小田代原・戦場ヶ原

期日 2016年(平成28年) 9月1日(木)
 


コース・タイム
 宇都宮(8:10) ⇒ 赤沼P(9:35)
      赤沼(9:45) → 南戦場展望台(10:22-35) → 小田代展望台(10:56-11:35) → ハリギリ広場(12:15-48) → 赤沼(13:45)
 赤沼P(13:55) ⇒ 宇都宮(15:25)


メンバー
 チコ,私


 8月30日に台風が通り過ぎ,31日,9月1日と良い天気の予報が出た。単独で白馬にでも登ろうかと思っていたのだが,今年の大雪渓は雪が少なく,大きな割れ目ができて通行が危険となったため,安全なルートが確保されるまで通行止めになってしまった。燕岳も考えたのだが,中房温泉までの道路が一部で通行止めになっているらしい。
 ということで,チコと
奥日光に行くことにした。この時期の奥日光には,今まであまり行ってなかったので,楽しみだ。
 良い天気だが,平日でもあり,
赤沼駐車場は混雑してはいなかった。背後には男体山が聳えている。

 知らない人も少なくないのだが,赤沼駐車場から
奥白根山の山頂が見える。戦場ヶ原から奥白根山の山頂が見える場所は多くはない。


 赤沼茶屋

 湯川赤沼橋




 ミズナラの林の中を小田代原に向かう。陽射しをちょうど良いくらいに遮ってくれるので,暑くはなく爽やかだ。


途中で しゃくなげ橋から小田代原に向かう道に合流する。駐車場と小田代原のほぼ中間点。


 この時期に目立つ花は,アキノキリンソウだ。


 黄色い小さな花が集まって付いている。


 白根隠山が見えた。この稜線を右に辿ったところが前白根山だ。


 小田代原の後ろには,外山とそこから南に延びる尾根が広がっている。この尾根の先端が弓張り峠だ。


 小田代原のバス停に新しいトイレが完成していた。


 男性用

 女性用


 身障者用

 小田代展望台のベンチでコーヒータイム。



 展望台から,時計回りに小田代原を半周 貴婦人の背後は太郎山 もうじき,草紅葉のグラデーションで彩られる。


 コオニユリ
 トモエソウ



 ホザキシモツケは最盛期を過ぎていたが,まだ咲き残っている花も見られた。


 アキノウナギツカミ 面白い名前だが,茎を触ってみるとその意味が分かる。


 マユミの実が色づき始めた。
 試験管ブラシのようなサラシナショウマの花



 ハリギリ広場のベンチで昼食にした。通っていく人も殆どなく,戦場ヶ原にしては珍しく静かな時を過ごすことができた。
 30分ほど居て,腰を上げた。木道脇の湿原にはウメバチソウが咲いていた。


 エゾリンドウは鮮やかな青紫色だが,花は大きく開かない。


 これはリンドウ 色は薄く,茎は直立しないことが多い。


 静かだったのはそれまでで,小学生の団体がやってきて静寂は一気に破られた。すれ違う児童たちは,木道いっぱいに広がって歩いているが,引率者は「片側によりなさいよー」と形ばかりの指示をするだけで,そのまま通り過ぎる。確かに,ユニバーサル歩道になってから,小学生団体の歩くマナーは悪くなった。
 また,すれ違う時に「
こんにちは!」とあいさつされるのだが,これも迷惑の一つだ。せめて普通の声の大きさであいさつするのならば良いのだが,引率者が「大きな声であいさつしなさい」などと要らない指示をするものだから,児童たちは精一杯の声を張り上げて「こんにちは!」と絶叫する。賑わいが好きな人もいるのだろうが,この時期の戦場ヶ原には静寂がふさわしい。

 混雑から逃げるように足早で駐車場に戻ってきた。駐車場には,小学生たちを載せてきたと思われる大型バスが数台止まっていた。小学生たちは,修学旅行として奥日光を訪れているのだという。

 駐車場で身支度を解き,帰途に就いた。温泉に入りたかったのだが,「やしおの湯」は今日は定休日だ。

 今日は好天に恵まれ,(一部を除いて)静かな奥日光を味わうことができ満足だった。



ページトップへ