閉じる
西 ノ 湖

2015年(平成27年) 5月8日(金)


コース・タイム
 宇都宮(8:00) ⇒ 竜頭の滝駐車場(9:05)
  駐車場(9:20) → 赤岩(10:09) → 栃窪(10:31-47)→ 熊窪(11:09) → 千手ヶ浜(11:30-35) →
  → 西ノ湖(12:16-13:03) → 西ノ湖入り口(13:36-45) ⇒ 小田代原(14:00) →
  → 戦場ヶ原(13:55) → 赤沼分岐(15:28) → 石楠花橋(15:33) → 駐車場(15:57)
 駐車場(16:05) ⇒ やしおの湯(16:35-17:25) ⇒ 宇都宮(18:10)

同行者
    チコ  

 中禅寺湖北岸,菖蒲ヶ浜 千手ヶ浜の間に 「栃窪」 と呼ばれている入江がある。そこに,枝を大きく湖面に向かって張り出した オオヤマザクラ がある。私たちがこのコースを歩くようになってから, いつの間にか必ず寄って写真を撮るようになっていた。この オオヤマザクラが花を開くのは,毎年 5月10日前後 だが,その春の気温の様子などによってかなり前後する。今までも,この花が見たくて幾度かここを訪れたのだが, 満開の時期に当たったのは一度きりだった。今年から休日でなくても自由に山歩きができるようになったので,満を持して出かけた。 正直言うと,私はまだ早いのではないかと思っていたのだが,チコの勧めもあって,今日の山行となった。
 平日ということもあって,竜頭の滝駐車場 は閑散としている。

 憩いの湯 の道路沿いのサクラが満開となっていたので,「栃窪のサクラも」という期待が高まった。 この前を左方向に入って,プリンスホテルの跡地の方に舗装路を下っていく。その突き当たりの少し手前に, 中禅寺湖北岸遊歩道の入り口がある。


 遊歩道の入り口にある サクラ(たぶんオオヤマザクラだと思う。) がきれいに咲いていた。


 旧スキー場に沿って少し歩くと,バイケイソウ の群生地がある。高地では,コバイケイソウ が有名だが,奥日光にはコバイケイソウ はなく,すべてこのバイケイソウ だ。コバイケイソウは湿地を好むのに対し,バイケイソウは林間などの非湿潤地を好む。


 ヤマエンゴサクちなみに漢字では 山延胡索と書く


 TVドラマ「風のガーデン 」で,中井貴一演じる主人公が,自分が生きた証として,停めていたキャンピングカーの周りに エゾエンゴサクを植えるシーンがあったが,これは近縁の ヤマエンゴサク

 遊歩道 は,まだ芽吹き前で,陽光がさんさんと降り注いでいる。


 赤紫色のトウゴクミツバツツジ が咲いていた。
  アカヤシオ はもうほとんど終わりで,花を残している木はあまりなかった。 今年は,花暦は少しずつ前倒しで進んでいるようだ。


 芽吹き直後の葉は,柔らかな緑色をしている。


 カエデの新しい葉は,清々しい鮮やかな緑色だ。



 栃窪のオオヤマザクラ は満開で迎えてくれた。


 この木は,毎年痛みが進んでおり,今後が心配だが, その心配を吹き飛ばすような鮮やかな花を咲かせている。しばらくの間, オオヤマザクラ を独占してお花見をした。お酒が飲めれば,お花見としては完成なのだが, 山行中には宿泊地以外ではアルコールを口にしない主義なので,それは我慢して,お茶を飲んでお花見にした。


 ここのトウゴクミツバツツジ はまだ蕾が多い。
 地面近くの樹皮がかじられていた。これはニホンザル の仕業だ。ニホンザルは,えさの少ない冬を乗り切るために,食べられるものならば何でも食べる。 シカの食痕と違うのは,ニホンザルは食べ残しがないようにきれいに食べることだ。


 熊窪浜

 ハウチワカエデの花は濃い赤色。


 千手ヶ浜に着いて, 男体山を振り返った。

 シウリザクラはまだ蕾だった。


 シウリザクラと, ウワミズザクラ はよく似た花を咲かせるが,両者の違いの一つがこれ。ウワミズザクラでは 葉身の基部がハート型になっている。

 道ばたに小さな花がたくさん咲いていた。 コミヤマカタバミだ。



 ミズナラ林 芽吹きはまだこれから。


 カラマツ林では芽吹きが始まった。


 柳沢川の護岸工事 が行われた。環境を大切にする意図からなのか, コンクリートや金属を使わずに,木製の枠に石を入れて流れを弱めるようになっていた。


 ヤマハンノキも芽を出し始めていた。


 まあるい葉はヒロハカツラ





 西ノ湖は満水状態だった。


 林を守るための杭が水の中になっていた。 湖畔で昼食を食べ,13時44分のバスに間に合うように西ノ湖を後にした。


 西ノ湖歩道のカラマツ林  一年中,何時歩いても良いすてきな場所だ。


 西ノ湖入り口から低公害バスに乗り,小田代原で降りた。
 ヒゲネワチガイソウ

 戦場ヶ原に向かう歩道の両側に小さな花が咲いていた。 ヒメイチゲだ。


 文字通り小さなかわいい花だ。

 花が終わった後は,コンペイトウのような実 をつける。これもかわいい。


 戦場ヶ原の休憩所から 男体山を望む。


   木道が改修され,幅広のユニバーサル歩道 になった。


 カラマツの雌花 を探していて,やっと見つけた。高所にあって近づけないため,こんな写真になってしまった。
  赤沼分岐を右に折れ,石楠花橋を目指した。この橋は,「 湯川赤沼橋」通称タイコ橋


 竜頭の滝上から滝に沿って付けられた遊歩道は,いつもは観光客で混雑しているのだが,今日は静かだ。

 やっと駐車場にもどってきた。 高低差は大きくはなかったが,距離が長かったので疲れた。GPSのログに寄れば,歩いた距離は 15.1km,行動時間は,休憩時間を含めて 6時間38分だった。


 今日は,いい天気の中,楽しい山歩きができてうれしかった。 運がよく,栃窪のオオヤマザクラの開花に出会えたことができたが, なによりも,チコが歩き通せたことがいちばんうれしかった。
 帰路,久しぶりにやしおの湯 に入って帰った。温泉に入るのはおっくうな面もあるのだが, 筋肉疲労の回復には確実に効果があるようだから,これからも,なるべく入るようにしよう。


 ページトップへ