朝 日 岳

期日 2016年(平成28年)6月3日(金)
 


コース・タイム  (超スローペースで登ったタイムです。)

 自宅(5:55) ⇒ 峠の茶屋駐車場(7:12)
    駐車場(7:47) → 中野茶屋跡(8:27-37) → 峰の茶屋(9:17-25) → 朝日の肩(10:25) →
               → 朝日岳頂上(10:39-11:00) → 朝日の肩(11:09-40) → 峰の茶屋(12:17-22) → 駐車場(13:09)
 峠の茶屋駐車場(13:27) ⇒ 道の駅矢板(14:39-49) ⇒ 城の湯(14:56-15:56) ⇒ 自宅(17:03)

メンバー
  チコ,私


 天気が良さそうなので,戦場ヶ原でも歩こうかと話していたのだが,チコが,「茶臼岳なら登れるかな」と言いだしたので,那須に行くことにした。せっかく那須に行くのならば,茶臼岳よりも花が多く,変化があって面白い朝日岳に登ることにした。頂上まで行けるかどうかは,チコの体調次第だが,もしダメならばそこから引き返すことにする。
 今日は,6時少し前に自宅を出て,高速道を通って那須に向かった。途中,
那須高原展望台に車を止めて,茶臼岳,朝日岳の写真を撮った。真っ青な空に雲一つ無い最高の天気だ。


 峠の茶屋駐車場に着いた。この季節は登山者は少なく,駐車場に停まっている車は多くはなかった。


 車の中で軽く朝食を済ませ,身支度をして歩き出した。名物の風も今日は穏やかだ。遊歩道に入ると直ぐにサラサドウダンが咲いていた。


 イワカガミがピンクの花を咲かせていた。イワカガミより小型のコイワカガミがあるが,両者の明確な違いはなく,敢えて区別しなくても良いようである。一方,同じく小型のヒメイワカガミは,葉に鋸歯がないことで区別できる。


 マイヅルソウの群落があり,可愛い花を着けていた。


 これは,白花のイワカガミ。全体に小型で葉に細かな鋸歯が見られないので,ヒメイワカガミのようである。


 右手に朝日岳の頂上が見えてきた。登山者の姿も見える。


 中ノ茶屋跡 ここにはかつて中ノ茶屋があったと言うが,私が高校生時代に登ったときには,もう既に茶屋はなかった。茶臼岳の山頂近くにある二つの岩峰がミミズクの耳を想起させる。


 中ノ茶屋から少し登ると,峰の茶屋が見えてくる。正しくは「峰の茶屋跡避難小屋」という。風の強い那須でも,特に風の強い場所で,私も,強風のためにあそこまで行けず,引き返したことがある。


 イワカガミ  白花の群生だ。 これもヒメイワカガミのようだ。ヒメイワカガミには白花が多い。


 花は小さいが,フリルのような花弁の先が可愛い。


 峰の茶屋が近づいてきた。小屋の前にはたくさんの人が見える。


 朝日岳 右側のピークが頂上だ。


 峰の茶屋に着いた。通常は50分ほどで着くのだが,今日はたっぷりと時間をかけて登った。 ここにはかつて売店があり,担ぎ上げたサイダーなどを売っていた。私が高校生の頃にはまだ売店があったことを記憶している。


 朝日岳に行くには,正面の剣が峰を巻いてその先の鞍部に出る。積雪期には,トラバースが危険なので,剣が峰を直登してピークを通過する。雪が融けて,斜面の凍結が融けると,斜面の砂礫が崩れて危険になり,登ることはできない。


  40人ほどの団体が上ってきた。言葉から,東北から来たらしいことが分かった。私たちは朝日岳に向かうために入れ替わって小屋を発った。


 振り返ると茶臼岳が見える。


 この沢は明礬沢(ミョウバンサワ)という。今は未整備状態になっているが,作業道がこの下まで通じていた。かつての,峰の茶屋の売店で販売していたサイダーなどは,この真下まで車で運び,小屋まで担ぎ上げていた。


 ピンクのイワカガミ


 剣が峰の頂上の北東寄りに2つの岩がある。「恵比寿大黒」と名付けられているが,その岩の一個所に穴が開いていて穴を通して空が見える。ところが,その穴が見える場所は限られていて,注意して見ないと気づかずに通り過ぎてしまう。


 振り返って見た恵比寿大黒


 いよいよ朝日岳への登りが始まる。


 クサリに沿って登っていく。背後に茶臼岳


 茶臼岳の頂上と同じくらいの高さになった。でも実際は,茶臼岳の頂上は朝日岳の頂上より19m高い


 クサリ場 外に傾斜した一枚岩の上は,滑りそうで怖い所だった。その後,岩の上に,滑り防止のための木片が取り付けられ,安全になった。


 朝日岳の頂上での記念写真 


 頂上でゆっくりと景色を楽しんだ。茶臼岳の火口が見える。


 朝日の肩まで戻って昼食タイムにした。バーナーで湯を沸かし,カップ麺を食べながら,コンビニで買ってきたおむすびを食べた。30分ほどいて下山にかかった。
 
ロープウエイのゴンドラが上ってきた。


 ウラジロヨウラクはまだ蕾。


 峰の茶屋まで戻ってきた。向こうに茶臼岳


 明礬沢の方に流れた溶岩が,沢で削られ,崖を作っている,崖に現れた柱状節理


 駐車場に戻ってきた。下りは早い。峰の茶屋から約40分だった。大型バスが1台停まっていた。勿来のハイキングクラブという表示があった。あの団体が乗ってきたバスだ。


 今日は,一日中良い天気だった。今日のように風の弱い日は,那須では珍しい。
 チコの体調は万全ではなかったが,スローペースで何とか頂上まで行くことができた。
 今日も,満開のイワカガミに会えたが,以前に比べて,数が減った。仕方のないことなのかも知れないが,寂しい。
 朝日岳は今まで何回も登っているが,今日ほど頂上でゆっくりしたことはなかった。もっとも,殆どの場合,朝日岳を登っだだけで帰ることはなく,三本槍岳まで足を伸ばしたり,峰の茶屋まで戻ってから茶臼岳に行くことが多かったから,あまりゆっくりはできなかったのだ。
 帰路,道の駅矢板によって野菜を買い,城の湯で汗を流して家路についた。

ページトップへ