高  山

2015年(平成27年) 1月5日(月)


コース・タイム
 宇都宮(6:50) ⇒ 竜頭の滝上P(7:55)
      駐車場(8:35)  →  山頂(11:20-50)  →  駐車場(13:35)
 駐車場(13:47) ⇒ 宇都宮(14:55)

同行者
   単独

 新年の登り初めとして高山に登った。この時期に高山に登るのは今回で4回目だ。高山は,危険なところも少なく,手軽に雪山が体験できる場所だ。今年は,先行者のトレースを利用させてもらおうというずるい考えで,年末年始の休日が終わった1月5日に登ることにした。運良く,天候も絶好となり,楽しい登山ができた。
 宇都宮の自宅を出るときの外気温はマイナス1℃。晴れた割にはあまり冷え込んでいない。
 日光バイパスからは,たっぷりと雪を蓄えた女峰山が見えた。私の技術と体力では,この時期の女峰山には登れない。


 中禅寺湖畔からは,ピラミダルな社山の姿が美しい。今年も雪のある時期に登ってみよう。


 湖岸道路の路面にはうっすらと雪が残り,凍結している。緊張させられる。
 竜頭の滝上駐車場に到着。 停まっている車は無いが,気温はマイナス1℃と,宇都宮と同じだ。


 準備をしていると,1台の車がやってきた。乗ってきた人がスノーシューを履いていたので,どこに行くのか訪ねたら,戦場ヶ原を歩くという。どうやら高山は一人歩きになりそうだ。


今日の服装は,
 ボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツにモンベルのクリマブロックロッシュジャケット。その上にラテラのDUALUXジャケットを着,頭にはニット帽を被った。
 靴は冬用のZAMBELON PERMO アイゼンはcharlet moser s12を登山口で装着した。ストックはザックに取り付け,ピッケルを手に持ってスタートした。

 正面に見えるのが,高山の東尾根のピークで,今日は直接ここに登る。夏道は,このピークの右を廻ってその先の鞍部に出るのだが,途中に雪崩の危険個所があるので,積雪期は通らない方が良い。


 正月休みの間にたくさんの人が登ったらしく,予想通りトレースがしっかりと付いている。車に積んできたスノーシューは,そのまま置いてきたが,正解だった。


 トレースは,途中で左に折れ,谷を詰めて尾根に達するように付いていた。私は夏道を真っ直ぐに進んで尾根を越えるところで尾根に取り付いた。この尾根にはトレースは無かった。この尾根は,少し痩せたところもあって,初心者には向かないかも知れない。まもなく谷を登ってきたトレースと合流する。

 この尾根で私が最も気に入っているツインツリーミズナラブナが根を絡ませあって立っている姿がとても可愛い。
 駐車場から50分弱で尾根の東端に登り付いた。前回(2013年1月4日)は約40分で登ったのだが,今回は雪が多かったので時間がかかった。


 尾根から中禅寺湖が見える。今日は風もなく穏やかで,水面が陽光を反射してキラキラ輝いている。


 シャクナゲの蕾も大きく膨らんで春の訪れを待っている。でも,心なしか蕾の数が少ないような気がした。


 頂上手前の案内看板。示している時間は,当然ながら夏(無雪期)時間

 頂上手前の急斜面。純白の雪面が美しい。



 しっかりとトレースが付いているので,ずいぶん楽に登れた。


 山頂に到着  駐車場から2時間45分かかった。雪が深かったので前回より時間がかかった。
 山頂で湯を沸かしてカップ麺とコンビニで買ってきたおむすびを食べた。風もなく,日向にいると眠くなるほど温かい。
 帰路をどうしようかと考えた。無名峠に下って戦場ヶ原方面に行くか,中禅寺湖方面に行くかが一般的だが,山を下りた後が長くてつまらない。そこで今日は,敢えて来た道を戻ることにした。積雪期にこの尾根を逆方向に歩いたことはなかったので,興味があった。同じ道でも往きと帰りでは景色が違うので楽しみだ。何より,長い時間雪を楽しむことができる。 


 戦場ヶ原も,今年は雪が多いのだろうか。


 戦場ヶ原の対岸に太郎山が見える。

 男体山


 夏道は,この鞍部から左に別れていく。私は尾根伝いに直進する。


 「ピーッ」という鋭い鳴き声が聞こえたので前方を見るとシカが数頭走り去っていった。ここはシカ除けネットの外になる。暖冬の影響なのか,山を降りずに奥日光で冬を過ごす「越冬鹿」が増えた。


 登山口のシカゲートまで降りてきた。尾根の途中からトレースに沿って谷を下ってきたが,急傾斜の斜面は,落ち葉の上に積もった雪が滑りやすく,思ったより大変だった。


 登山口から見た男体山


 駐車場の車が3台に増えていた。観光客で賑わう奥日光も,冬は人が少ない。

 高山は,春夏秋冬いつ登っても楽しめる山だ。中でも,シャクナゲの開花時期には,大賑わいを呈する。紅葉時期にも奥日光は大賑わいだが,高山は比較的静かな山歩きを楽しむことができる。

 私は,静かに山を感じるような山歩きが好きだから,今の時期が大好きなのだ。ところが,奥日光の真冬は天候が安定しない。日本海側の雪雲が山を越えてやってくることが多く,平野部で晴れていても,奥日光は雪雲に覆われることが少なくない。
 そんな中,今日は本当に良い天気だった。気持ちを残しながら帰途に就いた。

ページトップへ