奥 白 根 山

期日 2016年(平成28年) 5月13日(金)
 

コース・タイム

 宇都宮(4:50) ⇒ 菅沼駐車場(6:01)
   駐車場(6:40) → 弥陀ヶ池(9:05) → 見晴し(9:46-10:05) →
                        → 山頂(10:53-11:25) → 昼食(11:30-47) → 弥陀ヶ池(12:41) → 駐車場(14:31)
 菅沼駐車場(14:50) ⇒ やしおの湯(15:20-16:00) ⇒ 宇都宮(16:50)

メンバー
 単独


 昨年は,5月11日に,残雪の奥白根山に登った。雪解けは進んでいたが,何とか冬路を登り降りすることができた。今年も,何とか冬路を通って登りたいと考え,奥白根山の登山を考えた。今年の日光地方は雪が少なく,雪解けも早いようなので,冬路を通れるかどうか分からなかったが,それは行ってみて判断することにして,天気予報を見て,今日,5月13日に実行することにした。
 いろは坂の第2明智トンネルを出たところから
奥白根山の頂上が見えるのだが,なるほど雪が少ない。


 戦場ヶ原では,多くのカメラマンが,路肩に車を停めて写真撮影をしていた。通行量が少ないとは言え,これはルール違反でもあり,何よりも危険だ。


 金精道路を登っていくと,正面に金精山の笈吊岩が朝日を受けて輝いていた。今日は予報通りに良い天気だ。


 菅沼登山口の駐車場に到着した。先客は1台だけ,すでに車の中に人はいない。
 目の前の立木に,
熊注意の張り紙があった。菅沼登山口からは今までも何度か登っているが,こんな張り紙は初めて見た。数日前にも,小田代原近くで熊が目撃され,注意が呼びかけられたばかりだった。今日はラジオ熊鈴を持ってきたので,早速使うことにする。

 身支度をして歩き始めた。今日はプレマシーに乗ってきた。さすがに車道に凍結は無いから,ノーマルタイヤでも大丈夫だ。
 出発時の服装はこんなもの。ボトムはCWXにモンベルの
夏用トレッキングパンツ,トップは,アクリルのTシャツダクロンの長袖シャツ。その上にラテラのDUALUXジャケットを着て出発したのだが,暑くなり直ぐにジャケットは脱いでしまった。一応,アイゼンとピッケル,ダブルストックを用意した。



 少し進むと,冬路が見えるところがある。画面中央のV字形の谷が積雪期に登山路となる座禅沢だ。


 良く見ると,雪解けが進み,雪渓が不連続になっている。これでは通れない。諦めて,今日は夏道を行くことにした。


 この谷を左の方向に進むのが積雪期のルートだ。通行止めの意味でテープが張られている。





 ここにもロープが張られてあった。左の沢スジが冬期ルートだ。夏道は右へ登っていく。


 菅沼登山道は,登山口で標高が1750mある。標高が高いせいか,ここではまだ芽吹き直後の状態だ。


 暑いのでジャケットを脱いだ。ストックを1本だけ出した。


 少し登るとガレ場の上に出る。この谷底が積雪期のルートだ。雪が融けると,両側の斜面から,落石が絶え間なく落ちてきて極めて危険な状態になる。そう言う意味でも,雪が融けると,このコースは通れない。


 日陰になっている部分も,雪渓は途切れ途切れだ。また,来年ここを歩きに来よう。



 暑くなり,更にシャツを脱いでTシャツになった。今日は,この後,駐車場に戻るまでこのスタイルでOKだった。山頂でも寒くはなかった。


 登山道に残雪が見えるようになってきた。トレースを外すと,踏み抜く。


 せっかくアイゼンを持ってきたので,着けることにした。今回ネット通販で購入したもので,「14本爪」ではあるが,軽アイゼンの仲間だ。中国のメーカーから直接に送られたもので,説明書は中国語のみ。軽いのが魅力だが,ハードな使用には耐えられないようだ。


 弥陀ヶ池に着いた。池の雪は完全に融け,透き通った水を満々と湛えていた。ここでアイゼンを外した。このあとは,下山も含めてアイゼンの出番はなかった。


 昨年は,正面の雪渓を直登できたのだが,今年は残念ながらそれは無理のようだ。


 夏路どおり,弥陀ヶ池からドームの右に回り込み,この鞍部から山頂を目指した。


 バイケイソウが芽を出していた。


 ここは 
シャクナゲのトンネルになるところ。花のつぼみもかなり確認できたが,今年の花は当たり?外れ?


 近くの枝でウグイスがさえずっていた。やっとの事で写真に撮ることができた。







 少し登ると,北方の視界が開ける。山頂に着くのを待ちきれず,いつもここで写真を撮ってしまう。(写真をクリックすると大きな写真が見られます。
 ちなみに,昨年の写真を見てください。今年,雪が如何に少ないかが分かります。 ⇒昨年の写真


 いよいよ山頂に向かって急斜面を登る。


 振り返ると,足元に弥陀ヶ池,その向こうに菅沼が見える。


 雪を残した会津駒ヶ岳の手前の見える草地は,鬼怒沼だ。


 この急斜面を登る。残雪が多ければ,雪渓を登ることもできるのだが,今日は,雪渓脇のガレを登る。浮き石が多いので,石を落とさないように注意して足を運ぶ。


 振り返ると,五色山が目の高さより低くなった。


 菅沼の後方に燧ヶ岳。その右の雪を被った山は会津駒ヶ岳


 ガレ場を登り切って振り返ると,その高度感にワクワクさせられる。


 正面奥のピークが奥白根山の山頂だ,先行者の姿が見える。


 山頂で記念写真を撮ってもらった。


 富士山の姿も見られた。このくらいの残雪模様の時が最も美しい時期だと思う。


 八ヶ岳の姿も確認できた。残念ながら,北アルプスの姿は霞んでしまい,写真には写らなかった。


 旧噴火口には,雪解けの一時期だけ水が溜まり「釜沼」となるのだが,今年は見ることができなかった。


 中禅寺湖の向こうには雲海が広がっている。山頂から携帯電話で宇都宮に電話したら,宇都宮は曇り空だという。


 日光表連山。右から,男体山,大真名子山,女峰山,太郎山


 山頂で30分ほどのんびりして,下山することにした。少し下ったところで昼食にした。


 弥陀ヶ池まで降りてきた。朝にはなかった雪解け水の流れが沼に流れ込んでいた。


 振り返って奥白根山を眺めた。ほんとうに良い姿だ。


 弥陀ヶ池から1時間50分で駐車場まで下ってきた。

 今日は終日良い天気で,楽しい登山ができた。今日初めて履いた山靴も,足に優しく,特に当たるところなどもなかった。
 担いでいったピッケルには出番はなかったが,良くあることで,トレーニング用の重りと思えば腹も立たない。
 菅沼は携帯電話が繋がらないので,金精トンネルを出たところで車を停め,自宅に,無事下山を報告した。帰路,やしおの湯で汗を流して帰宅した。




ページトップへ