古 賀 志 山

2015年(平成27年) 11月11日(水)



コース・タイム
 自宅(8:00) ⇒ 赤川ダムP(8:35)
     駐車場(8:45) → 登山口(9:05) → 東尾根東端(9:30) → 東稜見晴らし(10:55-11:05) →
         → 昼食(11:10-12:00) → 東尾根東端(13:20-25) → 登山口(13:40) → 駐車場(14:00)
 駐車場(14:10) ⇒ りんご売店 ⇒ 自宅(15:00)

同行者
   チコ

 11月になると,古賀志山のアブラツツジ が真っ赤に紅葉する。今年も,その紅葉を見ようとして, 古賀志山 に出かけた。天気予報では良い天気になるはずだったのだが,雲が多く,日陰になる時間が長かった。
 今日は平日なので,赤川ダム駐車場 の車は多くはなかった。


 赤川ダム は,農業用のため池なのだが,今日は水が極端に少ない。何か意図があって水を抜いているようだった。 周囲の樹木もまだ緑が多く残っており,今年は樹木の色づきが遅いようだ。


 ダム湖の周囲の歩道には落ち葉 が敷き詰められていた。
 釣り堀のところから北登山道 に行く道が通行止めになっていた。途中の橋が破損したために通れないのだ。 先ほどの台風に伴う大雨で,流されたという。


 釣り堀も,大雨の被害があったのか,堀の水を抜き,閉鎖していた。

 北登山道には行かずに,橋を渡ったところから東尾根 に直接登った。尾根には,色づいた葉もあったが,まだ緑色の葉も多い。やはり, 今年の紅葉は遅れているようだ。


 ツクバネ は,日本古来の植物で,その実はまさに羽根突きの追い羽根の形をしている。


 アブラツツジ は,そのときの気象条件などにより,真っ赤になったり,このように赤黒くなったりする。


 今年は,鮮やかに色づいた葉は少なかった。


 東稜見晴らしの直下には,ロープの下がった 岩場がある。チコもロープを使わずに上り下りしている。


 東稜見晴らしからの眺め。遠方は霞んでいる。筑波山 もやっと見える程度だ。


 遠方の山脈は八溝山脈 だ。左奥の最も高いところが八溝山。


 小さな壺状の花が咲いていた。初めて見た花だ。


 このドライフラワーはリョウブ


 いつもの場所で昼食にした。陽の当たっている伐採地の後方の日陰のところが「弁当岩」。背景には高原山。


 雲の懸かっている山が女峰山


 高原山 4つあるピークの左端が 鶏頂山 右端が 釈迦ヶ岳 まだ雪は見えない。


 高原山の右奥に見える山が那須山


 ゆっくりと昼食を食べ,登った道を逆に辿って降りてきた。 赤川ダムは水位が下がり,湖底を見せていた。


 帰路,知人が経営するいつものりんご園で,りんごを買って帰った。

ページトップへ