アヤメ平・尾瀬ヶ原

期日 2015年(平成27年) 4月25日(土)-26日(日)


コース・タイム
 4月25日(土)
  宇都宮(5:40) ⇒ 戸倉(7:30)  戸倉(7:45) ⇒ (乗り合いタクシー) ⇒ 鳩待峠(8:15)
  鳩待峠(8:30) → 中ノ原(10:05-10) → 横田代(10:32) → アヤメ平(11:40) → 富士見田代(昼食12:06-33) → 竜宮小屋(14:46) → 檜枝岐小屋(15:33)
 4月26日(日)
  檜枝岐小屋(6:58) → 竜宮(7:35) → 牛首三叉路(8:56) → 山ノ鼻(9:55-10:16) → テンマ沢(10:48) → ヨセ沢(11:18) → 鳩待峠(12:22)
  鳩待峠(12:45) ⇒ (バス) ⇒ 戸倉(13:08)   戸倉(13:20) ⇒ 金精峠(13:58) ⇒ 宇都宮自宅(15:18)

同行者
   BAKUさん,HIBARIさん,かしら,ドラ吉さん,ランさん,nazunaさん

 BAKUさんたちと,1月25日に庵滝に行ったとき,今年の尾瀬は一泊二日にしたいねと言う話が出た。一泊というと,大清水から入って,尾瀬湖畔で一泊し,来たコースを戻るのが最も簡単だが,それでは少し物足りない。大清水から尾瀬沼経由で見晴まで行って一泊し,翌日鳩待に抜けるコースも考えたが,一日で見晴まで行くのは簡単ではない。無雪期でも一日かかる。その逆も考えたが,標高差があるのでそれはもっと大変だ。今年は,ぜひ尾瀬ヶ原に行きたいと言うことで,このようなコースになった。BAKUさんたちと残雪の尾瀬に行くとのは,これで3度目だ。前2回は大清水から入って尾瀬沼日尾帰りだった。

 4月25日(土)
 宇都宮と日光を結ぶ「
日光道路」では,両側のヤマザクラが満開だった。
 いろは坂を登っていき,明智トンネルを抜けたところから奥白根山が見える。この見え方で,奥日光の天気が分かる。今日もよく見えたから,良い天気に間違いないが,「白嶺(ね)」も雪解けが進み,黒い岩が目立ち始めた。



 昨日冬期閉鎖が解除されたばかりの金精道路を上っていく。正面に見える金精山も雪解けが進んでいる。

 途中でBAKUさんの車に追いついた。グリーンのPRADOでナンバーも覚えている。2台の車を連ねて戸倉を目指した。 戸倉の駐車場で他のメンバーと落ち合い,BAKUさんの車一台で鳩待峠に入る予定だったが,鳩待峠の駐車場は既に満車というのであきらめ,全員で乗り合いタクシーに乗り鳩待峠に向かった。至仏山での山スキーが大人気となり,スキーヤー,ボーダーがたくさん押しかけているのだ。実際,鳩待ち峠にいる人の9割は板を持っている。
 鳩待峠の駐車場の回りには,まだ高い雪の壁ができていた。

 身支度を調え,出発した。登山口はトイレの裏側なのだが,高い雪の壁を登らなければならない。斜めに付けられたトレースを辿って残雪の上に出る。
 雪は,固く締まっていて,踏み抜くことはなく,歩きやすい。


 少し登ると,上州武尊が見えてきた。まだ雪がたっぷり残っている。
 締まった雪の上を快調に進む。古いトレースが所々に現れるが,たどれるほどではない。赤いリボンを注意深く探せば,参考になるが,あくまで参考程度。地図とGPSで確認しながら進んだ。



 至仏山の頂が見えてきた。


 芽吹き前のダケカンバが,前衛生け花のように枝を伸ばしている。白い樹皮が青空に映えて美しい。


 登るにつれて,至仏山の姿が大きく見えてきた。


 ここは,ウラジロモミの林だ。雪の重さに絶えかねて折れてしまった枝も少なくなかった。



 スノーモビールソリのトレースに出会った。この時期,竜宮と見晴の山小屋は,鳩待峠から,この山を越えて荷揚げをしているのだ。高度差があるので,歩荷では大変だが,スノーモビールならば可能なのだ。雪が消えれば使えないので積雪期だけの恩恵だ。


 横田代に出た。緩く傾斜した大きな湿原だ。GPSで方向を確認しながら,湿原を縦断するように,登っていった。



 今日の服装はボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツダクロンの長袖シャツ。靴は冬用のZAMBELON PERMO スノーシューをザックの背に付け6本爪アイゼンはザックの中に。ダブルストックを手にして歩いた。

 至仏山の頂がずいぶん低くなってきた。


 前方には燧ヶ岳が姿を現してきた。



 湿原の上部は,風が強いため,積雪量は少ない。,そのため,既に地面が見えている所もあった。

 横田代を登り切って,あの緩やかなピークを越えるとアヤメ平だ。


 左方には燧ヶ岳が見えている。


 南方には日光連山が見える。目立ったピークは奥白根山,左端の頂上が平に見える山が男体山だ。
 アヤメ平に着いた。


 白い雪原の上に燧ヶ岳。白い海に浮かぶ島のようだ。そう,なんとなく北海道の利尻山に似ていると思うのは私だけだろうか。


 中央奥の白い山は平ヶ岳だ。


 アヤメ平標識。ここで積雪は約1.2m程度


 下田代から赤田代にかけての湿原が見える。


 燧ヶ岳はとても姿の美しい山だ。


 アヤメ平の南側は急峻な崖になっている。雪が底からずり落ち始めた。
 アヤメ平から少し下ると富士見田代に着く。ここで昼食にした。風もなく,眠くなるような時間だった。


 昼食を終えて,いよいよ下りにかかった。最初は広い尾根を緩やかに下る。GPSで現在地を確認しながら進んだ。
 尾根の先端が急傾斜になっているので,そこを降りるのを止め,途中から,尾根の横斜面を下ることにした。


 この斜面は,かなりの急斜面で,滑落の危険がある。それぞれ軽アイゼンを付け,BAKUさん,かしら,ドラ吉さんの3人が先頭でステップを切りながら下った。



 ステップを切りながら,急斜面をジグザグに下る。


 急斜面を降りきりホッとした。ところが,ここから尾瀬ヶ原までまだまだ遠かった。


 やっと,尾瀬ヶ原が見えてきた。
 尾瀬ヶ原では,雪解けが進んでおり,水の流れが顔を出しているところもあった。


 尾瀬ヶ原から見た至仏山


 尾瀬ヶ原の北に聳える景鶴山。景鶴山を含む一帯は,立ち入り禁止区域になっており,登山を含む立ち入りは禁止されている。しかし,残雪期に景鶴山に登る人は少なくなく,大人数のパーティーでの登山も行われているらしい。檜枝岐小屋のひげ熊さんに聞いたところ,積雪期は,植物への影響も少ないので黙認されているとのこと。


  至仏山の斜面にスキーヤーのシュプールが刻まれているのが見えた。
 雪が解けたところではミズバショウが咲き始めた。


 竜宮小屋は,27日から営業とのことで,まだ閉まっていた。
 竜宮沼尻川橋を渡って福島県に入る。


 燧ヶ岳が大きい

 見晴の山小屋が見えた。


  弥四郎小屋は5月1日から一部営業と言うことで,布団・毛布を干していた。
 今晩お世話になるのは檜枝岐小屋。檜枝岐小屋到着は15時30分を過ぎていた。今日は8時30分に行動開始して,7時間の行程だった。雪の上の歩行は,やはり疲れた。竜宮から見晴までは,無雪期は30分程度なのだが,今日は50分かかった。
 風呂に入り,湯上がりに生ビール。これは定番コース。かしらが担いできたワインも少し頂き,良い気分になったところで夕食 今日は,小屋明けのお祝いとして,全員に缶ビールが1本ずつサービスされた。飲まない人からプレゼントされたものも含めて,2本の缶ビールで沈没。




 部屋に戻って,みんなで布団の上に横になっていたのだが,他にすることもなく,「寝ようか」ということになり,布団に入った。6時30分,外はまだ明るかった。さすがに疲れていたのか,私を始め,みんな直ぐに寝入ってしまったようだ。




 4月26日(日)
 昨夜は早く寝て,最初に目が覚めたのが0時30分。こんなに熟睡したことは今までなかった。その後も何度か眠りに落ちて,最終的に目が覚めたのは4時30分。写真を撮るために起きだした。
 原に出てみると,
至仏山の頂上付近に陽が当たり,ピンク色に染まっていた。そのうちにみんなも起きだしてきた。しばらく外にいたのだが,思ったほど寒くない。秋の方がずっと寒い。もうそんな季節なのだ。
 部屋に戻って朝食。景鶴山に登ると言って,朝食を食べずに出かけたグループもあった。景鶴山に登る人が増えてくれば,また新たな問題がおこるのだろう。


 今日も,朝食を美味しく頂いた。

 出発前に勢揃い。


 昨日と違い,雪が固まっていて歩きやすい。昨日50分かかったところを,35分で歩くことができた。


 竜宮沼尻川橋

 除雪用のスコップと長靴が木に吊してあった。おもしろい


 遠くの至仏山が少し霞んで見える。黄色っぽく見えるのは黄砂の影響なのだろうか。


 至仏山を目指して歩く。


 トレースに沿って歩く。少し高くなっているので,木道の位置が何となく分かる。


 北方には景鶴山。その麓に東電小屋も見える。


 雪は,地面に接した部分から解ける。そのために,陥没が起きる。
 ノビタキが飛んできた。黒い頭と胸の茶色が特徴だ。


 下ノ大堀川の絶景ポイント。ミズバショウが顔を出し始めた。


 下ノ大堀川橋
 牛首 牛首分岐の標識を探したのだが,見つからなかった。まだ雪の下なのか。



 振り返って燧ヶ岳


 上ノ大堀川橋


 至仏山が近づいてきた。


 反対に,燧ヶ岳は遠くなる。


 雪解けが進んでいる。大きな雪の固まりが木道の上に不安定に乗っている。


 クレバスもある。注意して跨いだ。


 部分的に顔を出している木道 意外と滑るので要注意


 原の川上川橋


 山ノ鼻で休憩。 休憩所は閉鎖中で,ベンチも雪の下。


 いよいよ鳩待峠に向けて出発。 川上川橋


 至仏山の斜面にたくさんのスキーヤーの姿が見えた。


 鳩待峠への道は,一部で夏道とは違うところを通る。


 今日も良い天気だ。風もなく暖かだ。


 急斜面をトラバースしながら登っていく。


 川に沿ったルート


 やっと,駐車場が見えてきた。


 鳩待峠駐車場 ジャンボタクシーが客を待っている。


 鳩待峠で欠かせないのが「ハナマメジェラート」だ。しかしまだやっていなかった。代わりに,カップに入った「ハナマメアイス」を食べた。

 12時45分発のバスに乗って戸倉第一駐車場に戻った。駐車場でBAKUさんたちと別れ,往路を逆に辿って自宅に戻った。

 恒例行事となった,BAKUさんたちとの残雪尾瀬山行だが,今年は2日間とも好天に恵まれ,すばらしい山行となった。 私も,このくらいの山行ならば,まだまだ歩けそうだ。

ページトップへ