硫 黄 岳

期日 2016年(平成28年) 6月18日(土)
 


コース・タイム
6/17
 自宅(10:40) ⇒ 佐久IC(13:07) ⇒ 赤岳山荘(14:42)
6/18
  山荘(4:28) → 堰堤広場(5:13) → 赤岳鉱泉(6:17-46) → 赤岩ノ頭(8:20) → 硫黄岳(8:46-53) → 硫黄岳山荘(9:09-15) →
                 → 奥の院(10:05) → 三叉峰(10:25-52) → 地蔵ノ頭(11:40-47) → 行者小屋(12:39-46) → 赤岳山荘(14:58)
 赤岳山荘(15:19) ⇒ 佐久IC(16:51) ⇒ 自宅(18:40)

メンバー
  単独


 梅雨の合間の良い天気,何処かに行きたいと,候補を探した。最初は,会津駒ヶ岳に登ろうかとも思ったのだが,ハクサンコザクラも,コバイケイソウももう少し経たないと咲かない。そこで,しばらく行っていない南八ヶ岳に行くことにした。北八ツの天狗岳には,この1月にforestさんと登った。
 深夜に
美濃戸まで入って,明るくなったと同時に歩き出せば,硫黄岳から赤岳まで縦走も可能だ。でも,若い頃の真似はできないので,美濃戸の赤岳山荘に前泊することにした。当日の朝電話すると,宿泊は可能だという。
 午後4時には山荘に入りたいので,11時前に宇都宮の自宅を発った。途中,上信越道の横川SAで昼食を食べ,佐久で高速を降り,白樺湖を通って美濃戸に向かった。美濃戸口から山道をゆっくり走っていくと,車と同じ方向に歩いている女性がいる。車を停めて「乗っていきませんか」と声をかけた。今晩,赤岳山荘に泊まるのだというこの女性を乗せて,赤岳山荘に向かった。
 部屋の窓にしたには,赤岳山荘の
登山者用駐車場が見える。まだこの時間では,停まっている車は少なかった。奥に見える山の頂には雲がかかっていた。明日の天気予報は良いのだけど。あまり期待できないと思った。
 宿の夕食はごちそうだった。ビールを1本飲んで満足した。


 翌日は早く出発したいと思い,朝食はおむすびにして貰い,会計も前日に済ませた。午前3時を過ぎると,駐車場が賑やかになってきた。どんどんと車が到着して来る。午前4時を過ぎると,空が白み始めた。起きだして,身支度をして山荘を出た。駐車場の前には,車が繋がっていた。駐車場の中に入れなくても,路上にも駐車スペースがあるので,あと何台かは停められる。
 少し歩くと,美濃戸山荘だ。ここにも山荘用の駐車場はあるのだが,登山者用には開放していない。



 ここで,行者小屋に向かう南沢コースと,赤岳鉱泉に向かう北沢コースに別れる。私は北沢コースを進んだ。北沢コースは途中まで林道で,歩きやすい。


 林道の終点に堰堤広場という空き地があり,車が何台か停まっていた。山小屋などの業務用なのだろう。


 堰堤広場から橋を渡っていよいよ山道になる。沢に沿って登っていく。沢沿いの道が,沢水の増水のために通れないときのための,迂回路もある。


 登山道も良く整備されている。これならば,多少の増水では通れなくなることはないだろう。


 山道は,浮き石も少なく歩きやすい


 足元にキスミレが咲いていた。
 数頭のシカが登山道を横断していった。八ヶ岳でもシカは増えているのだろうか。


 2時間かからずに赤岳鉱泉に着いた。おむすびを1個食べた。今回は,少しずつ食事をすることにして,まとまった食事タイムは取らないことにした。
 
赤岳の頂上に陽が当たって明るく光っている。並んだ煙突は,鉱泉を沸かすための風呂釜の煙突だ。


 風呂釜の手前に,木製デッキの休憩所ができていた。前回(11年前)来た時にはここにはなにもなかった。少し休んでから,硫黄岳に向けて出発した。


 高度が上がるにつれて阿弥陀岳の姿が見えてきた。赤岳の姿も,樹木の先すれすれに見え始めた。


 イワカガミ


 赤岩ノ頭に近づくと,赤岳・阿弥陀岳の全体が見えてくる。


 赤岳の左には横岳のピークも見える。


 赤岩ノ頭に登り着いた。ここを上りつめた先が硫黄岳の頂上だ。


 1月に登った天狗岳が見えてきた。きつかったが楽しかった山行を思い出した。左奥には蓼科山


 右下のザレたたところが赤岩ノ頭。あそこから登ってきた。


 硫黄岳の山頂は広い。一応,標識があるところが山頂と見なして,そこを目指した。


 登山者に写真を撮って貰った。陽射しが強烈で,顔が真っ黒。


 硫黄岳の爆裂火口 何度見てもその迫力に圧倒される。


 赤岳と阿弥陀岳


 鞍部にある硫黄岳山荘に向かう。大きなケルンが道案内をしてくれる。


 硫黄岳山荘 ここでスポーツ飲料を1本買った。今日はスポーツ飲料を2本と空のペットボトルを1本持って赤岳山荘を出発した。赤岳鉱泉で空のペットボトルに水を満たして担いできた。ここまでで,スポーツ飲料が1本空になった。


 台座の頭に向かって斜面を登っていく。登山道の両側にはロープが張られている。コマクサが咲くのは7月中旬以降なのだが,1株だけ咲いているのを見つけた。


 ここは,国土地理院の地形図にも「八ヶ岳キバナシャクナゲ自生地」と書かれているとおり,キバナシャクナゲが多く見られる。


 植生保護のためとして,登山道の両側にネットが張られている。少し興ざめだが仕方ないのか。


 横岳の頂上奥の院」が見える。多くの登山者がいる。


 足元からせり出した出っ張りは「大同心」 下から見上げたときの雰囲気とは違う。


 奥の院の手前にはクサリ場がある。初心者と思しき人が手こずっていた。


 チョウノスケソウ


 ハクサンイチゲ


 横岳山頂記念


 ウルップソウも咲き出した。ちょうど見頃


 オヤマノエンドウは紫色がきれいだ。


  イワウメ


 ミネズオウ


 赤岳の上空に雲が集まり始め,陽が陰ってきた。


 ミヤマシオガマは葉の切れ込みが細かい。


 ハクサンイチゲ


 地蔵仏に着いた。残念だが,赤岳は諦めて地蔵尾根を下ることにした。
今日は,かなり体力を消耗している。登山は,安全に下山してなんぼだから,無理はしない。



 地蔵尾根は登山道の整備と崩壊の防止を並行して進めている。かなり大がかりの工事だ。


 行者小屋に着いた。





 行者小屋にはたくさんの登山者が休んでいた。これから登る人のほうが多かった。今日は好天の土曜日,展望山荘は大混雑なのだろう。混雑さえなければ私ももう1泊したいのだが。何より混雑が嫌いな私としては,下山するしかない。


 コミヤマカタバミ
 行者小屋から2時間以上かかって,やっと美濃戸山荘まで降りてきた。南沢に沿ったこの道は,以前からあまり好きではなかったのだが,今回歩いて,また一段と嫌いになった。もし次回,行者小屋から下るときには,赤岳鉱泉経由で,北沢を下ることになるだろう。


 グンナイフウロ

 赤岳山荘の駐車場は満杯で,路上にまで車がはみ出していた。


 今回は,好天に恵まれて,楽しい山歩きができた。今日一日の行動時間は,休憩も含めてだが,10時間30分だった。私としてはこれが限界だった。行者小屋からの下りで,膝に痛みが出始まった。ひどくならないうちに帰着できて良かった。地蔵仏での判断は適切だった。
 駐車場で身体を拭いて着替え,そのまま帰途に就いた。眠くなることもなく,無事に帰宅できた。

ページトップへ