岐から南に富士見峠に向かうと,西方が伐採された所に出る。伐採された材木は大震災の 災害復興に使われたと言われる。その影響なのか,尾根では 大きな木が何本も倒れていた。

 古賀志山にはたくさんのバリルート があるが,ここもそのひとつ。ヘルメットをかぶった完全装備のグループが登ってきた。

 雲が多くなり,日の陰る時間が長くなってきた。今日は,東稜へは行かず, 富士見峠 から下ることにした。チコは,ここから下るのは久しぶりだという。 記録を調べたところ,前回歩いたのは,少なくとも10年以上前だ。

 山道を下ってくると,ベンチのある広場 に出る。かつてはここまで作業用の車道が通じていたところだ。ここからは林道歩きになる。

 古賀志山にも多くはないがカエデ がある。

 駐車場に戻ってきた。週末にはここに野菜の直売所 ができる。新鮮な野菜が安価で購入できる。ハクサイとダイコンを買った。


 チコは何とか歩き通すことができたが,富士見峠から下る階段道では,足に衝撃が加わるので,痛みが出てしまう。 なだらかな道では痛みはないのだが,痛みを我慢してでも歩いた方が良いのだろうか。
 帰路,いつものリンゴ園でリンゴを買って帰った。やはり,新鮮なリンゴは美味しい。  今日の夕食は手作り餃子だ。朝,家を出る前に皮になる粉を練って,冷蔵庫に寝かせてきた。

 ページトップへ