竜 王 峡 ・ 湯 西 川

2015年(平成27年) 7月27日(月)-28日(火)


コース・タイム
 7月27日(月)

  宇都宮(9:00)⇒竜王峡P(10:20)
  駐車場(10:30) → 虹見の滝(10:35) → 虹見橋(10:45) → むささび橋(11:15) → 休憩所(昼食 11:20-45) → P(12:20)
  竜王峡P(12:25) ⇒ 道の駅湯西川(12:50-13:15) ⇒ 湯西川ダム(13:20-30) ⇒ 親水公園(13:45-14:25) ⇒ 旅館「華と花」(14:35)
 7月28(火)

  旅館(8:55) ⇒ 平家の里(9:05-10:15) ⇒ 道の駅湯西川 ⇒ 古代村(昼食) ⇒ 上三依水生植物園(12:20-13:00)⇒ ライン下り乗り場(13:40) →
  → 鬼怒川ライン下り(14:00-40)→ シャトルバス乗り場 ⇒ 駐車場(15:30) ⇒ 宇都宮(16:30)

同行者
   旧職場の Kさん,Mさん,Tさん

 職場は,この3月末で退いたのだが,職員旅行に一緒に行かないかと誘いがかかった。 せっかくの好意なので,同行させてもらうことにした。 参加者が4人と言うことで,Kさんの運転する車で行動することにした。
7月27日(火)
 まず,竜王峡の駐車場 に車を着けた。途中のコンビニで買ってきたおむすびを持って,これから 竜王峡のハイキングに出かける。
 会津鬼怒川線の「竜王峡駅 」は駐車場に接して作られている。改札を通ってから,ホームまでは長い階段を下らなければならない。


 立派な鳥居をくぐってハイキングコース に入る。

 木陰の遊歩道 は,陽射しが遮れるので,涼しく,歩きやすい。


 今日歩くハイキングコース


 「龍王神社」正しくは「 五龍王神社 」というらしい
 虹見の滝


 虹見橋


 鬼怒川(上流方向)


 虹見の滝


 鬼怒川の右岸を遊歩道で上流に向かい,再びむささび橋 で左岸に戻る。


 むささび橋から鬼怒川 の上流方向を眺める。峡谷が美しい。




 むささび橋を渡ったところに,四阿がある。ここで,昼食にした。 ここには売店とトイレもあり,売店では,飲み物の他,簡単な食べ物も販売している。

 十分に時間をかけて昼食を食べ,しばらくしてから帰途に就いた。
 タマガワホトトギスが咲いていた。


 竜王峡駅 はホームの半分がトンネルの中だ。駅は,トンネルとトンネルの間の僅かな隙間に作られている。 線路の上を橋で渡り,反対側に出る。


 遊歩道から河原に降りられる。



 竜王峡駐車場に戻り,「道の駅湯西川 」で休憩してから,湯西川ダム に向かった。
 湯西川ダムは,1956年完成の 五十里ダム,1966年完成の 川俣ダム,1970年完成の 川治ダム に次いで,鬼怒川水系4番目のダムとして2012年に誕生した。 湯西川ダムは,1982年に着工して以来,民主党政権の「 大型公共工事見直し政策 」の影響で,一時工事の中断があったが,計画通りの形で完成した。ダム本体は,五十里ダムと同じ, 重力式コンクリートダム だ。ちなみに,川俣ダムと川治ダムは「アーチ式コンクリートダム」だ。ダムの高さ(高堤)は 119m で前記4ダムの中では,川治ダムの140mについで2番目で,ダムの長さ(堤頂長)は 320mで川治ダムと同じで1位だ。


 放水口 からは,高圧の水が放出されている。「見学ツアー」の参加者が,小さく見える。


 旅館に向かうにはまだ早いので,親水公園 に行ってみることにした。
 大きな水車 は実際に蕎麦を挽くことができる。(今日はお休みだった。


 歩行者用の吊り橋 が架けられていた。


 吊り橋からは,水遊びのできる河原 が整備され,岸には,魚のつかみ取りが行われる池が見えた。


 吊り橋 を下から見上げる。河原に降り,靴を脱いで水には入った。冷たい流れが心地よかった。

 しばらく遊んでから駐車場に戻り,宿を目指した。
 今夜の宿は「華と花 」 落ち着いた大人向けの宿だ。

 今夜の夕食は,Kさんの希望で,炉端 での食事となった。暑い時期ではあったが,風情があって良かった。 暑くなることを覚悟していたのだが,満席でなかったこともあって,がまんできないほどの暑さにはならなかった。


 7月28日(水)
 朝食も美味しかった。


 今日はまず,「平家の里」へ


 ハギの花が咲いていた。花の付き方からヤマハギと思う

 ゴルフボールのようなものはヤマボウシ の実。


 上三寄の水生植物園に行った。

 スイレン


 コウホネ

 アサザ


 水生植物園から再び鬼怒川温泉に向かい,今日のメインである 鬼怒川ライン下りの乗船場に行った。

 乗船 平日なのに,乗客は多い。



 船頭さんの名調子 は,ユーモアたっぷりで,嫌みもなく,十分楽しめた。


 急流では,しぶき除けのビニール を引き上げる。想像以上に揺れ,しぶきも飛んだ。


 川霧 が発生していた。気温の高さに比べて,水温が低いため,水面で霧が発生する。


 しばらく行くと,下流にできた「中岩ダム 」のため流れが遅くなる。 すると,船着き場から動力船が迎えに来て,綱で引いてくれる。ほどなく船着き場に着く。
 船着き場から道路に出たところにドライブインがあり,ここまでシャトルバスが迎えに来る。 船は,クレーンでつり上げ,トラックに乗せて出発点まで運ぶのだそうだ。
駐車場まで戻り,車で宇都宮に帰った。 この二日間,天気にも恵まれ,ほんとうに楽しい時間を過ごしことができました。 特に運転して案内してくれたKさん,お世話になりました。 

ページトップへ