閉じる
西 ノ 湖

2016年(平成28年) 5月8日(日)


コース・タイム
 宇都宮(6:36) ⇒ 竜頭の滝駐車場(7:38)
  竜頭の滝(7:55) →(朝食)→ 赤岩(9:01) → 栃窪(9:19-35) → 熊窪(9:52) → 千手ヶ浜(9:52) → バス停(9:28-35) → 西の湖(11:17-昼食-12:08) → 西の湖入口(12:40-49) ⇒(バス)⇒ 弓張り峠(13:00) → 小田代原北分岐(13:39) → 石楠花橋(14:17) → 駐車場(14:38)
 竜頭の滝駐車場(14:50) ⇒ やしおの湯(15:20-16:10) ⇒ 宇都宮(17:05)

同行者
 妻

 中禅寺湖の北岸に「栃の木のある入江」 と言う標識が立ち,一般には「栃窪」 と呼ばれている入江がある。そこに,湖面の方に大きく枝を張り出した オオヤマザクラ の木がある。いつのころからか,そこを通るときにはその下で写真を撮るのが恒例になってしまった。 初めてその花に出会ったのは 2003年5月10日 だった。それ以来,その花の満開の時期に合わせて幾たびか栃窪を訪れたのだが, なかなか満開の花に出会うことができなかった。開花の時期は,気候の影響で10日ほど前後することがあったし, 何よりも,土日しか仕事を休めない身としては,満開の花に出会うのは難しかった。リタイアした後では, いつでも行けるはずなのだが,上手く当たらなかった。今年は,暖冬と言うことで, いろいろな花の咲く時期が早まっているというので,天気予報を見ながら,5月8日に会いに行くことにした。
 今日は日曜日だが,GW開けと言うこともあってか, 竜頭の滝駐車場 はガラガラだ。いつもの場所に車を停め,身支度をして出発した。


 国道沿いのヤマザクラ も咲き出した。

 国道から左に入り, 旧プリンスホテルに向かって歩いた奥に, 遊歩道の入口 がある。昨年来たときには,ここのサクラが咲いていたのだが,今年はまだ咲いていない。

 バイケイソウ が元気に葉を広げ始めている。山菜と間違われて食べられることがあると言うが,有毒なので 注意が必要だ。

 湖畔の遊歩道には陽光が入り,明るい。


 入口から20分ほど歩くと, 見晴らしの良い休憩場所 がある。いつもここで休憩することにしている。今日は,朝食を食べてなかったので,ここで朝食にした。 崖の先には トウゴクミツバツツジが咲いていた。


 タチツボスミレ は,この時期に最もたくさん見られる花だ。


 トウゴクミツバツツジ も,例年よりも咲くのが早いという。蕾がたくさんあったので,当分は花を楽しめるだろう。


 今日はほんとうに良い天気だ。太陽が湖面に反射 し,キラキラと輝いている。


 アカヤシオ は殆ど散ってしまったが,まだ残っているものもあった。


 赤岩の少し先から,左に大きく回り込みながら,栃窪に下っていく。 芽が出始まった樹林帯は爽やかで大好きだ。


 栃窪 オオヤマザクラが満開になっていた。


 青空と湖面とオオヤマザクラ


 大きく枝が張りだしている。


 オオヤマザクラは,ソメイヨシノより色が濃い。


 いつものように二人での記念写真  こんな風に写真を撮り始めてからもう 18年になる。


 熊窪に向かって少し進むと, シロヤシオの蕾が大きく膨らんでいた。


 正面の対岸に,千手ヶ浜 が見える。千手観音を祀った千手堂があったことから,千手ヶ浜と呼ばれるようになった。千手堂は今はないが, その跡地が残っている。


 満開のトウゴクミツバツツジ  平地にあるミツバツツジの高所変異種と言われる。


 熊窪にも オオヤマザクラ があって,満開に花を咲かせていた。


 サクラには青空が似合う。


 このように見ると,栃窪のサクラ と見分けが付かない。


 途中の案内看板にも,中禅寺湖北岸 にはシャクナゲ が少ない旨書いてあったが,私が知る限り,菖蒲が浜と千手ヶ浜の間で, シャクナゲ があるのはここだけだ。ちょうど花を咲かせていた。葉裏の褐色の毛は アズマシャクナゲの特徴だ。


 オオカメノキの白い花も早めの開花だ。

 ユモトマムシグサ  刈込湖の近くで採取された標本を基にして名前が付けられた。


 トウゴクミツバツツジは予想以上にきれいだった。


 千手ヶ浜から 男体山を望む。


 千手ヶ浜バス停で休憩してから, 千手の森歩道を西ノ湖に向かった。 ミズナラはまだ芽吹き前だ。


 カラマツ は芽を出し始めた。私は,このやさしい薄緑色が好きだ。


 バスから降りたと思しき先行者が, 吊り橋を渡っていった。


 西ノ湖 は渇水状態だ。ちなみに, 昨年来たときの様子


 西ヶ浜から望む 男体山  山すそを巻いて西ヶ浜へ行く道は,落石が激しいため通行止めになっている。しかし,渇水期の今ならば 干上がった湖底を歩いていける。西ヶ浜で昼食にした。


 12時49分のバスに乗るために,12時少し過ぎに西ノ湖を後にした。足元に コミヤマカタバミが咲いていた。


 花びらに,薄紫色のスジがある。


 西ノ湖歩道 カラマツ林も緑が増えてきた。


 「西ノ湖入口」バス停から,「弓張り峠」まで低公害バスに乗った。バスでは10分ほどだが, 歩くと40〜50分程度かかる。 弓張り峠から小田代原の周回歩道に出た。ここからは, 男体山と貴婦人の姿が美しい


 大真名子山 小真名子山の間に, 女峰山の頂上が見える。


 シラカンバの幹の白さが目立つ。


 ニワトコが蕾を付けていた。


 小田代原周回歩道 は,昨年に全周がユニバーサル歩道で繋がった。歩きやすいが,意外と足への負担は大きい。
 当初は,小田代原北分岐から,泉門池に出て, 自然研究路を通って赤沼入口から石楠花橋に向かう つもりだったのだが,疲れて足も痛くなってきたので,戦場ヶ原の方には行かず,林間の道を通って,直接に 石楠花橋に向かうことにした。


 ヒメイチゲ


 既に,花の中央には,金平糖のような実ができている。


 一周して駐車場 に戻ってきた。登り降りは少なかったが,距離が長く,疲れた。

 今日は,好天に恵まれ,静かな奥日光を十分に楽しむことができた。もう少しして,千手ヶ浜のクリンソウ園 が開花すると,全く別世界のような喧噪が始まる。クリンソウは,奥日光の貴重な観光資源だが,奥日光には,その他にも すばらしいものがたくさんあることも知って欲しい。
 久しぶりに,帰路,やしおの湯 に入った。入浴は,面倒と思うこともあるが,筋肉や関節の回復のためには良いことなので, これからも利用したいと思う。

 ページトップへ