閉じる
金 精 の 森

2016年(平成28年) 1月28日(木)



コース・タイム
 自宅(7:40) ⇒ 湯元駐車場(9:10)
  VC(9:55) → (10:42) → (11:17-作業-12:20) → (12:40-昼食-13:00) → (13:45) → (14:50) → 駐車場(15:10)
 湯元駐車場(15:20) ⇒ 自宅(16:40)
同行者 
 NPVメンバー,VC職員等

 日光湯元には,ビジターセンター(自然公園財団) が設置したスノーシューハイキングコース があり,日光パークボランティアも,その設営・管理に協力している。
 今冬の奥日光は,雪の訪れが遅く,新年を,積雪ゼロで迎えたが,1月18日からまとまって雪が降り, その後も追加の積雪があったので,やっとのことでスノーシューハイキングコースを開設することができるようになった。 今日は,その作業を行うために,奥日光湯元に向かった。
 途中の日光道路からは,日光連山 のきれいな姿を見ることができた。


 いろは坂 は,良く除雪されており,日陰になったところが一部凍結していた他は問題なく走ることができた。


 中禅寺湖の湖畔からはピラミダルな社山 の姿が美しい。


 湖畔道路で,白根山の絶景ポイントがここ。白根山 は,眩しすぎて写真には良く写らない。


 湯元温泉の入口で,左に曲がると,正面に三角形の山が見える。これは 外山


 県営無料駐車場に車を停めた。正面に ビジターセンター


 作業の準備をして,出発。

 作業に必要なものを分担して持ち,コースの入口に向かった。


 途中,リボンをつけながら歩き,┘櫂ぅ鵐 から,石楠花平コース に入ってポイント の金精道路への合流点に向かった。
 ここからは, 湯の湖がよく見える。湯の湖の奥の白い平地が 戦場ヶ原で,戦場ヶ原を横切る林が 糠塚だ。その右奥に,僅かだが 中禅寺湖も見える。


 金精道路 に出るためには,この段差を登らなければならない。そこで,ビールケースを積み上げ,階段を作った。 スノーシューで登れるようにかなり頑丈に作らなければならない。右側はかなり急な崖になっているので, 転落防止のネットも設置した。
 ちなみに昨年は,雪が多く,このコンクリートの部分の上まで積雪があり,ガードレールが僅かに 顔を出している状態だった。したがって,ビールケースによる階段は必要なかった。
 この作業には1時間ほどかかった。



 まだ,コースにリボンを付ける作業が残っているので,来た道を ┘櫂ぅ鵐まで戻った。


 ┘櫂ぅ鵐で昼食を食べ, 金精の森コースを先に進んだ。 ポイント が金精の森コースの最高地点で,ここから下り坂になる。ここからは,日陰になるので, 一段と寒さが身にしみる。左の大きな樹には幹が凍って割れた大きな割れ目が見える。


 リボンを付けながら下った。沢筋は分かりやすいのだが, 雪崩 の危険があり,それを避けてルート取りをした。


 途中で白根山の登山ルート に合流するが,積雪時には,夏道通りには進まない方が良いところもある。
 今日は,風も弱く,真剣に歩いていると汗ばんでくるほどだった。このような天気だったら, 活動も楽しみながら行える。

 ページトップへ