社  山

2015年(平成27年) 5月17日(日)


コース・タイム
 宇都宮(6:05) ⇒ 歌が浜駐車場(7:00)
   駐車場(7:35) → 狸窪(8:15) → 阿世潟(8:45-50) → 阿世潟峠(9:20-25) → 電波塔(10:05-10) →
   → 頂上(11:33-12:23)  → 阿世潟峠(13:20) → 阿世潟(13:35) → 狸窪(14:03) → 駐車場(14:35)
 歌が浜駐車場(14:45) ⇒ やしおの湯(15:25-16:30) ⇒ 宇都宮(17:15)

同行者
   チコ

 チコは,2011年の怪我以来,足腰に痛みやしびれが残り,以前のような山歩きができない。 平坦路を中心に山歩きを始めてはいるのだが,まだ長時間の上り下りは難しい。
 社山は,歌が浜の駐車場から, 往復で12.3km,うち8kmはほぼ平坦路。4.3kmで 標高差560m を登降する。決して楽な山ではないが,挑戦してみることにした。
 明智トンネルの出口から見える奥白根山 は,一段と雪解けが進んでいるようだ。

 今日はいい天気だ。日本全体が高気圧に覆われ,青空が広がっている。風も弱く,絶好の登山日和だ。 今日は日曜日。できれば混雑は避けたいところなので,日曜日の山行は遠慮したいところなのだが, 今日は天気を優先して,日曜日の登山となった。案の定,歌が浜の駐車場では,登山支度をしている人がたくさんいた。

 中禅寺湖の対岸には,奥白根山 が朝日を受けて輝いていた。


 身支度をして出発したのは7時35分 。先は長いからゆっくりと歩き出した。
  男体山 は,左右のバランスがとれた美しい姿だ。駐車場の オオヤマザクラがまだ咲き残っていた。


 今日の目的地社山 が三角形の頂を天に向かって突き上げている。


 赤い花はハウチワカエデ
  シロヤシオ が咲いていた。シロヤシオはまとまって咲くときれいだが,1個の花も清楚な美しさがある。



 トウゴクミツバツツジ は散っているものが多かったが,まだ残っているものもあった。

オオカメノキ

 ここのワチガイソウ は特に小さい。対生する葉が2組接近しているので,輪生のように見える。

 阿世潟では先行のグループが休憩していた。

 阿世潟峠を目指して歩き始める。初めのうちは傾斜もなだらかで,若葉の 柔らかな緑色が心を和ませてくれる。


 阿世潟峠 。ここまで登ってくると富士山が見える。 いつも富士山を探すのだが,今日は霞んでいて見ることができなかった。筑波山さえ見えなかった。
  リョウブ の新芽が伸び始めた。このくらいが食べ頃で,アクは少なく,美味しい。リョウブは, 戦国時代にご飯に炊き込み保存食にした。そのため,「令布(りょうぶ)」を出して勝手に採ることを禁じたという。


 社山の尾根道は明るくて快適だ。遠くで 奥白根山が見守っている。


 シロヤシオの背景に 男体山


 カラマツの雌花 もうかなり成長している。




 頂上に続く天空の散歩道


 奥白根山も目の高さになってきた。


 駐車場を出てちょうど4時間 頂上に立つことができた。

 山頂を通り越して50mほど西に行くと,見晴らしのいいところがある。 そこで,石の上に腰を下ろし昼食にした。ここは強い日差しが当たるが,気温が低いので気持ちがいい。

 北側のコメツガの中にアズマシャクナゲ が咲いていた。奥白根山を背景に写真を撮った。


 頂上で50分ほど過ごして下山にかかった。やはり下りは速い。 頂上から1時間かからずに阿世潟峠まで降った。


 ヤマツツジ はまだ蕾だった。順序で言うと,シロヤシオの次に咲く花だ。

 ユモトマムシグサ 。 比較的高地に生育する種で,平地のマムシグサとは異なる。 包の色が黄緑色 なのが特徴。ユモトマムシグサは,葉の周囲に鋸歯があるものが多いのだが,中には鋸歯のないものもある。 この個体には鋸歯はなかった。種を決める最初の標本が 奥日光の湯元と刈込湖の間で採取された のでこの名前がつけられた。


 タチツボスミレ  カメラのマクロを使って撮ってみた。なかなかピントがうまくあってくれないのだが,これはうまくいった。


 ニリンソウ  これはピンぼけ。このカメラ,なかなか言うことを聞いてくれない。

 阿世潟で,歌が浜に向かうご婦人に出会い,一緒に歩いた。ご主人と半月峠の駐車場から歩いて社山に登ったのだが, 帰路の登り返しがきついので,ご主人だけ車を取りに半月峠に向かい,奥さんとは歌が浜駐車場で落ち合うのだという。 いろいろな山に登られている方で,楽しい話を聞かせていただいているうちに, いつの間にか歌が浜駐車場に着いてしまった。
 阿世潟から1時間で駐車場に戻った。


 歌が浜駐車場でご婦人と別れ,車に乗った。
 帰路,やしおの湯 で汗を流し帰宅した。やしおの湯は, 日曜日ということでかなり込んでいたが,でもゆっくりできてよかった。

 チコにとって,社山は,怪我の後2度目の挑戦なのだ。昨年9月にも挑戦したのだが,残念ながら登頂はできず, 無線塔のピークで引き返した。足腰だけではなく,体力も低下しており,体力的に無理だった。 今回は,とくにスローペースに心がけて登ったのだが,やはりかなり苦しかったようだ。 社山は,往路の阿世潟までの4kmをがんばって歩いてしまうと,そのツケが後に回ってくる。 そこで,今回は,阿世潟までを特にゆっくり歩いた。たくさんのグループが追い抜いていったが, 全く気にせず,マイペースを守った。今日は好天ということもあって,たくさんの人が社山に登っていた。 正確には数えなかったが40〜50人程度だった。

ページトップへ