石 楠 花 平

2015年(平成27年) 2月21日(土)


コース・タイム
 宇都宮(7:25) ⇒ 日光湯元P(8:40)
   駐車場(9:15) → 泉源(9:45) → 金精道路(10:00) → 石楠花平(11:10-35) → 金精の森分岐(12:05) → 駐車場(12:45)
 駐車場(12:50) ⇒ 宇都宮(14:15)

同行者
    チコ

 チコのスノーシュー の修理も完成したので,ふかふかの雪の上を歩こうと,またまた 奥日光に向かった。  赤沼から,戦場ヶ原,小田代原をまわるコース も考えたのだが,足跡のないふかふかの雪の上を歩きたいのならば,やはり 湯元が良い。ここには,整備された 金精沢コース,石楠花平コース,小峠コース などがあり,安心して歩ける。また,ルートを外して新雪の上を歩くこともできる。


 宇都宮の自宅を出発する時の気温は 0℃。この時期にしては暖かい。


 いろは坂の明智トンネル を抜けたところから,真っ白な白根山 が見えた。今日は最高の天気だ。

 途中通過した赤沼茶屋 の駐車場はすでに満杯で,たくさんの車が路肩にまではみ出していた。湯元を選んで正解だった。湯元も, ビジターセンター前の駐車場 は満杯で,通路にはみ出して停まっていた車をやっとの事ですり抜け, ボランティアハウス前に車を停めた。


 駐車場に車を止めたときの気温は,氷点下9℃ 。2月7日の庵滝のときに赤沼で経験した気温と同じだった。かなり冷え込んでいる。

 ビジターセンター に行って挨拶しながら,コースの状況などを確認した。雪崩の危険などは今のところ無いという。


 今日は石楠花平コース を反時計回りに歩くことにした。泉源から金精道路までの急斜面は, 登るのは大変だが,スノーシューで下るのはもっと大変なのだ。 もともとスノーシューは平地を歩くための道具で,特に斜面を下るのは苦手だ。

 温泉街から温泉寺への道に入った。 頭に雪を乗せた灯籠 がおもしろい。泉源でスノーシューを付けることにして,手に提げて歩いた。



 泉源から 金精道路 まで,この急斜面をジグザグに登る。いつ来ても,ここを登ると,道路に着くまでに一汗かいてしまう。


 温泉寺と泉源の間には湿地 が広がっている。高架式の木道が掛かっているのだが,いまは雪の下に埋もれている。

 泉源でスノーシューを履き,金精道路を目指した。 今日は風もなく,低い気温の割には暖かだ。汗をかかないように,休み休み,ゆっくりと登った。

後ろから,旅館の泊まり客と思われる数人のおばちゃんたちが,長靴を履いて登ってきた。空身だったので, 道路まで行って戻るのだろうと思っていたら,道路から蓼ノ湖に向かって降りていった。たぶん, 旅館で聞いてきたのだろうと思うが,いい天気とはいえ,普通の服装だったので驚いた。 山をなめてかかるととんでもないことになる。

 金精道路は,冬期閉鎖中は除雪は行わない。この付近で 1m30cm程度 の積雪がある。トレースがたくさん付いているので, 楽をしたければトレースをたどり,楽しみたいのならば,新しくトレースを刻むこともできる。

 金精道路からは,温泉街 湯ノ湖がよく見える。手前の雪原は泉源の湿地だ。

 少し行くと,路肩の雪の上に動くものを見つけた。 ニホンカモシカだ。

 私たちを案内するかのように先に進んでいく。

 崖の切れたところから雪の斜面を登り始めた。

 振り返っては,私たちの動きをジッと見つめている。

 チコのリクエストで,カモシカとのツーショット

 動物の足跡もたくさんあった。これはウサギ 。左に進んでいる

 これは,タヌキ 。犬を連れて山には入る人も少なくないので,犬の足跡は珍しくはない。

 これは何の足跡だろう。カモシカ かな?



 石楠花平までやってきた。 金精山の岩壁(笈吊岩)が荒々しく見える。

 ここからは,湯ノ湖 戦場ヶ原,そして小さくはあるが 中禅寺湖 も見える。ここで昼食を食べ,ゆっくり休んで下山を開始した。

 石楠花平コースは,石楠花平 から少し戻って,金精沢の方に斜面を降りる。気温が上がってきて,雪がべとついてきた。 チコのスノーシューに,雪ダンゴができた。途中で,シリセードを楽しんだりして,コースを外れて遊びながら歩いた。

 途中では,たくさんのグループが昼食を食べ,あるいはそり遊びを楽しんでいた。
 車道まで降りてきたが,日当たりの良い道路 の雪は溶けていた。
 駐車場に到着した。駐車場の車が増えていた。

 車に戻ったときの気温はなんと5℃ 。どうりで暖かい訳だ。


 今日は天気が良かったので,もう少し遊んでいても良かったのだが,家路につくことにした。

ページトップへ