尾 瀬

期日 2014年(平成26年) 10月10日(金)〜11日(土)
 


コース・タイム

10日

 自宅(5:00) ⇒ 金精峠(6:12) ⇒ 大清水(6:53)

   大清水(7:30) → 一ノ瀬(8:40-50) → 岩清水(9:33-35) → 三平峠(10:30-45) → 長蔵小屋(11:24-53) →
    → 沼尻(12:46-13:00) → 白砂峠(13:25) → ダンゴヤ沢(14:01) → イヨドマリ沢(14:24) → 見晴弥四郎小屋(15:00)

11日

   弥四郎小屋(7:34) → 竜宮十字路(8:00-08) → 牛首分岐(8:42) → 休憩(8:46-50) → 山ノ鼻小屋(9:21-32) →
             → トイレ(9:34-50) → テンマ沢(10:03) → ヨセ沢(10:23) → ハトマチ沢(10:39) → 鳩待峠(10:54) 

  鳩待峠(11:00) ⇒(シャトルバス)⇒ 戸倉バス停(11:24-12:04) ⇒(路線バス)⇒ 大清水(12:16)

 大清水(12:27) ⇒ 寄居山温泉(12:50-13:44) ⇒
             ⇒ 沼田IC(14:27) ⇒ 高崎IC(14:50) ⇒ 知人宅(15:11-18:00) ⇒ 前橋IC(18:17) ⇒ 自宅(19:28)


メンバー

   チコ,私

 昨年も10月初旬に尾瀬を訪れた(レポ)が,今年もまた,あの澄んだ空気と絶景に会いたくなって,尾瀬に行くことにした。昨年は,チコの足のこともあって,鳩待から入って東電小屋に泊まり,再び鳩待に戻って帰ってきたのだが,今年は少し欲張りなコースを考えてみた。
 
大清水から入って鳩待に抜けるコースを考えたのだが,こうなると,自分の車をどこに置くかが問題となる。初めにに考えたのは,戸倉まで車で行きそこに車を置いて路線バスで大清水まで行く案だった。大清水から尾瀬沼を廻って尾瀬ヶ原まで歩き,翌日に鳩待まで行ってシャトルバスで戸倉に戻る。良い案なのだが,この案で問題となるのは,戸倉から大清水まで行くバスの便が悪く,行動開始が遅くなってしまうことだ。最も早いバスで行っても,大清水着は8時55分になってしまう。この時間では,尾瀬ヶ原まで行くのが厳しい。
 このコースの場合,いずれにしても,戸倉と大清水の間は路線バスを使わなければならないのだが,今回は,
大清水まで自分の車で入ってそこに車を置き,最後に,戸倉から大清水まで路線バスで戻ることにした。

10月10日(金)

 朝の行動開始が早ければ,その後の日程が楽になる。そこで,
5時に宇都宮の自宅を出発した。外はまだ真っ暗で,南の空にはオリオン座が輝き,西の空には満月を2日過ぎた月が輝いていた。
 スムーズに走って,7時前に
大清水に着いた。上の駐車場にも余裕があった。ここで朝食を取り,身支度して歩き出したのは7時30分だった。

 いつものことだが,大清水一ノ瀬の間の林道歩きが辛い。今年の7月に来たときには,社会実験として無料のシャトルバスが運行していて利用させてもらったのだが,今は社会実験も終了しており,自分の足で歩かなければならない。無い物ねだりをしても仕方ないので,頑張って歩いた。

 朝の冷気が爽やかで気持ち良い。用意してきたジャケットは着ずに,シャツで歩いたが,寒くはなかった。


 林道は,車の通行を増やそうとする準備なのか,路肩の整備やガードレールの新設が行われていた。


 奥日光でも
ツキノワグマの出没が話題になっているが,尾瀬でも増えているらしい。注意書きが掲示されていた。

 一ノ瀬の休憩所まで70分かかったが,このくらいでちょうど良い速さだ。ここまで飛ばしすぎると,後半の歩きに響いてくる。

 一ノ瀬橋(三平橋)を渡って,ここから山道になる。山腹の紅葉がきれいだ。

 山道に入って間もなく,沢沿いの道になる。残雪期には急斜面のトラバースとなり,緊張させられる処だ

 冬路沢橋を渡って斜面を登っていく。この橋も随分傷んだ。




 カエデの紅葉が目に飛び込んできた。



 本当の岩清水は,水の湧き出していた岩壁が林道工事で削られたために,今はもうない。代わって,その近くの湧き水が岩清水と呼ばれている。

 廃止になった林道跡から木の階段を登る。斜面に陽が当たって紅葉がきれいだ。

 青空と紅葉の対比がすばらしい。


 紅葉と黄葉が入り混じったパステルトーンが美しい。
 ヤマボクチは大きなアザミのようだ。この葉の綿毛を蕎麦の繋ぎに使うという。

 岩清水から1時間弱で三平峠に着いた。快調だ。

 三平峠から少し下ると尾瀬沼が見えてくる。

 三平下の休憩所

 新しい木道(この部分は7月に来たときには完成していた。)

 燧ヶ岳の頂上に懸かっていた雲も取れたが,依然として雲は多く,移動が早い。尾瀬沼の水面も波立っている。

 新しい木道の工事が進行中だった。長蔵小屋まで繋がるのかな?


 長蔵小屋の売店。ここで昼食にした。

 昼食を終えて,沼尻に向けて歩き始めた。大江湿原


 木道工事に伴う
資材の輸送にヘリが活躍していた。

 「ヤナギランの丘」にある平野長蔵一家の墓所がよく見える。

 大江湿原のシンボルツリー「三本唐松

 シラカンバの黄葉も進み,葉が落ち始めていた。

 この時期には花に会うことは望めないが,きれいな実に会うことはできる。これは,ゴゼンタチバナ
 風で波立った水面に陽光が反射してきれいだった。

 沼尻平からは燧ヶ岳の頂上が近くに見える。

 沼尻の休憩所 間もなく扉を閉じ,冬期休業に入る。

 燧ヶ岳南面の黄葉

 休憩所で一休みして先に進んだ。ここは白砂湿原。大きな池塘があり,水面に黄葉を写して見るのが絶景なのだが,今日は風が強く,水面が波立ってしまい,良く写らない。

 白砂湿原から少し登ると白砂峠だ。ここから先は見晴までダラダラ下りとなる。
 沼尻川に沿った歩道は,黄葉がきれいだ。

 ここは黄葉が多いのだが,きれいな紅葉もあった。

 やはり紅葉は鮮やかできれいだ。

 木道に落ち葉が落ちていて風情があるのだが,足を乗せると滑って危険だ。

 燧ヶ岳に登る「見晴新道」は登山道流失のため通行止めになっている。


 ゆっくり歩いたので,沼尻から見晴まで2時間かかった。

 今夜の宿は弥四郎小屋。風呂は3時半からということで最初に入ったが,浴室も浴槽もきれいで快適だった。


 
夕食 また,写真を撮るのを忘れて食べ始めてしまい,食べかけを撮影。

 部屋は別館の2人用部屋。狭さは仕方ないが,清潔で快適だった。


 夕食後,談話室に行ってみたが,話のできそうな相手ではなく,そのまま部屋に戻って布団に入った。



10月11日(土)

 朝は5時半頃から明るくなり始めた。別館の2階の廊下の突き当たりから尾瀬ヶ原が正面に見える。まずそこから写真を撮った。
 
ASA100,f3.5で1/15 至仏山の頭が,たなびいた雲の上に出ている。

 満月を3日過ぎた月がこうこうと輝いている。


 6時からの朝食を終え,別館に戻るため外に出ると近くまで靄が迫っていた。もしかしてと思って待っていると,白い淡い光の帯が左下から右上に向かって伸び出した。このまま伸びていけば白い虹になる。あわてて,部屋に戻っていたチコを呼びに行った。光の帯は淡いながら伸びていき,弧を描いた。白い虹の完成だ。慌てて写真を何枚も撮った。肉眼で見えていても写真には写りにくいことを良く知っているので,無駄を覚悟でたくさんシャッターを切った。全体を撮したかったのだが,私のカメラではどうしても両端が切れてしまう。そこで,後で繋ぐことにして,左右の2枚に分けて撮影した。
 
白い虹は,靄などのようにごく小さな水滴に光が当たった時に,光が分散せずに屈折するために起こると言われている。同様の理由で,山で見られるブロッケン現象も白い虹であることが多いのだ。

 身支度をして宿を出たのは7時半。至仏山の麓には靄がたなびいていた。

 今日は昨日よりも良い天気だ。こんな良い天気はめったにない。
 朝の間たなびいているも,陽が昇ると蒸発して消えてしまう。



 燧ヶ岳もきれいに見えている。

 沼尻川拠水林シラカンバの白が草モミジに生えてきれいだ。

 この橋の下を流れている川が沼尻川で,尾瀬沼から流れ出ていて,ヨッピ川に合流し,只見川となる。この川が,福島県と群馬県の県境。



 竜宮小屋

 シカによる食被害からの回復状況を調査するため,湿原の一角がネットで囲まれていた。




 至仏山がだんだんと近づいて来た。

 ヒツジグサの紅葉は水面に写った青空との対比でとてもきれいだ。


 至仏山 左からせり出した小山が「牛首」だ。


 至仏山が近づいた分だけ,燧ヶ岳が遠くなる。


 牛首三叉路。 さすがに人が多い。
 「逆さ燧」 池塘に燧ヶ岳が写る。

   ヒツジグサ


 ズミの実

 至仏山の山腹を望遠レンズで覗くと,頂上を目指すたくさんの登山者が見えた。


 山ノ鼻で休憩。宿でもらってきたお湯でコーヒーを入れて飲んだ。
 川上川橋 この下の川上川はヨッピ川に流れ込み,只見川となる。


 樹木の紅葉は草モミジとは違った鮮やかさだ。

 この石畳道を上れば,鳩待峠はもうすぐだ。

 
鳩待峠には,入山者を数えるカウンターが設置してある。

 鳩待峠休憩所 念願の花豆ソフトを食べることができた。


 
ハナマメソフトを手に持ったまま,11時発のシャトルバスに乗り込んだ

 戸倉のバス乗り継ぎ所 ここで大清水行きのバスに乗る。


 バス発車まで時間があったので四阿で休憩


 12時3分発のバスに乗り,大清水へ着いたのは12時16分。大清水の第一駐車場は満杯だった。


 大清水の駐車場を発って,鎌田の寄居山温泉センターに寄って汗を流した。

このまま
金精峠を越えて宇都宮に向かうのが最短距離なのだが,奥日光の紅葉渋滞が心配なので,沼田ICから関越道に乗り北関東道経由で帰ることにした。途中,高崎で知人宅に寄ってから帰宅した。

 めったにない好天気で,すばらしい尾瀬を満喫することができた。


ページトップへ