至 仏 山

期日 2016年(平成28年) 4月30日(土)
 


コース・タイム
 宇都宮(5:04) ⇒ 戸倉P(7:03)  戸倉P(8:20) ⇒(タクシー)⇒ 鳩待峠(8:41)
    鳩待峠(8:45) → オヤマ沢田代(11:11) → 小至仏(11:51) → 至仏山頂(12:50-55) → 昼食(13:35-14:05) → 鳩待峠(15:44)
 鳩待峠(15:50) ⇒(タクシー)⇒ 戸倉P(16:25)  戸倉P(16:30) ⇒ 宇都宮(18:30)

同行者
 BAKUさん,HIBARIさん

 毎年この時期に,BAKUさんたちと残雪の尾瀬に出かけている。昨年は鳩待から入り,アヤメ平経由で見晴まで行って一泊。翌日尾瀬ヶ原を縦断して山の鼻から鳩待へ戻ってきた。
 今年は,
至仏山に行こうと,BAKUさんからお誘いがあった。当初は28日に予定していたのだが,天候が優れないと言うことで,30日に変更になった。
 戸倉の駐車場集合8時というので,少し余裕を見て,5時に宇都宮を発った。
 日光に向かう途中の
日光道路から見える女峰山は,山頂を雲に隠していた。雲は多めだが,まあまあの天候のようだ。


 いろは坂を登って,明智平を過ぎ,明智第2トンネルを抜けたところで,正面奥に奥白根山の頂上が見えるのだが,今日は雲の中だった。


 中禅寺湖畔からは,対岸に社山が見える。雲の量が増えてきた。





 金精道路を登っていくと,昨日降った雪が路面に残っている。気温は0℃前後なのだが,ところどころ凍結している。


 正面に見える金精山笈吊岩も頭をガスの中に隠している。



 高度が上がると,路面も,殆ど凍結しているようになった。私の車は4駆で,スタッドレスタイヤを履いているから,スピードさえ出さなければ安全に走れる。私は毎年,この時期の尾瀬方面の山行が終わってから冬タイヤ夏タイヤに交換している。


 金精トンネルを抜けて群馬県に入ると,路面の凍結はなくなったが,昨日降った雪が木の枝に着いていてきれいだ。陽が昇れば落ちてしまうから,朝のうちだけに見られる景色だ。


 突然雨が降ってきた。直ぐに止んだが不安定な天気だ。
 戸倉の第1駐車場に着いた。駐車場は,既に7割ほど埋まっていた。




 戸倉第1駐車場で,BAKUさんHIBARIさんと合流し,乗り合いタクシーで鳩待峠に向かった。
 今年から,
鳩待峠の様子が変わった。昨年までバスやタクシーが乗り込んでいた休憩所前の広場が,車進入禁止ということで,バスもタクシーも鳩待峠の第1駐車場までしか入れないこととなった。第1駐車場は,スペースを広げる工事と,出入り口の工事が行われていた。現在はまだ規制外なので,自家用車もここまで登ってくることができるが,もうじき規制が始まり,そうなると自家用車は登ってこられなくなる。



 第1駐車場から鳩待峠までは,僅かの距離だが歩くことになる。

 鳩待峠の休憩所。車がいなくなり,すっきりした。


 大きなダケカンバの根本から登山道に入る。 今日の服装はボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツにモンベルのクリマブロックロッシュジャケット。その上にラテラのDUALUXジャケットを着た。頭にはニット帽を被った。靴は冬用のZAMBELON PERMOcharlet12本爪アイゼンをザックに入れた。今日はピッケルは持たずダブルストックでスタートした。


 昨日降った雪で,一面銀世界。眩しい。


 傾斜が出てきたのでアイゼンを付けた。


 稜線に架かってた雲が昇っていき,山腹が姿を現した。山頂へは,あの稜線を登っていく。


 高度が上がるにつれて,尾瀬ヶ原が見えてきた。


 ウラジロモミの背丈も低くなってきた。


 真っ白な平地は,オヤマ沢田代。うっすらとガスがかかってきた。


 ガスが切れて,小至仏山の山頂が見えた。徐々に風が強くなってきた。


 先行者が雪の斜面を登っていく。私たちも後に続く。


 小至仏山まで来ると,やっと至仏山が見える。でも,山頂は手前のピークの陰になっていてここからではまだ見えない。風はますます強くなってきた。


 尾瀬ヶ原もよく見えるようになった。燧ヶ岳に懸かっていた雲もとれてきた。


 急斜面のトラバース。斜面の角度もあり,緊張させられる。


 雪の斜面を,トラバース気味に登っていく。


 至仏山の山頂は,更にこの奥。稜線の左側に付けられた夏道に沿って登っていく。先行者の姿が見える。


 燧ヶ岳尾瀬ヶ原が更に良く見えるようになった。実は,昨日まで尾瀬ヶ原には全く雪がなかったそうだ。昨夜の降雪でかろうじて白くなったのだという。


 至仏山の左には越後の山が見える。


 小至仏山頂


 ここからも,尾根伝いの夏道に沿って進んだ。大きな岩がむき出しになっていて歩きにくい。左側から強風が吹き付け,遠慮なく体温を奪っていく。寒い。


 日本海側から吹き付ける湿った風が創り出した,樹氷のオブジェ


 振り返って小至仏山を見る。右奥は武尊山


 至仏山を形作る特徴的な「蛇紋岩」。表面の紋様が蛇の紋様に似ているという。


 あとひと登りで頂上だ。左からの風が強く,フードを被っていても頬が痛くなる。
 ここを登ったところで,
シゲピーさんのグループに出会った。彼らは,前日に竜宮小屋に宿泊し,今朝,山の鼻から至仏山に登り,下山するところだった。彼らはトラバースルートを降りる予定だったので,私たちがもう少し遅かったならば,ここで出会うことはなかった。


 やっと見ることができた山頂には,たくさんの登山者がいる。


 山頂記念 BAKUさんに撮ってもらった。
 今年は雪解けが早い。植物保護の注意看板があった。



 時間も過ぎているので,昼食は少し降りたところで摂ることにし,写真を撮り,景色を堪能したら,さっそく下山にかかった。
 
下山路がずっと先まで見える。下山は,上ってきたルートとは別の,東斜面に付けられたトラバースルートを下ることにした。


 足を滑らせると簡単には止められない。絶対に足を滑らせたり転倒したりしてはいけない場所だ。危険はあまり感じない場所なのだが,実はかなり危険な場所なのだ。


 武尊山が見える。「上州武尊」とも言い,群馬県の名山だ。


 武尊山の右には笠ヶ岳が見える。ここまで下ってくるとさすがに風も弱くなった。この平らなところで,遅い昼食タイムとすることにした。


 時間も過ぎているので,昼食タイムも約30分で切り上げ,下山を再開した。
 木の枝にはエビノシッポが発達し,海底の
サンゴのようだ


 オヤマ沢田代まで下ってきた。斜めに傾いた大きな標柱には,上下2個所に案内板が打ち付けてある。積雪期用と,無雪期用だ。無雪期にちょうど良い高さの案内板は,積雪期には雪の下に隠れてしまう。鳩待峠まではまだ3.1kmある。


 樹木の間から燧ヶ岳が見えた。


 朝は銀世界だったところだが,雪が融けてドロドロにぬかるんでいる。



 鳩待峠に到着 鳩待峠出発からちょうど7時間で往復したことになる。登り4時間,昼食休憩30分,下山2時間30分。

 駐車場まで歩いてタクシーに乗る。


 乗り合いタクシーで戸倉まで戻り,ここでBAKUさんHIBARIさんと別れた。私は,再び金精峠を越えて宇都宮に戻った。金精峠も,路面の雪はすっかり融けていた。
 疲れたが,BAKUさんの絶妙な先導のおかげで,特に痛いところもなく,楽しく歩くことができた。BAKUさん,HIBARIさんお世話になりました。

ページトップへ