尾 瀬

期日 2015年(平成27年) 10月13日(火)-14日(水)
 


コース・タイム
 タイムは,時間を気にせずゆっくりと歩いた記録です。
10月13日(火)
 宇都宮(5:30) ⇒ 戸倉P(7:10-30) ⇒ 大清水(7:50)     大清水(8:00) ⇒(シャトルバス)⇒ 一ノ瀬(8:10)
  一ノ瀬(8:30) → 岩清水(9:22-28) → 三平峠(10:35-42) → 三平下(11:06-10) → 長蔵小屋(11:36-12:13) → 沼尻(13:12ー17) → 檜枝岐小屋(15:13)
10月14日(水)
  檜枝岐小屋(7:13) → 赤田代(7:34) → 東電小屋(8:08-15) →
                           → ヨッピ橋(8:42-53) → 竜宮小屋(9:27-41) → 牛首(10:32-50) → 山ノ鼻(11:30-12:00) → 鳩待峠(13:30)
 鳩待峠(13:45) ⇒ 戸倉P(14:10) ⇒ 大清水(14:30) ⇒ 寄居山温泉(15:00-40) ⇒ 日光 ⇒ 宇都宮(18:00)

メンバー
 キクさん,T子さん,チコ,私


 秋の尾瀬の魅力に憑かれ,ここ10年で7回ほど通っている。今年も天気予報を調べ,10月13日(火)14日(水)で実行することにした。キクさんに声をかけ,T子さんも誘って4人で出かけることにした。
 宇都宮に自宅を5時30分に発って,2時間かからずに戸倉第一駐車場に着いた。キクさんとは8時に落ち合うことにしていたが,キクさんも7時30分には到着した。戸倉に私の車をデポし,キクさんの車で大清水に向かった。
 今日は平日なので,
大清水の駐車場は空いていた。
 大清水から一ノ瀬までは,今年から営業を始めたシャトルバスに乗ることにした。シャトルバスは,毎時00分と30分に出発するので,8時のシャトルバスに乗ることができた。バスは,戸倉-鳩待ち間を走っているものと同じハイエースで,8人まで乗れる。ドライバーは,夏に来た時に世話になった星さんで,再会を喜んだ。


 一ノ瀬休憩所のベンチで朝食を食べて出発の準備をした。


 歩き始めたのは8時30分。日は差しているが,大きな雲の固まりが頭上を通過していった。


 道は,休憩所を出て,しっかりしたコンクリート製の「三平橋」を渡るとすぐに山道になる。紅葉が朝日を受けて輝く。


 はじめは「冬路沢」の右側(左岸)を登っていく。


 冬路沢を渡って少し登ると,対岸の山服の紅葉が目に飛び込んでくる。


 ツリバナ
 ツルリンドウ


 ついに雨が降ってきた。この時期は,雨で濡れたくはない。ザックカバーを付け,カッパを着た。


 三平峠


三平下で休憩するハイカー。 雨は降ったり止んだりしている。


 燧ヶ岳は上半分を雲の中に隠している。


 整備したばかりの歩道だが,ぬかるんで歩きにくい。わざわざこのような構造にした理由が分からない
 長蔵小屋の無料休憩所は既に閉鎖されていた。雨も落ちていなかったので売店前のベンチで昼食にした。


 昼食に35分ほどかけて,寒くなってきたので出発した。 大江湿原の「三本唐松」もきれいに黄葉していた。


 ゴゼンタチバナ
 沼尻の休憩所は,9月下旬に火災で全焼してしまった。土台だけが寂しく残っていた。


 白砂湿原の黄葉が池塘に写っていた。


 頭の上を雲が通過するに従って,雨,曇り,晴れと天気が目まぐるしく変化する。日が差すと紅葉が輝き出す


 今日の宿は「ひのえまた小屋」。 今まで何度も世話になった宿だ。

 今夜の宿泊客は20人弱。沸かし立ての風呂に入り,温まった。湯上がりに生ビールを飲み,夕食では日本酒を飲んだ。食後に尾瀬のビデオを見て,布団に入った。
 夜半にまた雨が降ってきた。





 雨は断続的に朝まで降っていた。写真を撮りに出ることはあきらめた。

 朝食もしっかりと食べた。
 今日は,山ノ鼻まで歩いて,鳩待峠まで登ればいいのだから,特に急ぐ事はない。そこで,少し回り道をして,東電小屋を廻ってから竜宮に行くことにした。


 温泉小屋方向に向かって歩き出した。至仏山にはまだ雲が懸かっている。


 木道の上には,色づいた落ち葉がモザイク模様をつくっていた。きれいだが,滑るので注意しなければならない。


 至仏山に懸かっていた雲がとれた。山頂付近はうっすらと雪化粧をしているように見えた。


 東電小屋からヨッピ橋に向けて歩き始めた。山腹の紅葉が美しい。


 ケイズル山ニュウ岩がそそり立っている。


 燧ヶ岳に懸かっていた雲もとれて,山頂が姿を現した。うっすらと雪化粧をしている。もしかして初冠雪か。


 シラカバ林の向こうに至仏山


 ケイヅル山と山腹の紅葉


 青空と,葉を半分落としたシラカンバ


 ヨッピ橋 転落防止のネットが張られていた。


 燧ヶ岳の初冠雪


 オオマルバノホロシ(大丸葉保呂之) 別名は「尾瀬茄子」

 鮮やかな赤紫のマユミ



 流れにはたくさんの魚が集まっていた。イワナかな?





 ヒツジグサの紅葉は特にきれいだ。青空との対比がいい。


 山ノ鼻に近づくに従って至仏山が大きくなる。


 「逆さ燧」の標識のあるところ。水面が波立って逆さ燧が写らない。


 オゼホウホネ
 山ノ鼻の至仏山荘で昼食にした。
 昼食後,鳩待峠に向かって歩き始めた。
 
川上橋の袂には,工事用の資材が置かれていた。


 川上橋の少し下流では護岸工事が行われていた。

 ツクバネソウ


 傷んだ木道は新しいものに交換されていた。

 鳩待峠に着いた。無事に歩くことができ,思わず笑みがこぼれる。


 鳩待峠で,名物の「ハナマメソフト」を食べ,シャトルタクシーで戸倉駐車場に戻った。駐車場で車を取って大清水に行き,キクさんの車と2台で寄居山温泉センターに行って汗を流した。
 温泉を出てキクさんと別れ,それぞれ自宅に向かった。
 いろは坂の途中までは順調に走って来られたが,やはり,渋滞に捕まった。平日といえども,日光の紅葉渋滞は侮ってはいけなかった。
 初日こそ雨に降られたが,翌日は好天で,晩秋の尾瀬を満喫できた。また,尾瀬が好きになってしまった。来年もまた来よう。

ページトップへ