閉じる
古 賀 志 山

2014年(平成26年) 11月15日(土)


コース・タイム
 自宅(8:03) ⇒ 赤川ダム駐車場(8:30)
  駐車場(8:46) → 北登山道入り口(9:02) → 取り付き(9:17-22) →(新道コース)→ クランクピーク(10:34) → 昼食(11:20-12:00) → 富士見峠(12:07) → 水場(12:37) →東尾根→ 登山口(13:21) → 駐車場(13:40)
 赤川ダム駐車場(13:43) ⇒ 自宅(14:41)

同行者
 チコ

 今日は久しぶりにいい天気なので,古賀志山 に行ってみることにした。
 赤川ダムの突堤からは,ダム湖の向こうに 古賀志山 の主峰が見える。ダム湖の周囲は木々が紅葉してとても美しい

 今日はどのコースを歩こうかと思案したのだが,岩歩きが楽しい, 「新道コース」を通って 中尾根に登ることにした。
 釣り堀のところの橋の手前を右に入って,北登山道を行く。 ここは,いつも薄暗く寒いところなのだが,間伐されたので,最近はいくらか明るくなった。

 赤川ダムに流れ込む赤川 は,文字通り赤い水が流れ,川底は赤く染まっている。ここは,貴重な ムカシトンボ の生育地だ。採集などは禁止され,保護されている。ムカシトンボ は,化石時代の特徴を残した小さなトンボで, 成長してもほとんど移動せず,この周辺だけで一生を終えるという。

 ホウノキ の葉がたくさん落ちていた。信州では, ホオノキの落ち葉が多く葉裏を見せる年は雪が深いと言ういい伝えがある


 新道コースには,手頃な岩があり,楽しみながら登ることができる。



 意外と高度感があり,振り返ると,赤川ダム湖 と田気山が見える。


 手がかりを見つけながら登るのは楽しい。

 中尾根は,岩場の多いアップダウンが続く尾根だが,こんな穏やかなところもある。 アブラツツジの紅葉がきれいだ。

 ここの紅葉 は,けっして派手なものではないが,独特の雰囲気がある。

 日光方面は雲が多く,男体山 も見ることができない。



 富士見峠  ここから北登山道を下り,途中から東尾根に登り返すことにした。

 登山道の両側にはフユイチゴ が赤い実を付けていた。

 赤い実を一つつまんで口に含むと,ほんのりと甘酸っぱく,子供の頃を思い出す懐かしい味がした。

 水場の手前から,丸木橋で沢を越え,東尾根の中程に出る。

 東尾根の尾根道には落ち葉が敷き詰められている。

 東尾根の中程にある「反省岩 」と呼ばれる岩から,中尾根を望む。

 釣り堀の傍の登山口に降りてきた。



 公園の中を通って駐車場まで戻る。公園のカエデ は,グラデーションがきれいだ。

 駐車場に戻ってきた。


 古賀志地区はリンゴの産地だ。帰り道で,知人のりんご園によって,リンゴを買って帰った。  良い天気の中,楽しい山歩きができて満足だった。


 ページトップへ